Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

    マガジン

    • ハヤカワSF

      ハヤカワ文庫SFや、新ハヤカワ・SF・シリーズなどの話題作品の解説、試し読みを公開中。

    • 『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』

      2022年10月7日劇場アニメ2作同日公開 シリーズ累計40万部突破

    • HAYAKAWA FACTORY

      永遠の名作を着る新ブランド、HAYAKAWA FACTORY

    • ハヤカワ・ミステリ

      「ハヤカワ・ミステリ」及び「ハヤカワ・ミステリ文庫」の話題作品の解説、試し読みを公開中。

    • ハヤカワ・ノンフィクション

      ハヤカワ・ノンフィクション文庫や、ハヤカワ・ノンフィクションなど。話題のノンフィクション作品の解説、試し読みを公開中。

    ハヤカワSF

    ハヤカワ文庫SFや、新ハヤカワ・SF・シリーズなどの話題作品の解説、試し読みを公開中。

    すべて見る

    【9/30~10/2の3日間限り!】HAYAKAWA FACTORY Tシャツ全品20%オフセール開催!

    ■AmazonのHAYAKAWA FACTORYショップはこちら↓ ※20%オフはAmazonのHAYAKAWA FACTORYショップで購入いただいた商品に限ります。20%オフクーポンを選択してお買い求めください。お買い上げの際は販売元が「早川書房オンラインストア」であることをご確認ください。悪徳業者のサイトに遷移する可能性もございます。20%のクーポン割引でないサイトは弊社の販売サイトではございません。 ■対象商品

    スキ
    20

    【締め切りました】中国作家協会ブッククラブ・ライブイベント「中国SF文化共有会」開催!

    The Chinese Writers' Association(中国作家協会)が中国SFをフューチャーしたブッククラブイベント「中国SF文化共有会」をオンライン・オフラインで開催します。 9月29日(木)は日中国交正常化50周年の記念日です。本イベントは、この記念すべき日に、中国のSF作家たちと日本会場の中国文化センターをオンラインでつなぎ、トークをおこなうものです。日本のゲストと中国のゲストから、貴重なお話がうかがえるチャンスです。ふるってご参加ください。 【日程】

    スキ
    16

    メアリ・ロビネット・コワル『無情の月』のモデルになった現実の宇宙開発は? サイエンスライター秋山文野氏による解説

    メアリ・ロビネット・コワル『無情の月』(大谷真弓 訳)は、ヒューゴー賞/ネビュラ賞/ローカス賞受賞の宇宙開発・歴史改変SF『宇宙へ』シリーズの最新作。『宇宙へ』の作品世界を、現実の宇宙開発をふまえて、サイエンスライターで翻訳者の秋山文野氏に解説していただきました。 *** こちらの記事もどうぞ ・ヒューゴー賞/ネビュラ賞/ローカス賞受賞『宇宙【 そら】へ』シリーズ最新作『無情の月』、9/14発売! ・【試し読み】主要SF3賞受賞『宇宙へ』シリーズ最新作『無情の月』、冒頭公

    スキ
    12

    【試し読み】主要SF3賞受賞『宇宙へ』シリーズ最新作『無情の月』、冒頭公開

    ヒューゴー賞/ネビュラ賞/ローカス賞受賞『宇宙へ』シリーズの最新作、メアリ・ロビネット・コワル『無情の月』(大谷真弓 訳)を2022年9月14日にハヤカワ文庫SFより発売いたしました! 「宇宙開発が順調に進んでいたら」という歴史改変世界を舞台にした宇宙開発SFです。  前作『火星へ』では、〈レディ・アストロノート〉こと、エルマが、人類初の火星有人探査に参加する様子が描かれています。本書『無情の月』では、その火星探険隊が火星への旅の中間地点に到達したころの地球と月での騒動を、も

