Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホ…

Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

マガジン

  • ハヤカワ・ミステリ

    「ハヤカワ・ミステリ」及び「ハヤカワ・ミステリ文庫」の話題作品の解説、試し読みを公開中。

  • HAYAKAWA FACTORY

    HAYAKAWA FACTORYは、 “永遠の名作の商品化”をブランド・コンセプトとした 早川書房・公式グッズ・レーベルです。 多くのファンに愛されている作品の世界観を大切にしながら、原題や印象的なフレーズ等をモチーフにデザイン展開しています。

  • ハヤカワSF

    ハヤカワ文庫SFや、新ハヤカワ・SF・シリーズなどの話題作品の解説、試し読みを公開中。

  • ハヤカワ新書

    【2023年6月創刊】新刊の試し読みや創作の舞台裏など、新レーベルの最新情報をいち早くお届けします

  • ハヤカワ・ノンフィクション

    ハヤカワ・ノンフィクション文庫や、ハヤカワ・ノンフィクションなど。話題のノンフィクション作品の解説、試し読みを公開中。

ハヤカワ・ミステリ

「ハヤカワ・ミステリ」及び「ハヤカワ・ミステリ文庫」の話題作品の解説、試し読みを公開中。

すべて見る

【3月6日発売】本好きに贈るメタミステリ『ボストン図書館の推理作家』サラーリ・ジェンティル 著、不二淑子 訳

早川書房はハヤカワ・ミステリ文庫より、2024年3月6日に、サラーリ・ジェンティル『ボストン図書館の推理作家』(原題:THE WOMAN IN THE LIBRARY)を刊行いたします。 サラーリ・ジェンティル『ボストン図書館の推理作家』 翻訳:不二淑子 定価:1,640円(+税) 刊行日:2024年3月6日(電子版同時発売) カバーイラスト:旭ハジメ カバーデザイン:早川書房デザイン室 ISBN:978-4-15-186001-0 ◆あらすじオーストラリア在住の人気推理

スキ
6

【大好評発売中!】中国歴史サスペンス超大作 馬伯庸『両京十五日』特別試し読み!

発売後すぐに話題となったハヤカワ・ミステリ(ポケミス)2000番記念作品『両京十五日Ⅰ 凶兆』(馬伯庸/齊藤正高、泊功訳)。 15世紀の中国・明を舞台に、南京から北京までの皇太子一行の冒険を描くいまだかつてない壮大な歴史サスペンス大作の序章~第一章を特別公開! 翻訳ミステリ史に刻まれた新たな傑作をぜひ体験してみてください! 序 今夜の金陵の城はどこかちがう。  秦淮河の柳がザワザワと細い枝をふるわせていると、雨花台の色とりどりの石がぶつかりあい、こすれて、小刻みな悲鳴をあ

スキ
37

探偵公妃と堅物大尉のクリスティー賞受賞シリーズ2カ月連続刊行!

第10回アガサ・クリスティー賞優秀賞に輝いた、宮園ありあさんの『ヴェルサイユ宮の聖殺人』が先月、待望の文庫化をしました! フランス革命が数年後に迫る、黄昏時のブルボン王朝。崩壊の兆しはそこかしこにあるものの、国王ルイ16世と王妃マリー=アントワネットを頂点とする、絢爛豪華を極めたヴェルサイユ宮廷。その宮殿の中の一室で、殺人事件が起きたことから、舞台の幕が開きます。 *あらすじ* 1782年5月、フランス国王ルイ16世の従妹にしてパンティエーヴル公妃マリー=アメリーは、ヴ

スキ
24

【記念すべきポケミス2000番作品はこれ!】中国歴史サスペンス超大作 馬伯庸『両京十五日』田中芳樹さんからの推薦が到着!【2月16日発売】

 2023年9月に創刊70周年を迎えたハヤカワ・ミステリ(ポケミス)。通巻2000番となる特別作品『両京十五日』馬伯庸/齊藤正高・泊功 訳)をいよいよ2月16日に発売します! 15世紀の中国・明を舞台に、南京から北京までの皇太子一行の冒険を描く歴史サスペンス大作を『Ⅰ 凶兆』『Ⅱ 天命』と2分冊の形で、2月・3月と連続刊行予定です。  この度、作家の田中芳樹さんに『両京十五日』の推薦コメントをいただきました! 『銀河英雄伝説』や『アルスラーン戦記』などの代表作のほか、『海嘯

スキ
31

HAYAKAWA FACTORY

HAYAKAWA FACTORYは、 “永遠の名作の商品化”をブランド・コンセプトとした 早川書房・公式グッズ・レーベルです。 多くのファンに愛されている作品の世界観を大切にしながら、原題や印象的なフレーズ等をモチーフにデザイン展開しています。

すべて見る

【ミステリアスな味わい☆】大人気シリーズ「アガサ・クリスティー」から、ミステリ気分が高まるタンブラーグラスが登場!!

