マガジンのカバー画像

ハヤカワ国内フィクション

507
ハヤカワ文庫JAや単行本など、国内フィクション作品の試し読み原稿や解説などを公開中。
運営しているクリエイター

記事一覧

【連載16】《星霊の艦隊》シリーズ、山口優氏によるスピンオフ中篇「洲月ルリハの重圧(プレッシャー)」Web連載中!

【連載16】《星霊の艦隊》シリーズ、山口優氏によるスピンオフ中篇「洲月ルリハの重圧(プレッシャー)」Web連載中!

銀河系を舞台に繰り広げられる人×AI百合スペースオペラ『星霊の艦隊』シリーズ。
著者の山口優氏による、外伝の連載が2022年12/13より始まっています!
毎週火曜、木曜の週2回、お昼12:00更新の連作中篇、全14回集中連載の予定でしたが、ご好評につき数話延長いたします!

星霊の艦隊 洲月ルリハの重圧
ルリハは洲月家の娘として将来を嘱望されて士官学校にトップの成績で入学し、自他共に第一〇一期帝

もっとみる
【連載15】《星霊の艦隊》シリーズ、山口優氏によるスピンオフ中篇「洲月ルリハの重圧(プレッシャー)」Web連載中!

【連載15】《星霊の艦隊》シリーズ、山口優氏によるスピンオフ中篇「洲月ルリハの重圧(プレッシャー)」Web連載中!

銀河系を舞台に繰り広げられる人×AI百合スペースオペラ『星霊の艦隊』シリーズ。
著者の山口優氏による、外伝の連載が2022年12/13より始まっています!
毎週火曜、木曜の週2回、お昼12:00更新の連作中篇、全14回集中連載の予定でしたが、ご好評につき数話延長いたします!

星霊の艦隊 洲月ルリハの重圧
ルリハは洲月家の娘として将来を嘱望されて士官学校にトップの成績で入学し、自他共に第一〇一期帝

もっとみる
小川楽喜『標本作家』第二章⑨ チャールズ・ジョン・ボズ・ディケンズ 十九世紀最大の小説家

小川楽喜『標本作家』第二章⑨ チャールズ・ジョン・ボズ・ディケンズ 十九世紀最大の小説家

(第15節はこちらの記事に掲載しています。)

16

 ──そうして、時代は、十九世紀へと戻ってきます。

 チャールズ・ジョン・ボズ・ディケンズ。十九世紀最大の小説家。イギリス国民からもっとも愛された作家。
〈終古の人籃〉で調べたかぎり、彼の作品は千年以上にわたって読み継がれていました。貧苦と孤独のなか、ロンドンの片隅にあった靴墨工場で働いていた少年が、ジャーナリストというキャリアを経て、英国

もっとみる
小川楽喜『標本作家』第二章⑧ クレアラ・エミリー・ウッズ 世紀不明、人類最後の文学者

小川楽喜『標本作家』第二章⑧ クレアラ・エミリー・ウッズ 世紀不明、人類最後の文学者

(第14節はこちらの記事に掲載しています。)

15

 クレアラ・エミリー・ウッズ。世紀不明。どこにも属さない作家。
 おそらくは人類最後の文学者です。そして、人類初の、標本化された作家でもあります。
 彼女を既存のジャンルのいずれかに当てはめるのは不可能、いえ、無意味といっていいのではないでしょうか。あまりにも逸脱しているのです。彼女の書いたものの一側面に目をむければ、そこには狂想的な思索の断

もっとみる
小川楽喜『標本作家』第二章⑦ マーティン・バンダースナッチ 二十八世紀の児童文学作家

小川楽喜『標本作家』第二章⑦ マーティン・バンダースナッチ 二十八世紀の児童文学作家

(第13節はこちらの記事に掲載しています。)

14

 マーティン・バンダースナッチ。二十八世紀の児童文学作家。
 ……二十八世紀ともなれば、世界のありようが劇的に変わり、その言及にも労を要すると思われるかもしれませんが、文明の発達度という点では、先述した二十四世紀のころと、たいした違いはありませんでした。
 あのナノマシンの異常によって起こった連続狂死事件以降、ナノテクロノジーの研究が禁止され

もっとみる
小川楽喜『標本作家』第二章⑥ エド・ブラックウッド 二十四世紀のホラー作家

小川楽喜『標本作家』第二章⑥ エド・ブラックウッド 二十四世紀のホラー作家

(第12節はこちらの記事に掲載しています。)

13

 エド・ブラックウッド。二十四世紀のホラー作家。
 彼の著したホラー小説が社会にどのような影響を与えたか、それを語るには、まず二十四世紀という時代の背景について述べなければいけません。
 二十世紀にウィラル・スティーブンが執筆したSF小説にあるような未来は、完全な形ではおとずれませんでした。一部、実現したものもありますが、基本的には近代以降の

もっとみる
小川楽喜『標本作家』第二章➄ ロバート・ノーマン 二十二世紀のミステリー作家

小川楽喜『標本作家』第二章➄ ロバート・ノーマン 二十二世紀のミステリー作家

(第11節はこちらの記事に掲載しています。)

12

 ロバート・ノーマン。二十二世紀のミステリー作家。
 ミステリー小説をとりまく情勢は、二十二世紀に大転換をむかえることになります。インターネット上で「ミステリー小説の世界に飛びこむ」ということを試みたゲームが開始され、そこから数々の名作が発表されるようになったのです。
 そのゲームは〈解しがたき倫敦〉というもので、仮想空間につくられたロンドン

もっとみる
『裏世界ピクニック』8巻を読んだ皆様の声(ネタバレ全開)

『裏世界ピクニック』8巻を読んだ皆様の声(ネタバレ全開)

様々な意味でネタバレを語りにくい『裏世界ピクニック8 共犯者の終り』。本記事内に限ってはネタバレ全解禁ということで、専用フォームで募集した読者の皆様の声の一部をご紹介します。

※一部に性的な表現や、鮮度の高い悲鳴を含みます。

たくさんのご感想と悲鳴、ありがとうございました!

