Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

    マガジン

    • ハヤカワSF

      ハヤカワ文庫SFや、新ハヤカワ・SF・シリーズなどの話題作品の解説、試し読みを公開中。

    • 『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』

      2022年10月7日劇場アニメ2作同日公開 シリーズ累計40万部突破

    • HAYAKAWA FACTORY

      永遠の名作を着る新ブランド、HAYAKAWA FACTORY

    • ハヤカワ・ミステリ

      「ハヤカワ・ミステリ」及び「ハヤカワ・ミステリ文庫」の話題作品の解説、試し読みを公開中。

    • ハヤカワ・ノンフィクション

      ハヤカワ・ノンフィクション文庫や、ハヤカワ・ノンフィクションなど。話題のノンフィクション作品の解説、試し読みを公開中。

    最近の記事

    【文化祭でモザイクアート!?】現役高校生に『僕愛』『君愛』の魅力を聞いてみた

    劇場アニメ公開を目前に控え、ますます注目を集めている『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』。そんなある日、早川書房を、そして原作者の乙野四方字氏を吃驚させる連絡が舞い込みました……! なんと『僕愛』『君愛』を読んだ図書委員会の生徒さんが「ぜひこの本でモザイクアートを作りたい!」と提案してくださったのだそう。ぜひ完成したら見に行きたい! そしてnote読者の皆さまにもお見せしたい! ということで、文化祭翌日の神奈川県立茅ケ崎西浜高等学校にお邪魔してきました。

    スキ
    2
      • 【10/7(金)映画公開 『僕愛』『君愛』】原作者、乙野四方字先生が都内の書店を訪問

        10/7(金)の公開まで2週間をきった、映画「僕が愛したすべての君へ」「君を愛したひとりの僕へ」 皆さんはもう”どちらから観るか”決めましたか? 今回は原作者である乙野先生と9/27(火)に都内の書店様へご挨拶に伺った際の様子をレポートします。 〇ジュンク堂書店池袋本店様 1店舗目はジュンク堂書店池袋本店様。 こちら映画『僕愛』『君愛』パネルと一緒にご展開!! 刊行以来の訪問となり、店舗様の熱量が高かったです。 〇三省堂書店池袋本店様 2店舗目は三省堂書店池袋本店様 早速

        スキ
        6
        • 【9/30~10/2の3日間限り!】HAYAKAWA FACTORY Tシャツ全品20%オフセール開催!

          ■AmazonのHAYAKAWA FACTORYショップはこちら↓ ※20%オフはAmazonのHAYAKAWA FACTORYショップで購入いただいた商品に限ります。20%オフクーポンを選択してお買い求めください。お買い上げの際は販売元が「早川書房オンラインストア」であることをご確認ください。悪徳業者のサイトに遷移する可能性もございます。20%のクーポン割引でないサイトは弊社の販売サイトではございません。 ■対象商品

          スキ
          20
          • 「病」と「人間」の本質を問うノンフィクション『統合失調症の一族』感想のご紹介

            発売前の村井理子さんのご紹介 担当編集のツイート ギャルヴィン家に生まれた12人の子供のうち6人が統合失調症に。 彼らに何が起きたのか? 国立研究所の調査により、やがて衝撃の真相が明らかになる。その全貌は本書にて。 当社noteでは本書のプロローグ「1972年、コロラド州コロラドスプリングズ」を公開中。 ロバート・コルカー『統合失調症の一族 遺伝か、環境か』(柴田裕之訳)は好評発売中です。

            スキ
            23

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ハヤカワSF
            Hayakawa Books & Magazines(β)
          • 『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』
            Hayakawa Books & Magazines(β)
          • HAYAKAWA FACTORY
            Hayakawa Books & Magazines(β)
          • ハヤカワ・ミステリ
            Hayakawa Books & Magazines(β)
          • ハヤカワ・ノンフィクション
            Hayakawa Books & Magazines(β)
          • ハヤカワ国内フィクション
            Hayakawa Books & Magazines(β)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【10/7(金)映画公開 僕愛君愛】有隣堂ヨドバシAKIBA店でパネル展を開催!!