    スキ
    10

    『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』

    2022年10月7日劇場アニメ2作同日公開 シリーズ累計40万部突破

    すべて見る

    【文化祭でモザイクアート!?】現役高校生に『僕愛』『君愛』の魅力を聞いてみた

    劇場アニメ公開を目前に控え、ますます注目を集めている『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』。そんなある日、早川書房を、そして原作者の乙野四方字氏を吃驚させる連絡が舞い込みました……! なんと『僕愛』『君愛』を読んだ図書委員会の生徒さんが「ぜひこの本でモザイクアートを作りたい!」と提案してくださったのだそう。ぜひ完成したら見に行きたい! そしてnote読者の皆さまにもお見せしたい! ということで、文化祭翌日の神奈川県立茅ケ崎西浜高等学校にお邪魔してきました。

    スキ
    1

    【10/7(金)映画公開 『僕愛』『君愛』】原作者、乙野四方字先生が都内の書店を訪問

    10/7(金)の公開まで2週間をきった、映画「僕が愛したすべての君へ」「君を愛したひとりの僕へ」 皆さんはもう”どちらから観るか”決めましたか? 今回は原作者である乙野先生と9/27(火)に都内の書店様へご挨拶に伺った際の様子をレポートします。 〇ジュンク堂書店池袋本店様 1店舗目はジュンク堂書店池袋本店様。 こちら映画『僕愛』『君愛』パネルと一緒にご展開!! 刊行以来の訪問となり、店舗様の熱量が高かったです。 〇三省堂書店池袋本店様 2店舗目は三省堂書店池袋本店様 早速

    スキ
    6

    【10/7(金)映画公開 僕愛君愛】有隣堂ヨドバシAKIBA店でパネル展を開催!!

    10/7の映画公開まであと少し。 本日は有隣堂ヨドバシAKIBA店で開催中のパネル展のご案内です。 9/27(火)~10/31(月)までの期間、有隣堂ヨドバシAKIBA店カフェスペースにて映画『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』のパネルを展示いたします。 期間中にカフェご利用のお客様には『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』のオリジナルトレーマットをプレゼント、また原作『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』、そしてスピンオフ作品

    スキ
    9

    【教えて!乙野さん】『僕愛』『君愛』著者が原作&劇場アニメを語る~後篇~

    来週10月7日(金)に劇場アニメが2作同日公開となる『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』。本欄では、著者の乙野四方字さんへの一問一答インタビューを掲載します。『僕愛』『君愛』の生みの親である乙野さんしか知らない、登場人物たちの名前に秘められた想いや、聖地・大分のエピソードなど、僕愛君愛の世界観をもっと楽しめる情報盛りだくさんでお届けします! 〈後篇〉 Q.1 先日、ついに完成した劇場アニメの試写が行われました。原作者としての感想をお聞かせください。 乙野

    スキ
    4

    HAYAKAWA FACTORY

    永遠の名作を着る新ブランド、HAYAKAWA FACTORY

    すべて見る

    【9/30~10/2の3日間限り!】HAYAKAWA FACTORY Tシャツ全品20%オフセール開催!

    ■AmazonのHAYAKAWA FACTORYショップはこちら↓ ※20%オフはAmazonのHAYAKAWA FACTORYショップで購入いただいた商品に限ります。20%オフクーポンを選択してお買い求めください。お買い上げの際は販売元が「早川書房オンラインストア」であることをご確認ください。悪徳業者のサイトに遷移する可能性もございます。20%のクーポン割引でないサイトは弊社の販売サイトではございません。 ■対象商品

    スキ
    20

    【今週末&3連休限り!】アガサ・クリスティーの生誕祭! 『そして誰もいなくなった』モチーフなどの人気トートバッグ3種が25%オフの大セール! 

    アガサ・クリスティーの代表作『そして誰もいなくなった』『オリエント急行の殺人』『オリエント急行の殺人』モチーフのトートバッグがすべて25%offクーポン付で販売中! 9月16日から20日までの週末特別価格! 各商品のセール価格、詳しいスペックは以下のリンクから! 好評の『扇子・オブ・ワンダー』も10%offで販売中! 以下はHAYAKAWA FACTORY一番人気のフィリップ・K・ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』Tシャツ!

