Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

    マガジン

    • ハヤカワSF

      ハヤカワ文庫SFや、新ハヤカワ・SF・シリーズなどの話題作品の解説、試し読みを公開中。

    • 電子書籍

      早川書房から配信されている電子書籍の話題、セールの告知、その他諸々関連する情報を発信します。

    • ハヤカワ・ミステリ

      「ハヤカワ・ミステリ」及び「ハヤカワ・ミステリ文庫」の話題作品の解説、試し読みを公開中。

    • ハヤカワ国内フィクション

      ハヤカワ文庫JAや単行本など、国内フィクション作品の試し読み原稿や解説などを公開中。

    • 転生令嬢と数奇な人生を

    記事一覧

    『三体』がひと足先に全文読める! 『三体』プルーフ(見本版)プレゼントのお知らせ【終了しました】

    7月4日(木)に発売を控えた劉慈欣『三体』。このたび、ひと足先に全文読めるチャンスをご紹介! ブックレビューコミュニティ「ブクログ」にて、ブクログユーザーのみな…

    140万部突破! 超高級ホテルに軟禁された貴族の優雅な生活を描く小説『モスクワの伯爵』(エイモア・トールズ)

    『モスクワの伯爵』エイモア・トールズ/ 宇佐川晶子訳/早川書房 全米140万部突破のベストセラー『モスクワの伯爵』は、いまも実在する超高級ホテルを舞台に、そこから…

    ジェンダーギャップ指数で読み解く『三つ編み』。110位の日本ではどう読まれるか? 解説/髙崎順子氏

    (書影・リンクは、Amazonにリンクしています) 『三つ編み』レティシア・コロンバニ/齋藤可津子訳/早川書房 境遇が異なる3人の女性たちを描く『三つ編み』。フランス…

    早川書房、百合はじめます。ハヤカワ文庫の百合SFフェア

    早川書房では6月20日(木)、百合SFアンソロジー『アステリズムに花束を』と月村了衛『機忍兵零牙〔新装版〕』、森田季節『ウタカイ 異能短歌遊戯』、矢部嵩『〔少女庭国 …

    本格・推理・恐怖・奇想・密室……陳浩基の最新作登場! 『ディオゲネス変奏曲』訳者あとがき(稲村文吾)

    『13・67』でミステリ読者を驚嘆させた香港人作家、陳浩基。彼のデビュー10周年を記念した自選短篇集『ディオゲネス変奏曲』も、読者を驚かせるような奇想とトリックに満ち…

    あの人は『三体』をこう読んだ! 次々続々の反響をご紹介

    発売が今年の7月4日(木)に決定しました劉慈欣『三体』。「予約した!」「楽しみ!」などの嬉しいお声をいただいています。 『三体』のいろいろな情報をご紹介している…

    『三体』がひと足先に全文読める! 『三体』プルーフ(見本版)プレゼントのお知らせ【終了しました】

    『三体』がひと足先に全文読める! 『三体』プルーフ(見本版)プレゼントのお知らせ【終了しました】

    7月4日(木)に発売を控えた劉慈欣『三体』。このたび、ひと足先に全文読めるチャンスをご紹介!

    ブックレビューコミュニティ「ブクログ」にて、ブクログユーザーのみなさんに特別に全文が読める試読版(プルーフ版)を10名様へ先出しプレゼントをおこなっています!

    詳細はこちら↓

    プルーフとは、再校段階のゲラを簡易製本した見本版のこと。イラストもカバーもついておらず、内容も再校段階のものです。これからさ

    もっとみる
    140万部突破! 超高級ホテルに軟禁された貴族の優雅な生活を描く小説『モスクワの伯爵』(エイモア・トールズ)

    140万部突破! 超高級ホテルに軟禁された貴族の優雅な生活を描く小説『モスクワの伯爵』(エイモア・トールズ)



    『モスクワの伯爵』エイモア・トールズ/
    宇佐川晶子訳/早川書房

    全米140万部突破のベストセラー『モスクワの伯爵』は、いまも実在する超高級ホテルを舞台に、そこから一歩も出ずに何十年も暮らすことになったロシア貴族を描く長篇小説。

    一見辛そうですが、紳士の流儀をつらぬく伯爵の生き方と絢爛豪華な内装が美しく綴られ、上質なユーモアとペーソスをかもしだし、極上の読書体験を与えてくれます。■試し読みは

    もっとみる
    ジェンダーギャップ指数で読み解く『三つ編み』。110位の日本ではどう読まれるか? 解説/髙崎順子氏

    ジェンダーギャップ指数で読み解く『三つ編み』。110位の日本ではどう読まれるか? 解説/髙崎順子氏



    (書影・リンクは、Amazonにリンクしています)
    『三つ編み』レティシア・コロンバニ/齋藤可津子訳/早川書房

    境遇が異なる3人の女性たちを描く『三つ編み』。フランスで書かれたにもかかわらず、実は、フランス人もフランスという国も出てきません。それはなぜか? そして、他の国が選ばれたのはどうしてか? 
    フランス在住のライター、髙崎順子氏による解説を公開します。

    ジェンダーギャップ指数で読み解

    もっとみる
    早川書房、百合はじめます。ハヤカワ文庫の百合SFフェア

    早川書房、百合はじめます。ハヤカワ文庫の百合SFフェア

    早川書房では6月20日(木)、百合SFアンソロジー『アステリズムに花束を』と月村了衛『機忍兵零牙〔新装版〕』、森田季節『ウタカイ 異能短歌遊戯』、矢部嵩『〔少女庭国 〕』をハヤカワ文庫JAより一挙刊行。伊藤計劃『ハーモニー』初代カバー版などを加え百合SFフェアを開催します。
    (新刊4点すべて電子版も同日配信)

    世界初の百合SFアンソロジー
    『アステリズムに花束を』

    百合――女性間の関係性を扱っ

    もっとみる
    本格・推理・恐怖・奇想・密室……陳浩基の最新作登場! 『ディオゲネス変奏曲』訳者あとがき(稲村文吾)

    本格・推理・恐怖・奇想・密室……陳浩基の最新作登場! 『ディオゲネス変奏曲』訳者あとがき(稲村文吾)

    『13・67』でミステリ読者を驚嘆させた香港人作家、陳浩基。彼のデビュー10周年を記念した自選短篇集『ディオゲネス変奏曲』も、読者を驚かせるような奇想とトリックに満ちています。

    その陳浩基とはどのような作家なのか、どのような作品を書いてきたのか? 華文ミステリの紹介者としても知られる翻訳者・稲村文吾氏による訳者あとがきを公開いたします。

    (書影をクリックするとAmazonにジャンプ)

     本書

    もっとみる
    あの人は『三体』をこう読んだ! 次々続々の反響をご紹介

    あの人は『三体』をこう読んだ! 次々続々の反響をご紹介

    発売が今年の7月4日(木)に決定しました劉慈欣『三体』。「予約した!」「楽しみ!」などの嬉しいお声をいただいています。
    『三体』のいろいろな情報をご紹介している本欄、今回は、一足先に『三体』を読んだみなさまのツイートをご紹介します!

    そして、海外ではこんな人も『三体』に大注目!

    早くも話題沸騰の『三体』。発売は7月4日(木)です!
    待ちきれないかたはぜひこちらでご予約を。(Amazonページに

    もっとみる