ハヤカワSF

269

ヒューゴー賞/ネビュラ賞/ローカス賞受賞の話題作 コワル『宇宙【そら】へ』!

ハヤカワ文庫SFは2020年8月に創刊50周年を迎えます。それを記念して、ヒューゴー賞/ネビュラ賞/ローカス賞受賞の話題作、メアリ・ロビネット・コワル『宇宙【そら】へ』(酒井昭伸 訳)を8月20日に刊行いたします。

『宇宙【そら】へ』(上・下)
メアリ・ロビネット・コワル  酒井 昭伸 訳
カバーイラスト/加藤直之  カバーデザイン/岩郷重力
ハヤカワ文庫SF
各1,020円+税
2020年8月

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
50

【8月2日(日)から3日(月)まで】48時間限定、BOOK☆WALKERで早川書房の電子書籍全タイトル対象のコイン40%還元フェア開催!

電子書籍書店BOOK☆WALKERにて、早川書房の全タイトル(2020年7月2日までに配信されたもの)を対象にした48時間限定コイン40%還元フェアが開催されます。期間は2020年8月2日(日)00:00~2020年8月3日(月)23:59までの48時間。
「全タイトル」というからには、もし今、読者のみなさんが気になっている早川書房のタイトルがあったらそれはすべて対象というわけです。ただ、それだけ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
29

どこまでも日本のSF短篇を読み漁りたい人のための超読書ガイド(文・伴名練)

おかげさまで重版出来となりました伴名練=編『日本SFの臨界点[恋愛篇][怪奇篇]』。SF入門にも最適な本アンソロジーの巻末に収録されている、伴名さんによる怒濤のSF短篇ガイドを、大好評の御礼で8月31日(月)まで特別公開します。これさえあれば夏の読書には困りません。(編集部)

ーーーー[恋愛篇]編集後記より抜粋ーーーー

今回のアンソロジーが完全に趣味を優先した一冊になったので、「もっと今のSF

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
102

豪華出演者でおくるアフターコロナのTV番組『世界SF作家会議』放映決定!

7 月26 日(日)25時55分~26時55分より、『世界SF作家会議』がフジテレビ地上波(関東ローカル)で放送されます!

新型コロナウイルスの猛威が現実を変えてしまった2020年。このパンデミック後の世界、すなわち「アフターコロナの世界」は、果たしてどんな世界になっていくのだろうか? 先行きが不透明・不安定な日々が地球規模で続く中、ここに集結し、持てる想像力を駆使してパンデミックに立ち向かおう

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。
127

“モンスター”令嬢とホームズ、ヴィクトリア朝ロンドンで大冒険!『メアリ・ジキルとマッド・サイエンティストの娘たち』北原尚彦氏解説

シオドラ・ゴスの長篇デビュー作にしてローカス賞受賞作『メアリ・ジキルとマッド・サイエンティストの娘たち』が発売となりました! 舞台はヴィクトリア朝ロンドン、父に続き母を亡くしたうら若き令嬢メアリ・ジキルは、殺人容疑で追われている謎の男ハイドに母が毎月謎の送金をしていたことを知る。いったいなぜ? メアリはロンドンで話題の名探偵シャーロック・ホームズとワトスンの力を借りて探り始めるが、背後にはさらなる

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。
48

新世代の海外SF傑作選、ついに始動!『2000年代・2010年代海外SF傑作選』~刊行にあたって~

SFマガジン2020年6月号は久しぶりの英語圏SF受賞作特集をお送りしました。お楽しみいただけましたでしょうか?

じつはこちらの編集後記にて、ちらりと告知をさせていただきました。

そうです、なんと『2000年代・2010年代海外SF傑作選』の刊行が決定しました! 編集を担当するのは、SFマガジン6月号の監修も担当された橋本輝幸さんです。
小川隆さんと山岸真さんが編まれた『80年代SF傑作選』、

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
57

[恋]と[怪]どちらから読みますか? 伴名練『日本SFの臨界点』ふたつの序文

SF作家の伴名練氏が今、いちばん読んでほしい作品を集めたアンソロジー『日本SFの臨界点』。[恋愛篇][怪奇篇]という2つに分冊された本書の序文を同時公開します。恋と怪、あなたはどちらを先に読みますか?

日本SFの臨界点[恋愛篇]序文

伴名 練

『日本SFの臨界点[恋愛篇]』をお届けする。本書は、SFであり恋愛成分を含む作品を中心に、私の好きな短篇を集めたアンソロジーだ。

 恋愛要素を絡めた

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です
71

【祝】シリーズ累計30万部突破! 『三体』の勢いが止まらない!!

先月なかばに第二部『三体Ⅱ 黒暗森林』が発売、『三体』フィーバーがふたたび日本列島を席巻しているなか、おめでたいニュースです!

『三体』シリーズ累計の部数が、紙版・電子版をあわせて30万部を突破しました! フー!

海外SFジャンルの単行本が、短期間でここまでのベストセラーになるのはとてもめずらしいことと思います。これも『三体』ワールドを愛してくださったみなさまのおかげです! ありがとうございま

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。
47

酉島伝法、3冊目にして初の作品集成!『オクトローグ』解説:大森望

いよいよ発売となった『オクトローグ 酉島伝法作品集成』。本書の巻末に収録されている大森望さんの解説を公開いたします。発表した全著作で日本SF大賞を受賞する究極の独創的作家、酉島伝法の魅力とは?

『オクトローグ 酉島伝法作品集成』
装幀:水戸部功

解説

 本書『オクトローグ 酉島伝法作品集成』は、『皆勤の徒』(二〇一三年)、『宿借りの星』(二〇一九年)に続く酉島伝法の三冊目の著書にして(連作を

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。
37

伝説的タイムトラベル小説『夏への扉』が山﨑賢人の主演で映画化決定!

『夏への扉』ロバート・A・ハインライン/福島正実訳(ハヤカワ文庫SF)

1956年にアメリカで発表されて以来、時間旅行小説の名作として世界中で愛されてきたSF小説『夏への扉』(ロバート・A・ハインライン/福島正実訳)。
福島正実による名訳が刊行されて以来、日本では特に人気が高く長年オールタイム・ベストの上位の常連であり続けている伝説的SF小説が、ついに初実写映画化、2021年公開!(配給/東宝=

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
69