    スキ
    18

    【新商品のお知らせ】本、そしてあなたの生活を包み込む!新たなるハヤカワ文庫対応ブックカバー2種

    早川書房のグッズレーベル〈HAYAKAWA FACTORY〉より、待望のブックカバー新商品2種をお届けします! ■AmazonのHAYAKAWA FACTORYストアはこちら↓ ※Amazonの表示上、片方の色しか出ませんが、ホックタイプ・ファスナータイプともに商品ページからレッドかネイビーが選択できます。 ■ハヤカワオンラインの購入ページはこちら↓ ■ハヤカワ文庫対応ブックカバー ホックタイプ/ファスナータイプ これ一つでお出かけできる、収納力抜群のブックカバー!

    スキ
    31

    【新商品のお知らせ】SF界に革新と伝統の一本。扇子(センス)・オブ・ワンダー、登場!

    早川書房のグッズレーベル〈HAYAKAWA FACTORY〉に、今夏の新商品「扇子(センス)・オブ・ワンダー」が登場! ■扇子・オブ・ワンダー 藤(ふじ)色/芥子(からし)色 いつでもどこでもSFの風を! 想像力に満ちたヴィジョンに、日本の伝統的な色味を組み合わせた、革新と伝統の一本。 デザインを担当した川名潤さんによると、 「扇子を扇ぐことによって微量発生する時空の歪みの幾何学的効果をビジュアル化したものです」 とのこと。 ■Amazon HAYAKAWA FAC

    スキ
    47

    ハヤカワ・ミステリ

    「ハヤカワ・ミステリ」及び「ハヤカワ・ミステリ文庫」の話題作品の解説、試し読みを公開中。

    すべて見る

    【9/30~10/2の3日間限り!】HAYAKAWA FACTORY Tシャツ全品20%オフセール開催!

    ■AmazonのHAYAKAWA FACTORYショップはこちら↓ ※20%オフはAmazonのHAYAKAWA FACTORYショップで購入いただいた商品に限ります。20%オフクーポンを選択してお買い求めください。お買い上げの際は販売元が「早川書房オンラインストア」であることをご確認ください。悪徳業者のサイトに遷移する可能性もございます。20%のクーポン割引でないサイトは弊社の販売サイトではございません。 ■対象商品

    スキ
    20

    9/25発売の《ミステリマガジン》最新号で〈ワシントン・ポー〉シリーズ短篇「死者の指」掲載&第4長篇『Dead Ground』23年刊行決定! 

    『ストーンサークルの殺人』『ブラックサマーの殺人』につづいて、最新第三作『キュレーターの殺人』が大好評をいただいております英国ミステリ〈ワシントン・ポー〉シリーズ。そのシリーズ短篇「死者の指」を、9月25日発売の《ミステリマガジン》2022年11月号に掲載いたします。 「死者の指」(M・W・クレイヴン/東野さやか訳) コロナ禍のカンブリア州。湿地帯をピクニック中のワシントン・ポー刑事とティリー・ブラッドショー分析官は、自然保護区の草原でお昼を食べながら、過去にここで起きた事

    スキ
    21

    【待望のシリーズ第三弾『キュレーターの殺人』9月14日発売】いま、ハヤカワ文庫でいちばん売れてるミステリ・刑事〈ワシントン・ポー〉シリーズ

    2020年に刊行の英国推理作家協会賞ゴールドダガー受賞作『ストーンサークルの殺人』から始まる刑事〈ワシントン・ポー〉シリーズ。 第一弾『ストーンサークルの殺人』は発売直後から大好評をいただき、たちまち続々重版となりました。さらに第二弾『ブラックサマーの殺人』はそれを上回る衝撃の展開が話題の傑作でした。 そしてもうすぐ発売の第三弾『キュレーターの殺人』も、第一弾・第二弾で上がり続けたハードルをたやすく飛び越える面白さ。思わず「どこまで行くんだ刑事〈ワシントン・ポー〉……!」と

    スキ
    23

    話題沸騰のミステリ『われら闇より天を見る』書評家・川出正樹氏による解説を全文公開!