「“永遠の名作” の商品化」がコンセプトの早川書房・公式グッズ・レーベル HAYAKAWA FACTORY(ハヤカワファクトリー)から、新アイテム“タンブラーグラス”が登場です! 種類は『グラス そして誰もいなくなった マットゴールド 410ml』『グラス オリエント急行の殺人 マットシルバー 410ml』の2種類。 レトロな雰囲気がかわいいアガサ・クリスティー社の公式イラストと原題が片面に、反対面には『そして誰もいなくなった』にはアガサ・クリスティーのサイン、『オリエント

スキ
17

【読書タイムのお供にぴったり♪】〈シャーロック・ホームズ〉シリーズをモチーフにしたマグカップ登場!!

「“永遠の名作” の商品化」がコンセプトの早川書房・公式グッズ・レーベル HAYAKAWA FACTORY(ハヤカワファクトリー)から、アーサー・コナン・ドイル〈シャーロック・ホームズ〉シリーズをモチーフにしたマグカップが登場です! マグカップの色はネイビーとグレーで、片面にはシャーロック・ホームズのロゴとシルエットを、反対側にはパイプをマットゴールドでプリントしました。デザイナーは〈ハヤカワ・ポケット・ミステリ〉シリーズの装丁を手掛ける水戸部功さんです。 HAYAKAW

スキ
21

【読書ノートやカフェノートに♪】アガサ・クリスティーグッズに「フリーダイアリー」が新登場!

「“永遠の名作” の商品化」がコンセプトの早川書房・公式グッズ・レーベル HAYAKAWA FACTORY(ハヤカワファクトリー)からアガサ・クリスティーのフリーダイアリーが新登場です! 種類は『そして誰もいなくなった  オレンジ/銀箔』『オリエント急行の殺人  グリーン/金箔』の2種類。ジャケットにはアガサ・クリスティー社公式イラストと原題、アガサ・クリスティーのサインをプリント。ビニールカバー付きなので汚れに強く、持ち歩くにも便利です♪ 製本強度が強く、大きく開いてもペ

スキ
39

【デイリー使いにぴったり♪】シャーロック・ホームズのトートバック2色が登場!

HAYAKAWA FACTORY〈シャーロック・ホームズ〉シリーズに、特徴的なシルエットがかっこいいシャーロック・ホームズのトートバックの登場です! 冬の夜空を思わせるミッドナイトブルーとオーガニック・コットンの素材を生かしたナチュラルの2色をご用意。表面にはシャーロック・ホームズのシルエット、裏面には「マザリンの宝石」での台詞  ❝ I AM A BREIN, WATSON. THE REST OF ME IS A MERE APPENDIX. ❞  をプリントしました。

スキ
22

ハヤカワSF

ハヤカワ文庫SFや、新ハヤカワ・SF・シリーズなどの話題作品の解説、試し読みを公開中。

すべて見る

3/6発売『デューン 砂丘の子供たち〔新訳版〕』 映画『デューン 砂の惑星 PART2』公開迫る!

映画『デューン 砂の惑星 PART2』の日本公開は3月15日。 話題の〈デューン〉シリーズの第3部『デューン 砂丘の子供たち〔新訳版〕』が、『デューン 砂の惑星〔新訳版〕』『デューン 砂漠の救世主〔新訳版〕』に続き、酒井昭伸さんの新訳で3月6日(水)に発売されます! そしてこちらが、加藤直之さんの装画による『デューン 砂丘の子供たち〔新訳版〕』の書影です。 上下巻を並べると、中央部分に羽ばたき飛行機が! そして、このよく似た二人の子供たちは……!? 映画『DUNE/デュ

スキ
46

いよいよ本日発売!劉慈欣『三体』文庫版&ネトフリ配信に備えよ!