【連載14】《星霊の艦隊》シリーズ、山口優氏によるスピンオフ中篇「洲月ルリハの重圧(プレッシャー)」Web連載中!

【連載14】《星霊の艦隊》シリーズ、山口優氏によるスピンオフ中篇「洲月ルリハの重圧(プレッシャー)」Web連載中!

銀河系を舞台に繰り広げられる人×AI百合スペースオペラ『星霊の艦隊』シリーズ。
著者の山口優氏による、外伝の連載が2022年12/13より始まっています!
毎週火曜、木曜の週2回、お昼12:00更新の連作中篇、全14回集中連載の予定でしたが、ご好評につき数話延長いたします!

星霊の艦隊 洲月ルリハの重圧
ルリハは洲月家の娘として将来を嘱望されて士官学校にトップの成績で入学し、自他共に第一〇一期帝

もっとみる
小川楽喜『標本作家』第二章④ ウィラル・スティーブン 二十世紀のSF作家

小川楽喜『標本作家』第二章④ ウィラル・スティーブン 二十世紀のSF作家

(第10節はこちらの記事に掲載しています。)

11

 ウィラル・スティーブン。二十世紀のSF作家。
 彼は、サイエンス・フィクションという分野の創始者ではありませんし、二十世紀においてより著名な「ビッグ・スリー」と呼ばれるSF作家たちのひとりに数えられているわけでもありません。──が、SFの全史を語る上では欠かせない、偉業をなした人物だということに異論をはさむ者は少ないのではないでしょうか。

もっとみる
小川楽喜『標本作家』第二章③ ソフィー・ウルストン 十八世紀のゴシック小説家

小川楽喜『標本作家』第二章③ ソフィー・ウルストン 十八世紀のゴシック小説家

(第9節はこちらの記事に掲載しています。)

10

 ソフィー・ウルストン。十八世紀のゴシック小説家。
 人類史でもっとも愛された魔人たちを生みだした作家です。吸血鬼。人造人間。狼男。これらはすべて彼女の創作であり、そこから多くの読みものや映像作品が誕生しました。フィクションの存在でありながら、人類が滅び去るまで、途絶えることなく私たちに恐怖と怪異をもたらしました。
 なぜに、こうも愛されたので

もっとみる
【連載13】《星霊の艦隊》シリーズ、山口優氏によるスピンオフ中篇「洲月ルリハの重圧(プレッシャー)」Web連載中!

【連載13】《星霊の艦隊》シリーズ、山口優氏によるスピンオフ中篇「洲月ルリハの重圧(プレッシャー)」Web連載中!

銀河系を舞台に繰り広げられる人×AI百合スペースオペラ『星霊の艦隊』シリーズ。
著者の山口優氏による、外伝の連載が2022年12/13より始まっています!
毎週火曜、木曜の週2回、お昼12:00更新、全14回集中連載の連作中篇。

星霊の艦隊 洲月ルリハの重圧
ルリハは洲月家の娘として将来を嘱望されて士官学校にトップの成績で入学し、自他共に第一〇一期帝律次元軍士官学校大和本校のトップを自認していた

もっとみる
小川楽喜『標本作家』第二章② ラダガスト・サフィールド 二十世紀のファンタジー作家

小川楽喜『標本作家』第二章② ラダガスト・サフィールド 二十世紀のファンタジー作家

(第8節はこちらの記事に掲載しています。)



 ラダガスト・サフィールド。二十世紀のファンタジー作家。
 人類史でもっとも偉大な幻想文学をたちあげた作家です。現実には存在しない架空の世界を創造し、それにもとづく神秘的な物語を発表しました。かつては彼の個人的な夢想にすぎなかったものが、人類全体の巨大な夢へと変貌していったのです。
 人は、事実にそったことのみを著述してきたわけではありません。古

もっとみる
小川楽喜『標本作家』第二章① バーバラ・バートン 二十一世紀の恋愛小説家

小川楽喜『標本作家』第二章① バーバラ・バートン 二十一世紀の恋愛小説家

第10回ハヤカワSFコンテスト大賞受賞作、小川楽喜『標本作家』第一章「終古の人籃」特別公開に引き続き、第二章「文人十傑」もあわせて特別公開いたします。本記事を含めて全九回、一日一節ずつ更新いたします。
また、『標本作家』特別公開は第二章までとなります。第三章「痛苦の質量」以降につきましては、本書をご購入のうえお楽しみいただけますと幸いです。

(「第一章 終古の人籃」はこちらの記事で掲載しています

もっとみる