ハヤカワSF

209
記事

最注目の中国SF『荒潮』読書のおともにどうぞ! 登場人物表【フリーDL】

いよいよ昨日発売となりました、陳楸帆(チェン・チウファン)『荒潮』。あの『三体』著者、劉慈欣が「近未来SFの頂点」と激賞した超話題作。「『三体』がおもしろかったのでまた中国SFを読みたいけど、何を読めばいいの? 2巻はまだ出ないみたいだし……」というあなたにうってつけです!(2巻は夏に出ます!)

『三体』『雪が白いとき、かつそのときに限り』の際にご好評をいただいた、登場人物表のはさみこみを『荒潮

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
27

『三体』の劉慈欣も「近未来SFの頂点」と激賞! 陳楸帆『荒潮』、ついに日本上陸!

あの『三体』著者、劉慈欣が「これは近未来SFの頂点だ」と激賞。早川書房が『三体』に続いて自信を持っておおくりする中国SF、陳楸帆(チェン・チウファン)『荒潮』をご紹介します!

『荒潮』(画像・書名をクリックorタップでAmazonに飛びます)
陳楸帆(チェン・チウファン)/中原尚哉=訳
カバーイラスト:みっちぇ(亡霊工房)/カバーデザイン:川名潤
新☆ハヤカワ・SF・シリーズ

 本作『荒潮』[

もっとみる
スキありがとうございます!
31

【2/6発売】激動の10年、SFは何を描いたかーー大森望・伴名練が精選するSF傑作選、目次大公開!

来たる2月6日、国内SF作家の傑作短篇計20篇を集めたアンソロジーを刊行いたします。編者は、『三体』翻訳者の大森望氏と、『なめらかな世界と、その敵』著者の伴名練氏という最強タッグ。この10年間をふりかえりたい方、SFに興味を持ち始めたばかりという方にも、ぜひ手にとっていただきたい傑作アンソロジー全2巻。本書の書影と収録作品を公開いたします!

『2010年代SF傑作選1』

大森望・伴名練=編/ハ

もっとみる
スキありがとうございます!
76

2019年翻訳SF・ファンタジイ総まとめ!

さあ、もうすぐ2020年がやってきます。2010年代の総決算として、年末年始のまとまったお休みに、今年のSFやファンタジイを読んでみるのはいかがでしょう。というわけで、今年の翻訳SF・ファンタジイのリストを作りましたので、ぜひチェックしてください! 刊行月別のリストです。

参考:[SHSFS] 新☆ハヤカワ・SF・シリーズ
   [SF] ハヤカワ文庫SF
   [FT] ハヤカワ文庫FT
  

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
47

【電子書籍セール】想像力を用いて創造力を発揮するために――早川書房海外SF作品必読フェア「ビジネス×想像力」が開催中!

ビジネスに必要なものは多々あれど、来たるべき世界を思い描く想像力と、未来をクリエイトしていく創造力がそのなかでも重要な要素であることは間違いありません。
人は頭の中にあるものしか作りだせないともいいます。ならば、豊潤な想像力こそが優れた創造力を身につける鍵なのかもしれません。

そこで早川書房では、想像力・読解力を養うことができる作品をすべてのビジネスパーソンにおすすめするべく、いま読むべきSF作

もっとみる
スキありがとうございます!
126

テッド・チャンとの初遭遇――『息吹』訳者・大森望氏の横浜世界SF大会日記

12月4日の発売後即重版が決定した、テッド・チャン17年ぶりの最新作品集『息吹』。訳者の大森望氏は、チャンが初来日を果たした2007年横浜での世界SF大会「Nippon2007」で、ヒューゴー賞贈賞式の司会を務めました。その大森氏が大会会場でチャンと初めて会った際の模様を綴ったエッセイを再録します。

大森氏が会場内で、東浩紀、伊藤計劃、円城塔、桜坂洋、新城カズマ、飛浩隆の各氏と、チャンを囲んであ

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
31

『息吹』創作の秘密が明らかに! テッド・チャン インタビュー

12月4日の発売後即重版が決定した、テッド・チャン17年ぶりの最新作品集『息吹』。チャン氏が2009年に2度目の来日をした際に、『息吹』収録作について語ったインタビューを再録します。『息吹』で扱われているテーマについて、詳細に語った必読のインタビューです。

※書影はAmazonにリンクしています
【書誌情報】
■書名:息吹
■著者:テッド・チャン
■訳者:大森 望
■発売日:2019年12月4日

もっとみる
スキありがとうございます!
26

令和、SF、花盛り。SFマガジン「創刊60周年記念号」内容紹介

劉慈欣『三体』やテッド・チャン『息吹』の大ヒット、百合SF、大変なことになっている日本SF大賞最終候補など、令和元年はSF小説が大盛りあがりの1年でした。そんな2019年12月は、日本唯一のSF専門文芸誌「SFマガジン」の創刊60周年でもあります。永久保存版の記念号、目次をお届けします。

SFマガジン2020年2月号 
表紙:加藤直之

《二大新連載》

哲学的な死〈前篇〉 
戦闘妖精・雪風 第

もっとみる
スキありがとうございます!
54

『息吹』刊行記念! 伝説の「テッド・チャンを囲む会」の模様を再録します

12月4日の発売後に即重版が決定した、テッド・チャン17年ぶりの最新作品集『息吹』。この刊行記念として、チャンが2007年に横浜で行われた世界SF大会「Nippon2007」で初来日した際、会場内で大森氏をはじめ、東浩紀、伊藤計劃、円城塔、桜坂洋、新城カズマ、飛浩隆の各氏が、チャンを囲んであれこれ聞いた伝説の「テッド・チャンを囲む会」を再録します。

※書影はAmazonにリンクしています
【書誌

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
59

【祝】劉慈欣『三体』、週刊文春「ミステリーベスト10」海外部門第4位!

いよいよ発売日を迎えました。みなさん、テッド・チャン『息吹』はもう購入されましたか?

そんな中、おめでたいお知らせです!
本日発売の〈週刊文春〉に掲載されている「ミステリーベスト10 2019」の海外部門にて、劉慈欣『三体』が4位にランクインしました!

週刊文春12月12日号 ネコチャンがかわいいですね

誌面では、あんな人やこんな人に素敵な推薦コメントをいただいています。ぜひ誌面でご確認を!

もっとみる
スキありがとうございます!
14