マガジンのカバー画像

ハヤカワ・ミステリ

336
「ハヤカワ・ミステリ」及び「ハヤカワ・ミステリ文庫」の話題作品の解説、試し読みを公開中。
運営しているクリエイター

記事一覧

【『ミレニアム7』発売記念】〈ミレニアム〉既刊六部作全作レヴュー 樹下堅二郎(ライター)

【『ミレニアム7』発売記念】〈ミレニアム〉既刊六部作全作レヴュー 樹下堅二郎(ライター)

 世界のミステリを変えてしまったシリーズがある。二〇〇五年のスウェーデンでの刊行を経て、二〇〇八年に英訳された〈ミレニアム〉三部作は、各国で大ベストセラーとなった。国際的な書店ツアーや大々的なタイアップがあったわけではない。なにしろスウェーデンでジャーナリストとしても活動していた著者のスティーグ・ラーソンは、三部作の刊行直前に急逝し、自著が書店に並ぶ様を見ることすら叶わなかったのだから、それがどれ

もっとみる
もしも日本にAI裁判官が導入されたら?『AI法廷の弁護士』解説

もしも日本にAI裁判官が導入されたら?『AI法廷の弁護士』解説

竹田人造さんの『AI法廷の弁護士』が発売! もしも日本にAI裁判官が導入されたら?という設定でハッカー弁護士の活躍を描く本作。「そんなの好きですよ。ズルい。」by品田遊(ダ・ヴィンチ・恐山)さん、「極限までアップデートされたエンタメ法廷劇」by五十嵐律人さん、と各所から大絶賛!

発売を記念して、ミステリ評論家の千街晶之さんによる解説を公開します。

『AI法廷の弁護士』解説 千街晶之

 裁判官

もっとみる
「令和のデビュー作五傑」に入ることは間違いない。『サーキット・スイッチャー』解説

「令和のデビュー作五傑」に入ることは間違いない。『サーキット・スイッチャー』解説

安野貴博さんの『サーキット・スイッチャー』が発売! 完全自動運転車が人質を爆弾を載せて首都高を占拠する事件を描く令和最新のAIサスペンス。「エンタメ要素の全てを網羅」by小島秀夫監督、「これは数年後のあなたが直面するミステリ」by斜線堂有紀さん、と各所から大絶賛!

発売を記念して、ライターの吉田大助さんによる解説を公開します。

『サーキット・スイッチャー』解説 吉田大助  

 作家取材や書

もっとみる
【竹本健治さん推薦!】これはミステリなのか、それとも? ダン・マクドーマン『ポケミス読者よ信ずるなかれ』【4月5日発売】

【竹本健治さん推薦!】これはミステリなのか、それとも? ダン・マクドーマン『ポケミス読者よ信ずるなかれ』【4月5日発売】

新感覚の読書体験。あなたのみたことないミステリがここにある!
「これはミステリなのか!?」と話題沸騰の『ポケミス読者よ信ずるなかれ』。
既にお読みいただいた読者モニターの皆様からも反響を続々いただいています!
本記事ではそんな問題作に寄せられた感想をご紹介していきます。

【あらすじ】私立探偵のマカニスは、とある人物から招待されて、人里離れた会員制狩猟クラブを訪れた。会員たちがクラブの存続問題など

もっとみる
【ハヤカワ・ポケット・ミステリ70周年記念グッズ2点セット】あのビッグトートとブックカバーがセットで手に入る!

【ハヤカワ・ポケット・ミステリ70周年記念グッズ2点セット】あのビッグトートとブックカバーがセットで手に入る!

ハヤカワ・ポケット・ミステリ(通称:ポケミス)の創刊70周年を記念したビッグトートと、ポケミス対応ブックカバーがセットになって発売されました。今ならセット特別価格12,000円(税込)と、個別に購入するよりお買い得です。デザインは、ポケミス装丁担当の水戸部功が担当。それぞれに「ポケミス創刊70周年記念ロゴ」と、内側に〈HAYAKAWA FACTORY〉タグが付いています。

ビッグトートは耐久性抜

もっとみる
【3月6日発売】本好きに贈るメタミステリ『ボストン図書館の推理作家』サラーリ・ジェンティル 著、不二淑子 訳

【3月6日発売】本好きに贈るメタミステリ『ボストン図書館の推理作家』サラーリ・ジェンティル 著、不二淑子 訳

早川書房はハヤカワ・ミステリ文庫より、2024年3月6日に、サラーリ・ジェンティル『ボストン図書館の推理作家』(原題:THE WOMAN IN THE LIBRARY)を刊行いたします。

サラーリ・ジェンティル『ボストン図書館の推理作家』
翻訳:不二淑子
定価:1,640円(+税)
刊行日:2024年3月6日(電子版同時発売)
カバーイラスト:旭ハジメ
カバーデザイン:早川書房デザイン室
ISB

もっとみる
【大好評発売中!】中国歴史サスペンス超大作 馬伯庸『両京十五日』特別試し読み!

【大好評発売中!】中国歴史サスペンス超大作 馬伯庸『両京十五日』特別試し読み!

発売後すぐに話題となったハヤカワ・ミステリ(ポケミス)2000番記念作品『両京十五日Ⅰ 凶兆』(馬伯庸/齊藤正高、泊功訳)。
15世紀の中国・明を舞台に、南京から北京までの皇太子一行の冒険を描くいまだかつてない壮大な歴史サスペンス大作の序章~第一章を特別公開!
翻訳ミステリ史に刻まれた新たな傑作をぜひ体験してみてください!

序 今夜の金陵の城はどこかちがう。

 秦淮河の柳がザワザワと細い枝をふ

もっとみる
探偵公妃と堅物大尉のクリスティー賞受賞シリーズ2カ月連続刊行!

