マガジンのカバー画像

ハヤカワ国内フィクション

440
ハヤカワ文庫JAや単行本など、国内フィクション作品の試し読み原稿や解説などを公開中。
運営しているクリエイター

#早川書房

(6/7)【8/17発売まで、冒頭試し読みをカウントダウン連載!】山口優『星霊の艦隊1』冒頭連載第6回!

(6/7)【8/17発売まで、冒頭試し読みをカウントダウン連載!】山口優『星霊の艦隊1』冒頭連載第6回!

光速の10万倍で銀河渦腕を縦横に巡り、
人とAIが絆を結ぶ!
銀河級のスペースオペラ・シリーズ開幕!

3カ月連続刊行の開始を記念して、発売日の8/17まで、毎日1節ずつ6節までを無料連載!
発売日朝に、ちょうど第1章を読み終われます!(編集部)

6

〈大和帝律星〉が星域・霊域ともに全面的に高次元攻撃を受け、特に星律系第三惑星〈仁央星〉に所在する〈氷見名市〉の住民が襲撃された事件は、“氷見名事

もっとみる
(5/7)【8/17発売まで、冒頭試し読みをカウントダウン連載!】山口優『星霊の艦隊1』冒頭連載第5回!

(5/7)【8/17発売まで、冒頭試し読みをカウントダウン連載!】山口優『星霊の艦隊1』冒頭連載第5回!

光速の10万倍で銀河渦腕を縦横に巡り、
人とAIが絆を結ぶ!
銀河級のスペースオペラ・シリーズ開幕!

3カ月連続刊行の開始を記念して、発売日の8/17まで、毎日1節ずつ6節までを無料連載!
発売日朝に、ちょうど第1章を読み終われます!(編集部)

5

そのとき、轟音が浜辺の上空に響き渡る。強風がナオの黒髪とユウリの亜麻色の髪にふきつけ、激しく揺らす。
「ん、何だ……?」
 グレイの飛航機が突如

もっとみる
(4/7)【8/17発売まで、冒頭試し読みをカウントダウン連載!】山口優『星霊の艦隊1』冒頭連載第4回!

(4/7)【8/17発売まで、冒頭試し読みをカウントダウン連載!】山口優『星霊の艦隊1』冒頭連載第4回!

光速の10万倍で銀河渦腕を縦横に巡り、
人とAIが絆を結ぶ!
銀河級のスペースオペラ・シリーズ開幕!

3カ月連続刊行の開始を記念して、発売日の8/17まで、毎日1節ずつ6節までを無料連載!
発売日朝に、ちょうど第1章を読み終われます!(編集部)

4

「よお。黄昏(たそがれ)てんのな」
 背後から少女の声がする。振り向くと、そこに、タオルを身体に巻いただけの格好の、科戸ナオが立っていた。顔は、

もっとみる
【8/17発売まで、とりあえずこれだけ読んどけ!】山口優『星霊の艦隊1』特別付録「用語集」Web限定版を特別公開!

【8/17発売まで、とりあえずこれだけ読んどけ!】山口優『星霊の艦隊1』特別付録「用語集」Web限定版を特別公開!

光速の10万倍で銀河渦腕を縦横に巡り、
人とAIが絆を結ぶ!
銀河級のスペースオペラ・シリーズ開幕!

『星霊の艦隊』は本篇があまりの情報量のため、読者の理解の便のために、著者・山口優氏による、長大な用語集が付属しています。

今回は、冒頭連載でいちはやく『星霊の艦隊』の世界に触れる読者のために、付属の用語集を、ネタバレになる項目だけを外して公開いたします!

『星霊の艦隊』用語集山口優

[1]

もっとみる
(3/7)【8/17発売まで、冒頭試し読みをカウントダウン連載!】山口優『星霊の艦隊1』冒頭連載第3回!

(3/7)【8/17発売まで、冒頭試し読みをカウントダウン連載!】山口優『星霊の艦隊1』冒頭連載第3回!

光速の10万倍で銀河渦腕を縦横に巡り、
人とAIが絆を結ぶ!
銀河級のスペースオペラ・シリーズ開幕!

3カ月連続刊行の開始を記念して、発売日前日の8/16まで毎日1節ずつWeb連載を更新していきます。第7節までを無料掲載!
発売日前日に、ちょうど第1章を読み終われます!(編集部)

3

「やっぱりボクには決めきれないよ」
 翠真(みずま)ユウリはため息交じりに呟(つぶや)いた。隣を歩く科戸(し

もっとみる
(2/7)【8/17発売まで、冒頭試し読みをカウントダウン連載!】山口優『星霊の艦隊1』冒頭連載第2回!

(2/7)【8/17発売まで、冒頭試し読みをカウントダウン連載!】山口優『星霊の艦隊1』冒頭連載第2回!

光速の10万倍で銀河渦腕を縦横に巡り、
人とAIが絆を結ぶ!
銀河級のスペースオペラ・シリーズ開幕!

3カ月連続刊行の開始を記念して、発売日前日の8/16まで毎日1節ずつWeb連載を更新していきます。第7節までを無料掲載!
発売日前日に、ちょうど第1章を読み終われます!(編集部)

2

〈遠江帝律星〉第三惑星〈濱央星(ひんおうせい)〉の軌道上に遊弋(ゆうよく)する艦隊旗艦《仁龍》の格納庫から、

もっとみる
(1/7)【8/17発売まで、冒頭試し読みをカウントダウン連載!】山口優『星霊の艦隊1』冒頭連載第1回!

(1/7)【8/17発売まで、冒頭試し読みをカウントダウン連載!】山口優『星霊の艦隊1』冒頭連載第1回!