いよいよ本日、劉慈欣『三体』文庫版が発売となりました! 単行本を見送っていた方、文庫本でも手に入れたい方、今世紀最大の衝撃作『三体』をここから始める大チャンス! ぜひともお手に取ってみてください。 文庫化にあたり訳文は大幅にパワーアップ、人名ルビなども見やすく配置しています。単行本で既読の方も、ぜひとも文庫で今一度「三体体験」をしてみてください! 『三体』Netflix版は3月21日(木)全世界配信。こちらに備えてぜひとも原作を! そしてそして…… なんだかおもしろいこと

スキ
48

SFマガジン4月号「BLとSF2」 特集解説(水上文)

 2月24日発売のSFマガジン4月号、特集は「BLとSF2」。刊行に先がけ、特集監修の水上文さんによる解説を先行公開します。 ★特集記事の全体像はこちら👇 ■はじめに   本特集「BLとSF2」の監修は、瀬戸夏子、水上文の両名が担当している。  私たちは、ともにかねてよりBLジャンルに親しんできたファンであると同時に、ジェンダーをめぐる問題に関心を寄せてきたフェミニストでもある。  そこで今回の特集では、BLにおけるジェンダーをめぐるSF的思考実験を掘り下げることを試み

スキ
41

ジャンルの歴史と現在地、交点から未来へ。SFマガジン「BLとSF2」特集紹介

2/24発売のSFマガジン2024年4月号「特集:BLとSF2」の内容を公開します。本誌2022年4月号の特集「BLとSF」から2年、好評を受けて第2弾をお届けします。瀬戸夏子氏・水上文氏による監修のもと、第一線の作家陣による書下ろし短篇や、ジャンル史を掘り下げる作家インタビュー、論考やエッセイによって、BLとSFの両ジャンルを架橋しながらその未来を想像し、世界と人間のかかわりについて新たな可能性を探っていきます。(編集部) ★監修・水上文氏による解説はこちら👇 ■特集小

スキ
83

ハヤカワ新書

【2023年6月創刊】新刊の試し読みや創作の舞台裏など、新レーベルの最新情報をいち早くお届けします

すべて見る

国立科学博物館長が科学コミュニケーションからクラファンの舞台裏まで語りつくす! 篠田謙一『科博と科学 地球の宝を守る』「はじめに」全文公開

明治10年に創立した上野・国立科学博物館。どんな組織で、研究員は日夜何をしているのか? 日本中が注目したクラウドファンディングの舞台裏とは? 2月21日発売の『科博と科学 地球の宝を守る』(篠田謙一、ハヤカワ新書)から、「はじめに」を全文公開します。 『科博と科学』はじめに国立科学博物館(科博)は、2027年に創立150周年を迎える日本で唯一の「国立」の自然史と科学技術史の博物館です。初代の館長は、東京大学理学部の教授時代に、高知から上京してきた牧野富太郎を教室に迎え入れた

スキ
45

ADHDや社交不安症はなぜ増え続けるのか。熊代亨『人間はどこまで家畜か 現代人の精神構造』より「はじめに」全文公開

あなたは文明社会の進展にあわせて模範的に、家畜的になりたいと願いますか? 注目の精神科医が、進化生物学の注目仮説「自己家畜化」をキーワードに現代の人間疎外を論じる新刊が『人間はどこまで家畜か 現代人の精神構造』(熊代亨、ハヤカワ新書)。2/21発売の本書より、「はじめに」を公開します。 『人間はどこまで家畜か』はじめに「人間が家畜化していく、家畜のように飼い馴らされていく」と聞いて、皆さんはどんなイメージを持ちますか? 宇宙人が地球を侵略し、ブロイラーのように人間をおいし

スキ
91

2/3(土) 知ってるフリとおさらば!トークでまなぶ『源氏物語』と「紫式部」 ~『みんなで読む源氏物語』刊行記念~ 渡辺祐真(スケザネ)さん×宮田愛萌さんトークイベント

