ハヤカワ・ミステリ

92
記事

『三体』も、『三つ編み』も、『ミレニアム6』も。国内外約1,000作品が最大50%割引、 「春のハヤカワ電子書籍祭」開催!

春は出会いの季節。
新しい作家、新しい小説、新しい電子書籍に出会ってみませんか?
全1,000点超え、ミステリからSF、海外文芸からノンフィクションまで、自信を持ってお薦めする作品を集めて、早川書房が最大規模でお贈りする電子書籍セールがスタートします。
期間は3月13日(金)~4月13日(月)の32日間(実施期間も過去最長です)。Kindleストア限定、最大50%割引で読者のみなさまにお届けします

もっとみる
スキありがとうございます!
85

ザリガニはどこで鳴くか~北上次郎の早出し版「勝手に文庫解説2」~

「勝手に文庫解説」とは…
 書評家には、読んだ瞬間、解説を書きたいという衝動につき動かされるときがある。しかしながら、縁に恵まれなかったり、むしろ文庫化まで待ちきれないとき、書評家はどうするべきか。書けばいいのだ。本連載では、旧刊から新刊まで、私(北上次郎)の書きたい文庫解説を後出し先乗りでご披露するものである。

ミステリマガジン5月号(3/25発売)より先行掲載
「勝手に文庫解説2」
北上次郎

もっとみる
スキありがとうございます!
21

〝第一級の誘拐小説として、自信をもってお薦めすることができる〟――書評家 杉江松恋氏による『ザ・チェーン 連鎖誘拐』解説を公開

好評発売中の『ザ・チェーン 連鎖誘拐』(エイドリアン・マッキンティ著/鈴木恵訳)より、書評家 杉江松恋氏の解説を掲載いたします。

解説 杉江松恋(書評家)

    エイドリアン・マッキンティの根底には怒りがある。
 それが内に向かえば苦い自己否定、外に向かえばくだらない社会への憎悪。
 激しい感情のうねりを、極力制御し、冷ややかな文章へと置き換える。
 そういう過程を経て、マッキンティ作品は出

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
10

米ミステリ界の巨匠ドン・ウィンズロウによる『ザ・チェーン 連鎖誘拐』著者へのインタビューを特別掲載

『犬の力』『ザ・カルテル』『ザ・ボーダー』などで知られる米ミステリ界の巨匠ドン・ウィンズロウ。彼が『ザ・チェーン 連鎖誘拐』著者エイドリアン・マッキンティに創作の秘密を尋ねたインタビュー記事を特別掲載いたします。

二〇一九年九月二十一日

ドン・ウィンズロウ(以下DW) エイドリアン、いそがしかったこの夏が終わって、今はどうしてる?

エイドリアン・マッキンティ(以下AM) 元気でいますよ、あな

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
13

ハマる声続出!『シャーリー・ホームズとバスカヴィル家の狗』ガイドその2

本日2月21日、221B、すなわち「ホームズの日」にちなんだ作品をご紹介いたします。半電脳顧問探偵シャーリーと、その相棒とのだめんず好き女医ジョーが、21世紀の現代ロンドンを舞台に、本家コナン・ドイルの設定から登場人物全員の性別を逆転させたホームズ・パスティーシュ『シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱』待望の続編『シャーリー・ホームズとバスカヴィル家の狗』に、早川書房社内でもハマる声続出です。

好評

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
23

娘を返してほしければ、他人の子供を誘拐しろ――傑作小説『ザ・チェーン 連鎖誘拐』衝撃の冒頭部を掲載

現在好評発売中の〝誘拐〟スリラー小説『ザ・チェーン 連鎖誘拐』より、激烈なインパクトの冒頭部分を公開いたします。



 木曜日、午前七時五十五分

 バス停に腰をおろして自分のインスタグラムの〝いいね〟をチェックしていたので、銃を持った男に気づいたときには、男はもうほとんどカイリーの横まで来ている。
 学校鞄を放り出して湿地へ逃げられるかもしれない。こっちは十三歳のすばしこい女の子だし、プラム

もっとみる
スキありがとうございます!
21

世界で絶賛! 『ザ・チェーン 連鎖誘拐』あの人気作家の方々からの推薦コメント公開!

いよいよ今週2月20日(木)に発売が迫る『ザ・チェーン 連鎖誘拐』(エイドリアン・マッキンティ著/鈴木恵訳)。本書に寄せられた人気作家の方々からの推薦コメントを公開いたします! (本書のイントロダクション記事はこちら)

身代金は怪物(モンスター)になること。誘拐の手口はここまで邪悪に進化した!
          ――長岡弘樹(『教場』著者)

どうしたらこんな物語(プロット)を思いつけるのか。

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
20

早川書房激推し! 本年刊行予定の華文ミステリをご紹介!

去る2月15日に行舟文化・文藝春秋・早川書房の三社合同で開催された「この華文ミステリがアツい!」。各社が今年イチオシの華文ミステリをアピールしたそのイベントにて、早川書房が猛プッシュした作品をこちらのnoteでもご紹介いたします。

『死亡通知単(仮)』(周浩暉 著/稲村文吾 訳)

劇場型シリアルキラーと警察との死闘! 華文ミステリの最高峰、ついに邦訳!
2002年、有能で知られた刑事が何者かに

もっとみる
スキありがとうございます!
26

大注目の〝誘拐〟スリラー小説『ザ・チェーン 連鎖誘拐』とは?

昨年から話題となっていた作品が遂に登場!

小社ミステリ班が自信をもってお送りする大作スリラー『ザ・チェーン 連鎖誘拐』(エイドリアン・マッキンティ著/鈴木恵 訳)が、2月20日にハヤカワ・ミステリ文庫よりついに刊行です! 

昨年12月に先読みゲラ読者モニターを募集したところ、定員を大きく上回る応募者が殺到しました。実際にお読みいただいたモニターや書店員の方からは「非常におもしろく斬新なストーリ

もっとみる
スキありがとうございます!
21

この名探偵、クセが凄すぎる!? 『生物学探偵セオ・クレイ 街の狩人』訳者あとがき公開

昨年シリーズ第一作『生物学探偵セオ・クレイ 森の捕食者』が邦訳刊行後、そのあまりに個性的な主人公の描写で日本のミステリ読者に強烈なインパクトを残した〈生物学探偵〉シリーズ。その第二弾『生物学探偵セオ・クレイ 街の狩人』が今月発売となりました。前作でも警察から証拠品を盗み出すなど破天荒な行動が目立ったセオ・クレイは、今回さらにパワーアップ。いきなりバーチャル・リアリティ空間から登場してテロを阻止した

もっとみる
スキありがとうございます!
25