            10/7の映画公開まであと少し。 本日は有隣堂ヨドバシAKIBA店で開催中のパネル展のご案内です。 9/27(火)~10/31(月)までの期間、有隣堂ヨドバシAKIBA店カフェスペースにて映画『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』のパネルを展示いたします。 期間中にカフェご利用のお客様には『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』のオリジナルトレーマットをプレゼント、また原作『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』、そしてスピンオフ作品

            スキ
            9

            【教えて!乙野さん】『僕愛』『君愛』著者が原作&劇場アニメを語る~後篇~

            来週10月7日(金)に劇場アニメが2作同日公開となる『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』。本欄では、著者の乙野四方字さんへの一問一答インタビューを掲載します。『僕愛』『君愛』の生みの親である乙野さんしか知らない、登場人物たちの名前に秘められた想いや、聖地・大分のエピソードなど、僕愛君愛の世界観をもっと楽しめる情報盛りだくさんでお届けします! 〈後篇〉 Q.1 先日、ついに完成した劇場アニメの試写が行われました。原作者としての感想をお聞かせください。 乙野

            スキ
            4

            【教えて!乙野さん】『僕愛』『君愛』著者が原作&劇場アニメを語る~前篇~

            いよいよ10月7日(金)に劇場アニメが2作同日公開となる『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』。本欄では、著者の乙野四方字さんへの一問一答インタビューを掲載します。『僕愛』『君愛』の生みの親である乙野さんしか知らない、作品への想いや作中のキーアイテムにまつわるエピソードなど、初出しの情報満載でお送りします! 〈前篇〉 Q.1 2016年の刊行以来、幅広い読者に愛されている『僕愛』『君愛』ですが、特にどんな方に読んで欲しいですか。 乙野さん SFを読んだこと

            スキ
            11

            【締め切りました】中国作家協会ブッククラブ・ライブイベント「中国SF文化共有会」開催!

            The Chinese Writers' Association(中国作家協会)が中国SFをフューチャーしたブッククラブイベント「中国SF文化共有会」をオンライン・オフラインで開催します。 9月29日(木)は日中国交正常化50周年の記念日です。本イベントは、この記念すべき日に、中国のSF作家たちと日本会場の中国文化センターをオンラインでつなぎ、トークをおこなうものです。日本のゲストと中国のゲストから、貴重なお話がうかがえるチャンスです。ふるってご参加ください。 【日程】

            スキ
            16

            【10/7(金)映画公開】僕愛君愛、書店店頭展開(大分篇)のご紹介!!

            10/7の映画公開まで2週間と少し、2作同日公開の劇場アニメ『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』。 本記事では映画とその原作の舞台である大分での書店様での原作展開の様子をご紹介します! 〇紀伊國屋書店アミュプラザおおいた店様 日本一『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』の両作品を売っていただいている店舗様です。 店内入ってすぐの棚にて。 〇リブロ大分トキハ店様 物語のキーポイントでもある聖地【昭和通り交差点】近くの店舗様です。 レジ横の映像化

            スキ
            5

            大分訪問記(書店篇)

            9/8(土)は乙野先生の地元であり、映画そして小説『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』の舞台である大分の書店様にご挨拶に行って参りました。 一店舗目は明屋書店高城店様。 こちらの店舗は2016年刊行当時サイン会を開催した思い出ある店舗。 6年前のことを懐かしみつつ、乙野先生に書籍と色紙にサインをしていただきました。 二店舗目はジュンク堂書店大分店。 こちらのご担当者様とも久しぶりの再会でした。 書店さんの裏側、バックヤードにお邪魔しましてサイン本を作成して

            スキ
            8

            【9/23(金)発売!】森晶麿『探偵と家族』プロローグ&第一章試し読み公開

            《黒猫シリーズ》などで知られる森晶麿さんの最新作『探偵と家族』が9月23日(金)に発売となります。 高円寺あづま通り商店街にオフィスを構える探偵一家が、ささやかな事件を通して家族のありようを探していく4篇の連作集。その第一章までを本ページから試し読みいただけます! どうぞお楽しみください。 プロローグ  週末には箒と塵取りで片づけられるはずの、テーブルの下に散らばる食べ滓と埃の塊──。  銀田凪咲の辞書の「家族」の項には、そう記されている。わかっている。実際そんな簡単に片

            スキ
            10

            9/25発売の《ミステリマガジン》最新号で〈ワシントン・ポー〉シリーズ短篇「死者の指」掲載&第4長篇『Dead Ground』23年刊行決定! 