        発売後から話題沸騰のミステリ『われら闇より天を見る』(クリス・ウィタカー/鈴木恵訳)。今年絶対に見逃せないミステリである本作。まだお読みになっていない方はぜひお手に取ってみてください!  本日は、書評家の川出正樹氏による解説を全文公開いたします。 We Begin at the End ──ミステリと教養小説とロード・ノヴェルが一体となった ‟終わりから始める人々の物語” 書評家  川出正樹   「なにをやろうが、友だちは信用できる。それが友だちになるってこ

    スキ
    14

    ハヤカワ・ノンフィクション

    ハヤカワ・ノンフィクション文庫や、ハヤカワ・ノンフィクションなど。話題のノンフィクション作品の解説、試し読みを公開中。

    すべて見る

    「病」と「人間」の本質を問うノンフィクション『統合失調症の一族』感想のご紹介

    発売前の村井理子さんのご紹介 担当編集のツイート ギャルヴィン家に生まれた12人の子供のうち6人が統合失調症に。 彼らに何が起きたのか? 国立研究所の調査により、やがて衝撃の真相が明らかになる。その全貌は本書にて。 当社noteでは本書のプロローグ「1972年、コロラド州コロラドスプリングズ」を公開中。 ロバート・コルカー『統合失調症の一族 遺伝か、環境か』(柴田裕之訳)は好評発売中です。

    スキ
    23

    【10月7日(金)オンライン開催決定!】小泉悠氏×小宮山功一朗氏『サイバー戦争 終末のシナリオ』刊行記念トークイベントを開催します!

    2022年8月3日発売の単行本『サイバー戦争 終末のシナリオ』(ニコール・パーロース著、江口泰子訳、岡嶋裕史監訳)の刊行を記念し、本書に解説を書き下ろしていただいた小泉悠氏と、サイバーセキュリティと安全保障に詳しい小宮山功一朗氏によるオンライントークイベントを実施します! 気鋭の研究者二人が サイバー安全保障の実情を語り尽くす!ウクライナとロシア関連のニュースでは、軍事戦略専門家として国際情勢の捉え方や今後の見通しについて各メディアで解説されている小泉悠氏。 その小泉氏が、

    スキ
    18

    「自分がポール・マッカートニーだと思い込んでいないときには、自分の気分が天気を決めていると信じていた」『統合失調症の一族』プロローグ試し読み

    プロローグ 1972年、コロラド州コロラドスプリングズ  兄と妹が、キッチンのガラスドアを開けてテラスを抜け、裏庭に出る。妙な取り合わせだ。ドナルド・ギャルヴィンは27歳。顔は彫りが深く、頭はすっかり剃り上げてあり、顎には聖書の登場人物を思わせる鬚をこれ見よがしに生やし始めている。メアリー・ギャルヴィンは7歳で、兄の半分ほどの背丈しかなく、髪はホワイトブロンドで、鼻は丸く小ぶりだ。 ギャルヴィン一家はウッドメンヴァレーに暮らしている。そこは、コロラド州中央部の急な丘や砂

    スキ
    35

    李琴峰さん初エッセイ集『透明な膜を隔てながら』まえがき公開

    ★刊行記念トークイベント開催決定!ゲストとして『おいしいごはんが食べられますように』で芥川賞を受賞した高瀬隼子さんにお越しいただきます。 実はお友達どうしだったお二人による、初顔合わせのトークイベント! それぞれの作品では社会や日常に潜む違和感の正体や、他人による悪意の気配について鋭く敏感に描いています。 李さんがタイトルで表現した、世界との微妙な隔たりである「透明な膜」を、高瀬さんも日常で感じているかもしれません。 そんなちょっとした瞬間に感じる生きづらさや窮屈さを振り返り

    スキ
    27