Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

『三体』がひと足先に全文読める! 『三体』プルーフ(見本版)プレゼントのお知らせ【終了しました】

7月4日(木)に発売を控えた劉慈欣『三体』。このたび、ひと足先に全文読めるチャンスをご紹介! ブックレビューコミュニティ「ブクログ」にて、ブクログユーザーのみな…

140万部突破! 超高級ホテルに軟禁された貴族の優雅な生活を描く小説『モスクワの伯爵』(エイモア・トールズ)

『モスクワの伯爵』エイモア・トールズ/ 宇佐川晶子訳/早川書房 全米140万部突破のベストセラー『モスクワの伯爵』は、いまも実在する超高級ホテルを舞台に、そこから…

ジェンダーギャップ指数で読み解く『三つ編み』。110位の日本ではどう読まれるか? 解説/髙崎順子氏

(書影・リンクは、Amazonにリンクしています) 『三つ編み』レティシア・コロンバニ/齋藤可津子訳/早川書房 境遇が異なる3人の女性たちを描く『三つ編み』。フランス…

早川書房、百合はじめます。ハヤカワ文庫の百合SFフェア

早川書房では6月20日(木)、百合SFアンソロジー『アステリズムに花束を』と月村了衛『機忍兵零牙〔新装版〕』、森田季節『ウタカイ 異能短歌遊戯』、矢部嵩『〔少女庭国 …

本格・推理・恐怖・奇想・密室……陳浩基の最新作登場! 『ディオゲネス変奏曲』訳者あとがき(稲村文吾)

『13・67』でミステリ読者を驚嘆させた香港人作家、陳浩基。彼のデビュー10周年を記念した自選短篇集『ディオゲネス変奏曲』も、読者を驚かせるような奇想とトリックに満ち…

あの人は『三体』をこう読んだ! 次々続々の反響をご紹介

発売が今年の7月4日(木)に決定しました劉慈欣『三体』。「予約した!」「楽しみ!」などの嬉しいお声をいただいています。 『三体』のいろいろな情報をご紹介している…