ハヤカワ国内フィクション

133
記事

知ると楽しい『シャーリー・ホームズとバスカヴィル家の狗』ガイドその1

21世紀の現代ロンドンを舞台に、本家コナン・ドイルの設定から登場人物全員の性別を逆転させた、驚天動地の最新型ホームズ・パスティーシュ『シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱』待望の続編『シャーリー・ホームズとバスカヴィル家の狗』がいよいよ刊行されました。
 前作では、半電脳顧問探偵シャーリーと、その相棒となるアフガン帰りのだめんず好き女医ジョーとの衝撃的な出会いと、コンビを組んで最初の事件が描かれました

もっとみる
スキありがとうございます!
25

最強評論家陣、大推薦! 緊迫の報道×警察小説刊行『ダークナンバー』

本日、長沢樹『ダークナンバー』文庫版が発売になります。警察組織になじめない心理分析官・渡瀬敦子と、報道局で記者職復帰を模索する土方玲衣が奇妙なタッグを組み、関東近郊を震撼させる連続凶悪犯罪に挑む「警察×報道小説」。単行本から最強評論家陣が大推薦! 帯に掲載した推薦文を公開します。

ダークナンバー/長沢樹

最強評論家陣、大推薦!

「すごい。読み始めたらやめられなくなるのは、ヒロイン土方玲衣の魅

もっとみる
スキありがとうございます!
11

小川哲『嘘と正典』が直木賞候補作に!

2019年秋に刊行された小川哲『嘘と正典』が、第162回直木賞の候補作に選出されました。『嘘と正典』は、CIA工作員が共産主義の消滅を企む表題作をはじめ、SFとミステリのマッシュアップ短篇として大きな話題となった「魔術師」など、SF小説およびエンタメ小説の最前線と呼べる6篇を収録した作品集になります。

※書影は販売サイトとリンクしています

 第162回直木賞の発表は2020年1月15日になりま

もっとみる
スキありがとうございます!
14

日本のSFをパラダイムシフトさせた巨篇・小川哲『ゲームの王国』文庫発売

クメール・ルージュ時代のカンボジアを舞台にした1000枚超えの大作で、新人作家の第2長篇、そして上巻と下巻の間には半世紀の空隙……と、とにかく異例ずくめで2017年に刊行された『ゲームの王国』。世に出るや否や、まずSFファンを中心に話題となり、早々に重版が決定しました。
 その後、第39回吉川英治文学新人賞最終候補へのノミネートを皮切りに、第38回日本SF大賞と第31回山本周五郎賞をW受賞、ジャン

もっとみる
スキありがとうございます!
41

第9回クリスティー賞受賞作『月の落とし子』サイン本取り扱い書店一覧(随時更新)

※書影は販売サイトとリンクしています

 第9回アガサ・クリスティー賞受賞作『月の落とし子』の、著者サイン本を取り扱って頂いている書店さまの一覧になります。サイン本は、各店で数に限りがございますのでご留意ください。

紀伊國屋書店新宿本店さま

三省堂書店神保町本店さま

ジュンク堂書店池袋本店さま

東京旭屋書店船橋店さま

また、ときわ書房本店さまでもサイン本のお取り扱いがあります。

……サ

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
9

「宇宙と船橋を混ぜたらこうなる!」パワーワード連発の『月の落とし子』書店員さん感想8傑!!

宇宙と船橋を混ぜたらこうなる!
by 三省堂書店そごう千葉店 沢口歩未さん

作者は船橋に親でも殺されたのでしょうか…
それとも深すぎる愛情の裏返しなのか…
by 丸善津田沼店 西尾文惠さん

本作の舞台である千葉県は相次ぐ台風の襲来で大変な被害に遭っています。近年、各地で様々な災害が起こり、多くの人たちが様々な被害を受け、今もなお大変な状況が続いております。これまで小さな島国で頻発する大災害に団

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
22

【11月20日発売!】第7回ハヤカワSFコンテスト特別賞受賞作 葉月十夏『天象の檻』冒頭公開★壮大なSFファンタジー

第7回ハヤカワSFコンテスト特別賞を受賞した葉月十夏『天象の檻』の冒頭を公開します。新鋭による壮大なSFファンタジーをお楽しみください。

■あらすじ
遥かな昔、大地の上で人が住む十二の地域は系(けい)と呼ばれ、神と人との間に生まれた神人(かみびと)を支配者として戴いていた。
系から隔絶されたアタの山に住む少女シャサは、ある日集落が襲撃を受けたことで多くの仲間を失ってしまう。
壊滅した集落に迷いこ

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
14

【11/20刊行記念】第7回ハヤカワSFコンテスト優秀賞受賞作『オーラリメイカー』冒頭公開★新鋭が描く渾身の宇宙ハードSF!

第7回ハヤカワSFコンテスト優秀賞受賞作!

遠未来、知的種族の《連合》は、人為的に惑星軌道が変更された星系を訪れるが、
そこに文明の痕跡は発見できなかった――。

本年のハヤカワSFコンテストにて、優秀賞を受賞した、『オーラリメイカー』の刊行を記念して、冒頭部分を公開します。
気鋭の若きエンジニア作家による、知性の本質に迫る宇宙ハードSF!
スケールの大きい野心的な作風をお楽しみください。

もっとみる
スキありがとうございます!
13

宮木あや子さんの『官能と少女』が官能小説の人気おすすめランキング第1位!

gooランキングセレクトの「官能小説の人気おすすめランキング20選【大人だけが楽しめる文学作品】」で、宮木あや子さんの『官能と少女』(ハヤカワ文庫)が第1位を獲得しました!

『官能と少女』は、卑猥な宝石に恋する少女趣味(ロリータ)ファッション店員、美少年の生徒に慕われる幼児体型の養護教諭、アイドルの夫の帰りを待つ幼妻、可愛い恋人がありながら不倫するSM女子、優しく賢く美しい叔父様に引き取られた少

もっとみる
スキありがとうございます!
17

【店舗特典あり】異色の“異世界”小説、ついに文庫化&コミック版発売&シリーズ短篇集刊行決定!『JKハルは異世界で娼婦になった』

『JKハルは異世界で娼婦になった』(平鳥コウ)のハヤカワ文庫JA版が、11月6日に発売になりました! さらに11月9日にはコミック版『JKハルは異世界で娼婦になった』第1巻(新潮社)、12月上旬にはシリーズ短篇集『JKハルは異世界で娼婦になったsummer』がそれぞれ発売予定です。
 この機会に、ぜひ『JKハル』と出会っていただけますように。

カバーデザイン:楠目智宏(arcoinc)、カバーイ

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
22