ハヤカワ・ミステリ

150

アガサ・クリスティー・フェア開催! 全点50%OFF+『アガサ・クリスティー完全攻略〔決定版〕』が100円!

フジテレビで放映されてきた「脚本・三谷幸喜×原作・アガサ・クリスティー×主演・野村萬斎」のSPドラマシリーズ。『オリエント急行殺人事件』(2015年)、『黒井戸殺し』(2018年)に続く第3弾『死との約束』が2021年3月6日に放送決定! 

この『死との約束』の放送を記念して、アガサ・クリスティー作品全点が50%OFFとなる電子書籍フェアを開催します! 期間は2月26日~3月11日まで。以下、今

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
40

作中作が7作も!? 話題沸騰確実の海外ミステリ『第八の探偵(仮)』がゲラで読める! 読者モニター募集キャンペーン実施

 早川書房では、いま海外で大いに話題となっているミステリ、『第八の探偵(仮)』(アレックス・パヴェージ著/鈴木恵訳)を、ハヤカワ・ミステリ文庫より本年4月に邦訳刊行! その読者モニターを募集いたします。

              (英版表紙)

 『探偵小説の順列』という独自の数学的持論に基づいて、探偵小説黄金時代に1冊の短篇集『ホワイトの殺人事件集』を刊行して以来、人との関わりを断って地中海

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
34

【作家・麻耶雄嵩氏の推薦コメント公開!】エラリイ・クイーン『十日間の不思議〔新訳版〕』2月17日発売!

◎巨匠エラリイ・クイーンの代表作がついについに新訳版で登場!

 大変お待たせいたしました。今月17日、早川書房ではミステリ界の巨匠エラリイ・クイーンの『十日間の不思議〔新訳版〕』(訳=越前敏弥)をハヤカワ・ミステリ文庫より刊行いたします。

 ながらく新訳版刊行が待ち望まれていた、エラリイ・クイーン円熟期を代表する傑作です。

◎作家・麻耶雄嵩氏の推薦コメント紹介!

 この度の刊行に際して、作

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
45

〈このミステリがヤバい!〉本格ミステリ厳選フェア開催中! 青崎有吾・阿津川辰海・斜線堂有紀・円居挽各氏推薦&名作『キドリントンから消えた娘』復刊!

 早川書房ではハヤカワ・ミステリ文庫レーベルより〈このミステリがヤバい!〉フェアを全国書店で開催中! 超安直なフェア名ですが、語彙が脳から消滅するほどのサプライズに満ちた‟ヤバい”本格ミステリ作品を厳選しました! 人気ミステリ作家の方々からいただいた推薦コメントとともに、各作品をご紹介いたします。

『キドリントンから消えた娘』コリン・デクスター/大庭忠男訳

青崎有吾氏 推薦!――「メインテーマ

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
49

迫真の報道×警察小説『ダークナンバー』続篇、登場!

横正賞作家・長沢樹氏のヒット作、『ダークナンバー』の続篇にあたる『イン・ザ・ダスト』が刊行されました! 長沢氏のデビュー10周年にあたる作品です。

警察組織になじめない心理分析官・渡瀬敦子と、報道局で異端とされながらも記者魂をもってあがく土方玲衣が奇妙なタッグを組み、関東近郊を震撼させる連続凶悪犯罪に挑む「警察×報道小説」。

『イン・ザ・ダスト』
長沢 樹
本体1000円+税
ハヤカワ文庫JA

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。
13

第10回アガサ・クリスティー賞関連作揃い踏み!

 第10回アガサ・クリスティー賞の受賞作及び惜しくも受賞を逃した候補作のひとつが出版されましたので、ここで改めてご紹介させてください!

【大賞】受賞作

『地べたを旅立つ 掃除機探偵の推理と冒険』
そえだ 信
早川書房 46判並製
1700円+税

 掃除じゃない、捜査だ! 受賞直後から「掃除機ミステリ」という前代未聞のパワーワードで話題を呼んだ、そえだ信氏の第10回アガサ・クリスティー賞大賞受

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
27

今月25日発売のミステリマガジン最新号はエラリイ・クイーン特集! 有栖川有栖×綾辻行人×法月綸太郎×麻耶雄嵩の豪華座談会も掲載!

 今月1月25日発売のミステリマガジン2021年3月号は〈クイーンのライツヴィル〉と題して、本格ミステリの巨匠エラリイ・クイーンの特集を掲載します。 

〈国名シリーズ〉や〈悲劇〉四部作で知られるクイーンですが、今回は彼の円熟期におけるもう一つの作品群、架空の都市ライツヴィルを舞台にした『災厄の町』に始まる〈ライツヴィル〉ものにフォーカスを当て、その魅力に迫ります。

 人気本格ミステリ作家の有栖

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
35

【宮部みゆきさん&江國香織さんの書評で話題に】ミステリ新人賞三冠の大作! アンジー・キム『ミラクル・クリーク』

 読売新聞にて宮部みゆき氏に、毎日新聞にて江國香織氏に書評に取り上げていただき、注目を集めている法廷ミステリ『ミラクル・クリーク』。
 ミステリ界の最高権威であるエドガー賞(アメリカ探偵作家クラブ賞)をはじめ、ミステリ新人賞三冠を成し遂げた本作はいったいどんな作品なのか? ご紹介いたします。

〇あらすじ

 物語の舞台はアメリカ合衆国バージニア州郊外の小さな町ミラクル・クリーク。この町に移ってき

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
15

【作家・綾辻行人氏推薦!】エラリイ・クイーン『フォックス家の殺人〔新訳版〕』12月17日発売!

◎エラリイ・クイーンの本格ミステリが新訳版で登場!

 今月17日、早川書房ではミステリ界の巨匠エラリイ・クイーンの『フォックス家の殺人〔新訳版〕』(訳=越前敏弥)をハヤカワ・ミステリ文庫より刊行いたします。

 傷ついた戦争の英雄が故郷に帰ってきたとき、過去の毒殺事件の扉が開く。はたして名探偵エラリイは12年前の事件の謎を解き明かすことが出来るのか!?

◎作家・綾辻行人氏の推薦コメント紹介!

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
32

未来への花束。SFマガジン「百合特集2021」内容紹介

12/25発売のSFマガジン2021年2月号、百合特集2021の全貌を公開します。合計200ページに迫る最大ボリュームの特集となって、雑誌自体も64ページ増の特別増大号となりました。史上初の3刷となった2018年の特集から2年。より広く深く百合とSFを編んでいく総力特集です。

SFマガジン2021年2月号
特別増大号 百合特集2021

●『裏世界ピクニック』TVアニメ化!

『裏世界ピクニック

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
101