            『ストーンサークルの殺人』『ブラックサマーの殺人』につづいて、最新第三作『キュレーターの殺人』が大好評をいただいております英国ミステリ〈ワシントン・ポー〉シリーズ。そのシリーズ短篇「死者の指」を、9月25日発売の《ミステリマガジン》2022年11月号に掲載いたします。 「死者の指」(M・W・クレイヴン/東野さやか訳) コロナ禍のカンブリア州。湿地帯をピクニック中のワシントン・ポー刑事とティリー・ブラッドショー分析官は、自然保護区の草原でお昼を食べながら、過去にここで起きた事

            スキ
            21

            【10/7(金)映画公開】僕愛君愛パネル展開催店舗のご紹介

            10/7(金)の公開まで3週間をきった、「僕が愛したすべての君へ」「君を愛したひとりの僕へ」現在一部書店様にて映画素材を使用したパネル展を開催いただいています。 〇ご展開店舗様(一部) ・紀伊國屋書店新宿本店様 ・書泉グランデ様 ・有隣堂ヨドバシAKIBA店様 ・TSUTAYA BOOKSTORE 川崎駅前店様 ・紀伊國屋書店さいたま新都心店様 ・紀伊國屋書店梅田本店様 ・MARUZEN &ジュンク堂書店梅田店様 ・フタバ図書TSUTAYA TERA広島府中店様 ・紀伊國屋

            スキ
            7

            悲劇喜劇 22年11月号予告      特集:トム・ストッパードと人生   (10月7日発売)

            新国立劇場にて、トム・ストッパードの最新作『レオポルトシュタット』が上演されます。 日本でもたびたび作品が上演されてきた現代を代表する劇作家ですが、その作風は「難解」「深遠」と評されることも多く、多面的な表情を持ちます。10月7日発売の、『悲劇喜劇』2022年11月号では、ストッパードの人生や代表作を読み解き、劇世界の魅力を伝える特集を目指します。 【巻頭記事】 トム・ストッパード ”英国人になるまで(1999年の記事より)” 【インタビュー】 小川絵梨子   ”『レオポ

            スキ
            16

            【書店に走れ】100冊フェア展開書店様まとめ

            いよいよ展開が始まった、”ハヤカワ文庫の100冊フェア”今年のテーマは「世界を知る。」映画監督の濱口竜介さんのエッセイや作家の小川哲さん、逢坂冬馬さんの対談が掲載されている小冊子もオススメ。 本日はフェアを展開してくださっている書店様をご紹介していこうと思います! 〇有隣堂ヨドバシAKIBA店様 目をひく”雪下まゆ”さんの拡材を3連結して大きくご展開いただいております!最上段には10/7(金)に映画公開の迫る『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』とそのスピンオ

            スキ
            22

            【年末ランキング続々ランクイン!】全米700万部突破『ザリガニの鳴くところ』【大好評発売中】

            原書売り上げが700万部を突破し、《ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー》リストでの快進撃も続いている、ディーリア・オーエンズ『ザリガニの鳴くところ』。過酷な境遇を生き抜く少女の成長と村で起こる不審死事件を豊かな自然描写で包み込んだ傑作である本書は、日本でもたくさんの高評価をいただき、年末ランキングにも続々ランクインいたしました! ーーーーーーーーーーーーーーーーー ミステリが読みたい! 2021年版 第3位 このミステリーがすごい! 2021年版 第2位 読書メーター O

            スキ
            32