ハヤカワ・ミステリ

120

【祝!】アガサ・クリスティー デビュー100周年&生誕130周年記念特別情報

〇2020年は世界的作家アガサ・クリスティーのアニバーサリー・イヤー!

 2020年9月15日は、ミステリ界の女王アガサ・クリスティーが生誕してから130周年にあたります。また、本年は長篇小説『スタイルズ荘の怪事件』でクリスティーがデビューを果たしてからちょうど100周年でもあります。著作の累計部数は20億部を超え(ギネス記録!)、世界中でいまなお絶大な人気をもつクリスティーのアニバーサリー・イ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。
40

英国ミステリ界でナンバー・ワンの大型新シリーズ!『ストーンサークルの殺人』9月3日発売

◎イギリス・ミステリ界の頂点! ゴールド・ダガー受賞の話題作登場

 2020年9月3日、イギリス・ミステリの話題作『ストーンサークルの殺人』(M・W・クレイヴン/東野さやか訳)がハヤカワ・ミステリ文庫から発売です。本作はイギリス版FBIとも称される法執行機関、NCA(国家犯罪対策庁)に所属する警官ワシントン・ポーを主役に据えた〈ワシントン・ポー〉シリーズの第1作です。

 小社が刊行するミステリ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。
28

中国ベストセラー作家の意外なデビューのきっかけとは?――『死亡通知書 暗黒者』訳者あとがき公開

刊行以来大反響をいただいております華文ミステリの最高峰、周浩暉『死亡通知書 暗黒者』。今回、翻訳者の稲村文吾氏による訳者あとがきを掲載いたします。(稲村氏による本書の詳細な書誌情報はこちら)

訳者あとがき

 本書は中国の作家、周浩暉(しゅう・こうき/ジョウ・ハオフイ)が二〇〇八年に発表した長篇『死亡通知单』の全訳です。
 舞台となるのは中国大陸のある省の省都、A市。事件は、公安局(警察署)内で

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。
16

年間ミステリ・ランキング1位作家が放つ超大作クライム・ノヴェル『三分間の空隙』発売中!

ついに刊行! 『三分間の空隙』上・下(アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム著/ヘレンハルメ美穂訳)が好評発売中です。

◎『三分間の空隙』とは?

 本作は、犯罪小説の金字塔『熊と踊れ』で〈このミステリーがすごい!〉〈ミステリが読みたい!〉の二冠を達成したアンデシュ・ルースルンドと、元服役囚という異色の経歴を持つベリエ・ヘルストレムがタッグを組んで生み出した北欧最高峰の社会派ミステリ〈グ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です
26

圧倒的大反響につき緊急重版中! ロアルド・ダールの名作短篇「南から来た男」(『あなたに似た人〔新訳版〕Ⅰ』)の魅力とは?

先日放送されたテレビ番組でタレントのカズレーザーさんにご紹介いただいて以来、小社の在庫が一瞬で消えてしまうほどの大反響をいただいた短篇小説集『あなたに似た人〔新訳版〕』。全国各地で話題沸騰につき、ただいま緊急で大重版中です。

 著者のロアルド・ダールは映画化もされた『チャーリーとチョコレート工場』を筆頭に数々の名作児童書を送り出した作家ですが、キレ味鋭い短篇小説の名手としても知られています。その

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
40

『死亡通知書 暗黒者』世界で絶賛の中国ミステリ界のベストセラー、ついに邦訳!

この度、早川書房は、昨今の翻訳ミステリ界の新潮流として注目されている華文(中国語圏)ミステリの中でも、世界的な高評価を受けている傑作『死亡通知書 暗黒者』を本年8月5日に発売いたします。

◎『死亡通知書 暗黒者』とは?

 本年2月に開催された華文(中国語圏)ミステリのイベントでの刊行発表以来、大きな反響をいただきました『死亡通知書 暗黒者』。
 本書著者の周 浩暉(しゅう こうき/ジョウ・ハオ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
35

「数学テーマは苦手……」と迷っている方にもおすすめ。ノヴァ・ジェイコブス『博士を殺した数式』訳者あとがき公開

「数学テーマは苦手……」と迷っている方にもおすすめ! 本書のあらすじと読みどころを紹介している、訳者の高里ひろさんによるあとがきを公開します。

     『博士を殺した数式』ノヴァ・ジェイコブス/高里ひろ〈訳〉好評発売中!

    訳者あとがき

 高里ひろ

 数学者であるということは、数学に内在する美はいうまでもなく、虹の形や色彩、犬の歩調の正確なリズムといった日常世界の数学的な美しさに出

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
34

食わず嫌いはもったいない。手軽に読めるポケミス入門

正直に言います。入社前、熱心なミステリ読みではなかった私にとって、ポケミスのハードルは高かった!! 

 1953年創刊のミステリ叢書〈ハヤカワ・ポケット・ミステリ〉。毎月1冊刊行、ミステリファンの方々には言うまでもなくおなじみのシリーズです。
 書店の棚にずらっとささった威圧感、ビニールのカバー、目に鮮やかな黄色の小口。お値段も高いし、通好みなたずまいが「ミステリファン御用達」といった感じで、ど

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
78

【反響続々!】徹夜覚悟のノンストップ・サスペンス『パーキングエリア』が面白い!

6月18日発売のハヤカワ・ミステリ文庫に、手に汗握る一気読みのサスペンス、テイラー・アダムス『パーキングエリア』(原題:NO EXIT)が登場です。この記事では本作の内容紹介に加え、「ソリッド・シチュエーション・スリラーの新たな傑作」、「ラスト1ページまで驚かせ楽しませてくれるサービス精神に満ちた一冊」などなど、書店員さんから届いた絶賛コメントもご紹介いたします。

 テイラー・アダムス/東野さや

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。
24

無事発売にこぎつけたポケミス5月刊『果てしなき輝きの果てに』を語る

5月26日。無事発売にこぎつけたポケミス5月刊リズ・ムーア『果てしなき輝きの果てに』。これですね、コロナで半月発売が延びたんですけども、その分、編集担当として何度も読み返す時間ができまして、そうすると飽きてしまうこととかもあってもおかしくないんですけど、不思議なことに読み返すほど面白くなる本だったんです。

『果てしなき輝きの果てに』
リズ・ムーア
竹内要江訳
ハヤカワ・ミステリ
ISBN978-

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
25