ハヤカワSF

248
記事

発売迫る! 『三体Ⅱ 黒暗森林』、ご予約受付中です。

いよいよ5月も終わりとなりました。6月18日(木)の『三体Ⅱ 黒暗森林』発売まであと三週間を切りました! 編集はまさに佳境を迎えています。

翻訳ご担当の大森さんも鋭意作業中! 

『三体Ⅱ 黒暗森林』は上下巻です。ご予約をいただいたほうが安心です! すでに手作りポスターなどで展開していただいている書店さんも……。ありがとうございます!

今回もポスター・POPなどたくさん作る予定です! 展開予定

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。
45

傑作パンデミック小説の50年後を描く『アンドロメダ病原体―変異―』刊行! 幹細胞生物学者・八代嘉美氏が今読むべき理由を語る「解説」を全文公開

『ジュラシック・パーク』で現代に恐竜を蘇らせた、テクノスリラーの巨匠マイクル・クライトンが没したのは2008年。昨年2019年は、クライトンの出世作であるパンデミック小説の金字塔たる『アンドロメダ病原体』の原書が刊行されて50周年でした。

クライトンの遺族に認められ、『アンドロメダ病原体』の遺族公認の続篇を書くことになったのは、カーネギーメロン大学でロボティクスの博士号を取得した若きクライトンフ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
30

『三体Ⅱ 黒暗森林』発売まであと一月! 今のうちに関連記事で第一部をおさらい!

いよいよ6月18日(木)の『三体Ⅱ 黒暗森林(上・下)』の発売日まであと一カ月を切りました。早く読みたい! とワクワクが止まらない方はもちろん、この機会に第一部から読んでみるか~、どんな話なのか知りたいな……な方のために、早川書房noteにて公開した『三体』関連記事をご紹介。これらの記事を読んでおけば、発売までの準備は万端です!

まず、『三体』がどんなものかは、こちらの記事をどうぞ。

大森望さ

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
47

『三体Ⅱ 黒暗森林』どこよりも早く表紙初公開!

発売がいよいよ来月に迫った、劉慈欣『三体』第二部、『三体Ⅱ 黒暗森林』。本日はその表紙をどこよりも早く初公開します!!

※カバーデザインは変更の可能性があります。

カバーアートを手がけたのはもちろん一巻に引き続き富安健一郎さん(《天冥の標》シリーズでもおなじみ!)。広がる暗い森林が意味するものとは……? 発売は6月18日(木)、ぜひお楽しみに!

【あらすじ】
葉文潔をリーダーに戴いた地球三体

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。
113

最新の海外SF情報を知りたい方、必携!SFマガジン2020年6月号内容紹介

コロナウイルスによる緊急事態宣言下で、史上初の1ヶ月刊行延期となったSFマガジン6月号。リモートワークによる校了が無事終了し、5月25日(月)に発売されます。英語圏SF受賞作特集。表紙イラストは丸紅茜さんです。

◆短篇連続掲載開始!
とある「ブツ」をアメリカ大陸に運び入れる方法を探す男に、科学者が提案した驚異の方法とは
・「鯨歌」劉慈欣/泊功訳
解説 立原透耶

◆英語圏SF受賞作特集 監修:橋

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
50

ずっと一緒だった女子高の親友が、男に"変身"した。SF小説『バースデー』

2020年4月に刊行されたばかりの小野美由紀さんの作品集『ピュア』から、収録作のひとつ「バースデー」を毎日更新で全文公開します。
もしもずっと一緒に過ごしていた幼なじみの大親友が、夏休みの間に「変身」してしまったら? ある女子高に起こった「性」をめぐる事件を描いた、少し不思議な青春小説です。

小野美由紀『ピュア』
イラスト:佳嶋

 夏休み明けて学校に行ったら突然クラスメイトの性別が変わってた、

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
106

SFM特集:コロナ禍のいま⑩ 津原泰水「SARS-CoV-2の物語」

新型コロナウイルスが感染を拡大している情勢を鑑み、史上初めて、刊行を延期したSFマガジン6月号。同号に掲載予定だった、SF作家によるエッセイ特集「コロナ禍のいま」をnoteにて先行公開いたします。最終日の本日は、藤井太洋さん、津原泰水さんのエッセイを公開します。

―――――――

菊頭蝙蝠(キクガシラコウモリ)の細胞を住処にしていた或る構造体が人体という新天地を見出した、というのが僕が数週間に亘

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
51

SFM特集:コロナ禍のいま⑨ 藤井太洋「やってきていた未来と見逃した明日」

新型コロナウイルスが感染を拡大している情勢を鑑み、史上初めて、刊行を延期したSFマガジン6月号。同号に掲載予定だった、SF作家によるエッセイ特集「コロナ禍のいま」をnoteにて先行公開いたします。最終日の本日は、藤井太洋さん、津原泰水さんのエッセイを公開します。

―――――――

 一月の十八日、私はリヨン図書館の司書室にいた。隣には夏笳(シアジア)が座り、テーブルの向こうからは、ロデリック・レ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。
39

SFM特集:コロナ禍のいま⑧ 林譲治「パンデミックの外と内の壁」

新型コロナウイルスが感染を拡大している情勢を鑑み、史上初めて、刊行を延期したSFマガジン6月号。同号に掲載予定だった、SF作家によるエッセイ特集「コロナ禍のいま」をnoteにて先行公開いたします。本日は長谷敏司さん、林譲治さんのエッセイを公開します。

―――――――

 SARS-CoV-2はなぜここまで拡大したのか? そこにはウイルス特性だけでなく、感染拡大が起こりやすい環境を人類は築いてきた

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。
34

SFM特集:コロナ禍のいま⑦ 長谷敏司「生物相の片隅で焦土戦に参加する、あなたへ」

新型コロナウイルスが感染を拡大している情勢を鑑み、史上初めて、刊行を延期したSFマガジン6月号。同号に掲載予定だった、SF作家によるエッセイ特集「コロナ禍のいま」をnoteにて先行公開いたします。本日は長谷敏司さん、林譲治さんのエッセイを公開します。

―――――――

 今年の桜は、意外なほど長く花を留めました。春らしく芽吹く緑も、昨年と変わりはありません。
 新型コロナウイルス感染症(COVI

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
57