Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/
+1

サラ・パレツキー『クロス・ボーダー』訳者あとがき公開「一時期のパワーダウンが信じられないほどの頼もしいV・Iに戻っている…

 読み終えた読者の皆様から激賞の声が続々と届いております、サラ・パレツキーの〈V・I・ウォーショースキー〉シリーズ最新作『クロス・ボーダー』。今回は訳者の山本やよ…

+5

ジョー・ネスボの新しいシリーズは児童書! 大人が読んでも楽しめる4つの理由(ハヤカワ・ジュニア・SF)

世界50カ国語に翻訳され、シリーズ累計4000万部超の《刑事ハリー・ホーレ》シリーズや、第8回翻訳ミステリー大賞と第5回翻訳ミステリー読者賞をダブル受賞した『その雪と血…

+1

【「小説家になろう」サイトで700万PV突破】『転生令嬢と数奇な人生を1 辺境の花嫁』2021年12月2日刊行&イラストレーター決定…

「小説家になろう」サイトで700万PV突破の話題作、『転生令嬢と数奇な人生を1 辺境の花嫁』の刊行が2021年12月2日刊行決定しました。 本作は、現在も「小説家になろう」…

+1

これが、生産性至上社会への抵抗。『何もしない』10/5刊行

大企業が人々の時間と注意を無断で搾取する注意経済(アテンション・エコノミー)がもっとも恐れているもの、それは、私たちが「何もしない」ことだ。 現代アーティストで…

+1

出会ったことのない幼馴染と、恋の話。三秋縋『君の話』文庫版・11月3日発売

 二十歳の夏、僕は一度も出会ったことのない女の子と再会した。架空の青春時代、架空の夏、架空の幼馴染。夏凪灯花は記憶改変技術によって僕の脳に植えつけられた義憶の中…

+1

【9月25日発売】ミステリマガジン11月号は、機龍警察 白骨街道特集!

発売から1カ月たちましたが、月村了衛さんの最新作『機龍警察 白骨街道』はもう入手されましたか? 今年のミステリ、最大の話題作の一つなので、今のうちに読まれている…