12月20日に『みんなで読む源氏物語』が刊行されたことを記念し、渡辺祐真(スケザネ)さんと、同書にコラムを寄せている宮田愛萌さんのトークイベントを開催いたします。 2024年大河ドラマ「光る君へ」で話題の紫式部、そして『源氏物語』。12月に刊行された、渡辺祐真編『みんなで読む源氏物語』は、様々な角度から紫式部や『源氏物語』の魅力に迫っています。その中でも宮田愛萌さんによる「夕顔物語」は、『源氏物語』の登場人物の夕顔を熱く語った一篇です。 今回のイベントでは、そんなスケザネ

スキ
8

「バターチキンとナン」を日本で初めて食べるインド人【笠井亮平『インドの食卓: そこに「カレー」はない』より】

インドに「カレー」という料理は存在しない――? 「バターチキンとナン」を日本で初めて食べるインド人 この十数年で、日本では都市部を中心にインド料理店が急増した。ターミナル駅なら一つや二つではないし、郊外の駅前にも一店舗はあるのが当たり前の光景になった。インドの国旗を掲げた店の前に出された看板には、メニューが写真入りで紹介されている。 こうした店のランチでよくあるのは、「Aセット バターチキン、ナンかライス、サラダ」「Bセット キーマカレー、ナンかライス、サラダ」といった

スキ
61

ハヤカワ・ノンフィクション

ハヤカワ・ノンフィクション文庫や、ハヤカワ・ノンフィクションなど。話題のノンフィクション作品の解説、試し読みを公開中。

すべて見る

国立科学博物館長が科学コミュニケーションからクラファンの舞台裏まで語りつくす! 篠田謙一『科博と科学 地球の宝を守る』「はじめに」全文公開

明治10年に創立した上野・国立科学博物館。どんな組織で、研究員は日夜何をしているのか? 日本中が注目したクラウドファンディングの舞台裏とは? 2月21日発売の『科博と科学 地球の宝を守る』(篠田謙一、ハヤカワ新書)から、「はじめに」を全文公開します。 『科博と科学』はじめに国立科学博物館(科博)は、2027年に創立150周年を迎える日本で唯一の「国立」の自然史と科学技術史の博物館です。初代の館長は、東京大学理学部の教授時代に、高知から上京してきた牧野富太郎を教室に迎え入れた

スキ
45

ADHDや社交不安症はなぜ増え続けるのか。熊代亨『人間はどこまで家畜か 現代人の精神構造』より「はじめに」全文公開

あなたは文明社会の進展にあわせて模範的に、家畜的になりたいと願いますか? 注目の精神科医が、進化生物学の注目仮説「自己家畜化」をキーワードに現代の人間疎外を論じる新刊が『人間はどこまで家畜か 現代人の精神構造』(熊代亨、ハヤカワ新書)。2/21発売の本書より、「はじめに」を公開します。 『人間はどこまで家畜か』はじめに「人間が家畜化していく、家畜のように飼い馴らされていく」と聞いて、皆さんはどんなイメージを持ちますか? 宇宙人が地球を侵略し、ブロイラーのように人間をおいし

スキ
91

あなたの脳に眠る「数学的知性」を覚醒させよう! 『AIに勝つ数学脳』本文試し読み

計算だけが「数学」じゃない。AI(人工知能)ブームの今、AIを「使う側」に立つために必要な思考法とは? 話題の新刊『AIに勝つ数学脳』(ジュネイド・ムビーン、水谷淳訳、早川書房)より、あなたの脳で眠っている「数学的知性」を呼び起こすためのヒントを紹介します。(本文「はしがき」より試し読み公開。一部編集してお届けします。) はしがき 数学的知性の正体1950年代、MIT。人工知能の第一の波が近づいている。この分野の指導的人物の一人、マーヴィン・ミンスキーは、「我々は機械を賢く

スキ
43

私たちを待ち受ける「本当の2038年問題」とは?『2038年のパラダイムシフト 人生・社会・技術』本文試し読み

気候変動、経済格差、戦争、人工知能――2019年を境に様々な分野で巻き起こるパラダイムシフト。「19年周期」で世界は動くと論じる米国最高のトレンドスポッターが提起する次の契機は「2038年」。 この年の1月19日には、コンピュータが一斉に誤作動を起こすとされる「2038年問題」の発生が予想されています。ですが、それ以外にもあらゆる分野で全世界的な大変革が起きることは必定です。やがて来たる、2038年に私たちが直面するを説いた 話題の新刊『2038年のパラダイムシフト 人生・社

スキ
26