探偵公妃と堅物大尉のクリスティー賞受賞シリーズ2カ月連続刊行!

第10回アガサ・クリスティー賞優秀賞に輝いた、宮園ありあさんの『ヴェルサイユ宮の聖殺人』が先月、待望の文庫化をしました!

フランス革命が数年後に迫る、黄昏時のブルボン王朝。崩壊の兆しはそこかしこにあるものの、国王ルイ16世と王妃マリー=アントワネットを頂点とする、絢爛豪華を極めたヴェルサイユ宮廷。その宮殿の中の一室で、殺人事件が起きたことから、舞台の幕が開きます。

*あらすじ*

1782年5

もっとみる
 【記念すべきポケミス2000番作品はこれ!】中国歴史サスペンス超大作 馬伯庸『両京十五日』田中芳樹さんからの推薦が到着!【2月16日発売】

【記念すべきポケミス2000番作品はこれ!】中国歴史サスペンス超大作 馬伯庸『両京十五日』田中芳樹さんからの推薦が到着!【2月16日発売】

 2023年9月に創刊70周年を迎えたハヤカワ・ミステリ(ポケミス)。通巻2000番となる特別作品『両京十五日』馬伯庸/齊藤正高・泊功 訳)をいよいよ2月16日に発売します!
15世紀の中国・明を舞台に、南京から北京までの皇太子一行の冒険を描く歴史サスペンス大作を『Ⅰ 凶兆』『Ⅱ 天命』と2分冊の形で、2月・3月と連続刊行予定です。

 この度、作家の田中芳樹さんに『両京十五日』の推薦コメントをい

もっとみる
【記念すべきポケミス2000番作品はこれ!】 史実の裏面を突く中国歴史サスペンス超大作、馬伯庸『両京十五日』【2月16日発売】

【記念すべきポケミス2000番作品はこれ!】 史実の裏面を突く中国歴史サスペンス超大作、馬伯庸『両京十五日』【2月16日発売】

 2023年9月に創刊70周年を迎えたハヤカワ・ミステリ(ポケミス)は、創刊記念ラインナップとして6カ月に渡って世界各国の傑作ミステリを紹介してまいりました。その掉尾を飾る作品にして、通巻2000番となる特別作品『両京十五日』馬伯庸/齊藤正高・泊功 訳)がいよいよ登場です。15世紀の中国・明を舞台に、南京から北京までの皇太子一行の冒険を描く歴史サスペンス大作を『Ⅰ凶兆』『Ⅱ天命』と2分冊の形で、2

もっとみる
2024年の早川書房の翻訳ミステリ&NVラインナップから大注目作をご紹介!

2024年の早川書房の翻訳ミステリ&NVラインナップから大注目作をご紹介!

あけましておめでとうございます。
旧年中は読者の皆さまには大変お世話になりました。
年賀状の代わりとして、2024年に刊行予定の翻訳ミステリ&NV作品ラインナップのなかから、一部を皆さまにご紹介いたします。今年の早川書房も大作・話題作がドシドシ登場!
※タイトルは一部を除き原題および仮題です。

〇今年も絶対に見逃せない作品が勢ぞろい!今年の早川書房のミステリも、絶対に見逃せない作品が勢ぞろい! 

もっとみる
12/7発売 ”マクドナーとアイルランド演劇” 特集の全貌!(『悲劇喜劇』24年1月号)

12/7発売 ”マクドナーとアイルランド演劇” 特集の全貌!(『悲劇喜劇』24年1月号)

演劇界・映画界をリードするマーティン・マクドナー。
アイルランド人の両親を持ち、イギリス育ちである彼の演劇作品は、
どの程度「アイルランド演劇」なのか──。
『悲劇喜劇』24年1月号では、マクドナーと、ベケット以降の現代アイルランド演劇双方の魅力を、作家・作品・文化慣習の面から紐解きます。

▽掲載戯曲はこちら

・『海をゆく者/The Seafarer』
コナー・マクファーソン作、小田島恒志訳

もっとみる
【〈メグレ警視〉シリーズ復刊企画第三弾!】『メグレとマジェスティック・ホテルの地階〔新訳版〕』解説全文公開!

【〈メグレ警視〉シリーズ復刊企画第三弾!】『メグレとマジェスティック・ホテルの地階〔新訳版〕』解説全文公開!

『メグレと若い女の死〔新訳版〕』『サン・フォリアン教会の首吊り男〔新訳版〕』に続く〈メグレ警視〉シリーズ新訳復刊企画第三弾『メグレとマジェスティック・ホテルの地階〔新訳版〕』。メグレを知っているという方も、メグレは読んだことがないよという方も、ぜひお手に取ってみてください!
 本日は、その『メグレとマジェスティック・ホテルの地階〔新訳版〕』の解説を全文公開いたします!

解説
 本書『メグレとマジ

もっとみる
【試し読み】大人気〈刑事ワシントン・ポー〉シリーズ最新作。でも、ここから読んでも面白い!『グレイラットの殺人』冒頭公開

【試し読み】大人気〈刑事ワシントン・ポー〉シリーズ最新作。でも、ここから読んでも面白い!『グレイラットの殺人』冒頭公開

 大人気〈刑事ワシントン・ポー〉シリーズ最新作『グレイラットの殺人』(M・W・クレイヴン/東野さやか訳)は好評発売中!
 サミット開催が迫る英国で、刑事ポーと相棒ティリーが大活躍! 英国推理作家協会賞最優秀スリラー小説賞(スティール・ダガー)を受賞した傑作ミステリの冒頭を特別公開です。
 シリーズを読むのは初めてという人でも本作から読めます! ぜひお楽しみください。

〇シリーズこれまでのあらすじ

もっとみる