海外文芸

159

小説『リーマン・トリロジー』刊行。リーマン・ブラザーズ創業者一族の栄枯盛衰を描く巨篇!

長篇小説『リーマン・トリロジー(仮)』(原題Qualcosa sui Lehman、飯田亮介訳)を8月中旬に早川書房から刊行します。著者は、イタリアの小説家、エッセイスト、脚本家のステファノ・マッシーニです。

リーマン・ブラザーズ創業者一族の栄光と衰退を三代にわたって追いかけながら、アメリカの野望と傲慢の物語をつづる長篇小説。サム・メンデス演出の演劇『リーマン・トリロジー』は、日本でもたいへん話

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
31

『食べて、祈って、恋をして』著者の新境地!『女たちのニューヨーク』はこうして生まれた(訳者あとがき)

『食べて、祈って、恋をして』で、自分を立て直すための旅を率直に描き、日本をふくむ全世界の女性たちを勇気づけたエリザベス・ギルバート。
そのギルバートが新たに発表したのが、1940年代のニューヨークのショービジネスの世界で生きる女性たちを描いた『女たちのニューヨーク』(早川書房より好評発売中)。
『女たちのニューヨーク』もまた、アメリカをはじめとする英語圏で100万部突破し、世界中の女性たちを元気づ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。
73

江國香織氏、町屋良平氏、推薦。「この本が帰ってきてよかった!」『波〔新訳版〕』

2021年6月16日に、ヴァージニア・ウルフ『波〔新訳版〕』(森山恵訳)を早川書房から刊行します。

今日は、45年ぶりとなる新訳をいち早く読んだ2人の作家のコメントを紹介します。

江國香織(作家)
一日の移ろいに重ねられた六つの人生。
磨かれた言葉の奔流によって白日のもとに晒される、
一人ずつのありようと幾つもの時間。
ウルフの攻めの姿勢が堪能できる、この本が帰ってきてよかった!

町屋良平(

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
16

19歳、NYに向かう列車、大都会へのときめきが止まらない!『女たちのニューヨーク』(エリザベス・ギルバート)試し読み

長篇小説『女たちのニューヨーク』(原題City of Girls)を5月18日に早川書房から刊行します。著者は、『食べて、祈って、恋をして』で、全世界の女性たちを勇気づけたエリザベス・ギルバート。今作では、1940年代のニューヨークを舞台に、慣習をうちやぶって、自分の力で道を切り開いていく女性たちを描き出します。

主人公は、19歳のヴィヴィアン。名門大学を追い出され、ひとり、ニューヨークへ向かう

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
31

あまりに不穏。でも目を離すことができない。小説『消失の惑星』試し読み

ジュリア・フィリップス『消失の惑星【ほし】』、冒頭を公開します。

***

八月ソフィヤはサンダルを脱いで波打ちぎわに立っていた。静かなさざ波が、そのつま先を濡らした。真っ白な足が灰色がかった海水に沈む。「あんまり遠くに行っちゃだめ!」アリョーナは叫んだ。

波が引いていった。ソフィヤの足の下から小石が無数に流れだし、細かい砂が水中に溶けていく。ソフィヤがズボンの裾をまくろうとかがむと、ひとつに

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
71

「自分らしく生きるための極意」「1940年代のSATC」「逞しくしたたかに生きる女性たちが魅力的」「最高なガールズトーク」。エリザベス・ギルバート『女たちのニューヨーク』に絶賛の声(1)

『食べて、祈って、恋をして』の著者エリザベス・ギルバートによる長篇小説『女たちのニューヨーク』。1940年のニューヨーク、ショービジネスの世界で ”ありのままの自分” を生きる女性たちを描く本作を読んで、勇気づけられたという日本の読者の声が届いています!

『女たちのニューヨーク』
エリザベス・ギルバート/那波かおり 訳
早川書房より5月18日発売

◉「1940年代のSATC」「最高に面白かった

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
18

自分に正直でなければ、生きている甲斐がない。『食べて、祈って、恋をして』著者が贈る、「ありのままの私」を生きる女性たちの小説『女たちのニューヨーク』

早川書房では、5月18日にアメリカの作家エリザベス・ギルバートの長篇小説『女たちのニューヨーク』(原題City of Girls)を刊行します。

著者は、『食べて、祈って、恋をして』で、全世界の女性たちを勇気づけたエリザベス・ギルバート。今作では、1940年代のニューヨークを舞台に、慣習をうちやぶって、自分の力で道を切り開いていく女性たちを描き出します。

『女たちのニューヨーク』
エリザベス・

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
31

ヴァージニア・ウルフの傑作『波』、45年ぶりの新訳(森山恵訳)、6月刊行

2021年6月16日に、ヴァージニア・ウルフ『波〔新訳版〕』(原題The Waves)を早川書房から刊行します。
翻訳は、『源氏物語 A・ウェイリー版』(ドナルド・キーン特別賞受賞)の訳者の一人である森山恵氏です。

◉概要1931年の『波』刊行から90年。45年ぶり、待望の新訳!
20世紀初頭のモダニズム文学の極北として、高い人気と評価を誇る本作は、『ダロウェイ夫人』『灯台へ』の後に、ヴァージニ

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
57

”ジェンダー・ギャップ世界最小”のアイスランド発の小説『花の子ども』が描く〈男らしさ〉と家族の姿とは。(朱位昌併)

世界経済フォーラムが公表する、各国における男女格差を測るジェンダー・ギャップ指数のランキングで、12年連続で1位となるアイスランド。

そのアイスランドで発表され、「新たな男性像」を描き出した点を評価され、アイスランド女性文学賞を受賞した長篇小説『花の子ども』を4月14日に早川書房から刊行します。

アイスランドの〈男らしさ〉とはどのようなものか。家族のかたちと制度はどうなっているのか。本作の魅力

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
26

アイスランドの小説は、暗いものだけじゃない。孤独な旅の果てに見つけた希望と、ちょっぴり変わった家族の物語『花の子ども』訳者あとがき(神崎朗子)

アイスランドを代表する作家オイズル・アーヴァ・オウラヴスドッティルによる小説『花の子ども』を4月14日に早川書房より刊行します。

アイスランドの小説というと、日本でも人気のアーナルデュル・インドリダソンによる、暗く重厚な作品が思い浮かぶかもしれません。じっさい、そう思ったという読者モニターの方々の感想も届いています。

いっぽう、『花の子ども』は、光が印象的な小説です。
ひとりの青年の成長をとお

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です
43