ハヤカワ・ミステリ

120

【祝!】アガサ・クリスティー デビュー100周年&生誕130周年記念特別情報

〇2020年は世界的作家アガサ・クリスティーのアニバーサリー・イヤー!

 2020年9月15日は、ミステリ界の女王アガサ・クリスティーが生誕してから130周年にあたります。また、本年は長篇小説『スタイルズ荘の怪事件』でクリスティーがデビューを果たしてからちょうど100周年でもあります。著作の累計部数は20億部を超え(ギネス記録!)、世界中でいまなお絶大な人気をもつクリスティーのアニバーサリー・イ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。
40

英国ミステリ界でナンバー・ワンの大型新シリーズ!『ストーンサークルの殺人』9月3日発売

◎イギリス・ミステリ界の頂点! ゴールド・ダガー受賞の話題作登場

 2020年9月3日、イギリス・ミステリの話題作『ストーンサークルの殺人』(M・W・クレイヴン/東野さやか訳)がハヤカワ・ミステリ文庫から発売です。本作はイギリス版FBIとも称される法執行機関、NCA(国家犯罪対策庁)に所属する警官ワシントン・ポーを主役に据えた〈ワシントン・ポー〉シリーズの第1作です。

 小社が刊行するミステリ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。
28

中国ベストセラー作家の意外なデビューのきっかけとは?――『死亡通知書 暗黒者』訳者あとがき公開

刊行以来大反響をいただいております華文ミステリの最高峰、周浩暉『死亡通知書 暗黒者』。今回、翻訳者の稲村文吾氏による訳者あとがきを掲載いたします。(稲村氏による本書の詳細な書誌情報はこちら)

訳者あとがき

 本書は中国の作家、周浩暉(しゅう・こうき/ジョウ・ハオフイ)が二〇〇八年に発表した長篇『死亡通知单』の全訳です。
 舞台となるのは中国大陸のある省の省都、A市。事件は、公安局(警察署)内で

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
16

年間ミステリ・ランキング1位作家が放つ超大作クライム・ノヴェル『三分間の空隙』発売中!

ついに刊行! 『三分間の空隙』上・下(アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム著/ヘレンハルメ美穂訳)が好評発売中です。

◎『三分間の空隙』とは?

 本作は、犯罪小説の金字塔『熊と踊れ』で〈このミステリーがすごい!〉〈ミステリが読みたい!〉の二冠を達成したアンデシュ・ルースルンドと、元服役囚という異色の経歴を持つベリエ・ヘルストレムがタッグを組んで生み出した北欧最高峰の社会派ミステリ〈グ

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
26

秋の夜長を読み通せ! 早川書房2019~2020ミステリ総ざらいPart2

雨が降ろうとパンダが降ろうと読書に支障はありません。読みましょう読みましょう。

ステイホーム読書の秋に、早川書房が誇る上質なミステリはいかが?
2019年11月から今月発売の新刊まで、この1年間で刊行された作品を担当編集者のコメントと共に一挙ご紹介いたします。

Part2では、2020年5月から2020年9月までの刊行(予定)作品をご紹介いたします。2020年4月以前の作品はPart1をご覧く

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
29

秋の夜長に読み通せ! 早川書房2019~2020ミステリ総ざらいPart1

一気に気温が下がりましたね! 手汗でページがぴろぴろすることも少なくなります。さあさ、読みましょう読みましょう。

ステイホーム読書の秋に、早川書房が誇る上質なミステリはいかが?
2019年11月から今月発売の新刊まで、この1年間で刊行された作品を担当編集者のコメントと共に一挙ご紹介いたします。

Part1では、2019年11月から2020年4月までに刊行された作品をご紹介いたします。2020年

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。
32

圧倒的大反響につき緊急重版中! ロアルド・ダールの名作短篇「南から来た男」(『あなたに似た人〔新訳版〕Ⅰ』)の魅力とは?

先日放送されたテレビ番組でタレントのカズレーザーさんにご紹介いただいて以来、小社の在庫が一瞬で消えてしまうほどの大反響をいただいた短篇小説集『あなたに似た人〔新訳版〕』。全国各地で話題沸騰につき、ただいま緊急で大重版中です。

 著者のロアルド・ダールは映画化もされた『チャーリーとチョコレート工場』を筆頭に数々の名作児童書を送り出した作家ですが、キレ味鋭い短篇小説の名手としても知られています。その

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です
40

『死亡通知書 暗黒者』世界で絶賛の中国ミステリ界のベストセラー、ついに邦訳!

この度、早川書房は、昨今の翻訳ミステリ界の新潮流として注目されている華文(中国語圏)ミステリの中でも、世界的な高評価を受けている傑作『死亡通知書 暗黒者』を本年8月5日に発売いたします。

◎『死亡通知書 暗黒者』とは?

 本年2月に開催された華文(中国語圏)ミステリのイベントでの刊行発表以来、大きな反響をいただきました『死亡通知書 暗黒者』。
 本書著者の周 浩暉(しゅう こうき/ジョウ・ハオ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
35

2020年はアガサ・クリスティー・イヤー! デビュー100周年&生誕130周年記念の新訳版ラインナップ発表

2020年は作家アガサ・クリスティーの生誕130周年にして、『スタイルズ荘の怪事件』でデビューしてから100周年にあたる記念の年。本年、早川書房はクリスティー文庫から、豪華翻訳陣による新訳版を6カ月連続刊行いたします。

2020年
5月 『予告殺人〔新訳版〕』 羽田詩津子訳
6月 『雲をつかむ死〔新訳版〕』田中一江訳
7月 『メソポタミヤの殺人〔新訳版〕』田村義進訳
8月 『ポケットにライ麦を〔

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
53

【『レッド・メタル作戦発動』刊行記念・連続エッセイ/冒険・スパイ小説の時代】気品あふれるロマンティシズム(池上冬樹)

冒険アクション大作『レッド・メタル作戦発動』(マーク・グリーニー&H・リプリー・ローリングス四世、伏見威蕃訳)刊行を記念し、1970~80年代の冒険・スパイ小説ブームについて作家・書評家・翻訳家が語る連続エッセイ企画を行います。
最終回の第11回は文芸評論家・池上冬樹さんです。

***

 2月中旬、女性騎手の藤田菜七子が落馬して鎖骨を骨折したというニュースをきいたとき、きつくテーピングして、翌

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。
15