光速の10万倍で銀河渦腕を縦横に巡り、
人とAIが絆を結ぶ!
銀河級のスペースオペラ・シリーズ開幕!

2009年に『シンギュラリティ・コンクェスト 女神の誓約』で第11回日本SF新人賞を受賞しデビューした山口優氏の早川書房初登場シリーズ、『星霊の艦隊』が全3巻、3カ月連続刊行開始!

ホログラフィック理論を応用した情報工学の極みのような宇宙を舞台とし、10万隻の宇宙艦隊が激突するハードSFスペー

もっとみる
上遠野浩平〈製造人間〉シリーズ完結作「無能人間は明日を待つ」、SFマガジン8/25発売号に掲載

上遠野浩平〈製造人間〉シリーズ完結作「無能人間は明日を待つ」、SFマガジン8/25発売号に掲載

〈ブギーポップ〉の裏側を明かす異能力者たちによる対話集、『製造人間は頭が固い』『憎悪人間は怒らない』が絶賛発売中の上遠野浩平氏。
いよいよシリーズ完結作となる新作短篇が、8月25日発売のSFマガジン2022年10月号に掲載!

「無能人間は明日を待つ "The Institutional Mankind For Future"」、お楽しみに!

↓↓以下、シリーズ既作の紹介です↓↓

■『製造人間

もっとみる
原尞氏推薦! 次代を担う作家の最高傑作にして渾身のハードボイルド。伊兼源太郎『祈りも涙も忘れていた』8/17刊行

原尞氏推薦! 次代を担う作家の最高傑作にして渾身のハードボイルド。伊兼源太郎『祈りも涙も忘れていた』8/17刊行

■『祈りも涙も忘れていた』書影

■あらすじ

事件を解決する、たとえ何人殺そうとも――
若きキャリア警察官の正義と罪。
次代を担う作家の最高傑作にして渾身のハードボイルド

 管内の犯罪認知件数が全国ワースト5に入るV県警捜査一課に配属された新人キャリア警察官の甲斐彰太郎。彼は、警官一万人以上が所属する大所帯で、実地経験のないまま管理官として放火事件捜査の陣頭指揮を執ることになる。
 ノンキャリ

もっとみる
『新しい世界を生きるための14のSF』幻のあとがき(文・伴名練)

『新しい世界を生きるための14のSF』幻のあとがき(文・伴名練)

最新世代の作品のみを集めた816ぺージの超大型アンソロジー『新しい世界を生きるための14のSF』が発売。本書はもともと480ぺージ予定だったのがいろいろあって300ぺージ以上増えたのですが、さらに編者の伴名練氏から「ページ数上限の都合で入れられなかった幻のあとがき」が到着しました。文庫本換算で25ぺージにおよぶ本稿を、全文公開します。(編集部)

あとがき『日本SFの臨界点』シリーズの読者の中には

もっとみる
アガサ・クリスティー賞受賞作家、そえだ信が放つ、倒叙ミステリ連作集『臼月トウコは援護りたい』第一話試し読み

アガサ・クリスティー賞受賞作家、そえだ信が放つ、倒叙ミステリ連作集『臼月トウコは援護りたい』第一話試し読み

2020年に『掃除機探偵の推理と冒険』(受賞時タイトル「地べたを旅立つ」)で第10回アガサ・クリスティー賞を受賞した新鋭、そえだ信の最新作『臼月【うすづき】トウコは援護【まも】りたい』が6月22日(水)に刊行されます。
4篇からなる倒叙ミステリ連作集となっている本作。第一話「ゲームの裏の冷徹」を本ページから試し読みいただけます! 異色の「探偵」臼月トウコの活躍をどうぞお楽しみください。

第一話 

もっとみる
2084年の老人ホーム、92歳の大脱走劇! SF小説「見守りカメラ is watching you」

2084年の老人ホーム、92歳の大脱走劇! SF小説「見守りカメラ is watching you」

新刊アンソロジー『2084年のSF』から、竹田人造さんの短篇「見守りカメラ is watching you」を公開します。主人公は92歳、心温まる抵抗の物語。

________________________________________

1

 走れ。足を止めるな。耳をふさいで前に進め。佐助は一心に念じ続ける。
 背後からドローンが追ってくる。ドラム缶に二本の腕を生やしたフォルムで、上部の

もっとみる
『転生令嬢と数奇な人生を3 栄光の代償』応援書店様リスト!

『転生令嬢と数奇な人生を3 栄光の代償』応援書店様リスト!

お待たせいたしました! いよいよ発売が近づいてきました、かみはらさんのクライマックスが止まらない異世界ファンタジー『転生令嬢と数奇な人生を3 栄光の代償』。限定SSペーパー「愛ゆえに、愛をもって」が付いてくる、応援書店様リストを公開します。

まず、限定SSペーパーの内容はコチラ↓
・応援書店様限定SSペーパー
「愛ゆえに、愛をもって」
内容:『怪物』ヴァルター・クルト・リューベックを生み出した家

もっとみる
AI技術者、SFを書く。竹田人造インタビュー

AI技術者、SFを書く。竹田人造インタビュー

新作『AI法廷のハッカー弁護士』の発売を記念して、著者の竹田人造さんにインタビューを行いました。本職のデータサイエンティストがSF小説を書いた理由、AIが人の何を変えるか、魅力的なキャラクターの作り方、現実での裁判の面白さなど盛りだくさんの内容です。(聞き手&構成:担当編集)

■データサイエンティスト、作家になる

 ――竹田さんは2020年の第8回ハヤカワSFコンテストにて『人工知能で10億ゲ

もっとみる