ハヤカワ国内フィクション

353
+1

『機龍警察 白骨街道』書評 「クライマックスのかつてない機甲兵装バトルまでページをめくる手が止まらない」

発売から約二カ月、新聞や雑誌などで様々なご好評をいただいている『機龍警察 白骨街道』。本日は、その中から一部をご紹介いたします。今年の国内ミステリ最大の話題作の一つ、『機龍警察 白骨街道』を読み逃しなく!

『機龍警察 白骨街道』
月村了衛
早川書房

※※※

日経新聞(2021年8月19日)では、評論家の野崎六助氏による書評が掲載されました。本書のプロットを指し「国産国際サスペンスの水準をはる

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
+6

『果しなき流れの果に』『たそがれに還る』『東海道戦争』『悪夢のかたち』『産霊山秘録』『司政官』……ハヤカワ文庫JA1500番到達記念復刊フェア開催!

 10月刊『異常論文』の刊行をもって、ハヤカワ文庫JAが1500番に到達します。
 それを記念し、10月下旬から「ハヤカワ文庫1500番到達記念復刊フェア」を開催、JAの初期ラインナップからSF作家第一世代の名作6点を復刊します。イラストは各作家と関わりの深い方々のものを改めて使用、新デザインは岩郷重力さんです。
(今回の復刊に電子版はございませんのでご了承ください)

■注目のラインナップはこち

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
+1

【シリーズ最新刊好評発売中!】『機龍警察 白骨街道』注目の書店展開をご紹介!

全国書店で好評発売中の『機龍警察 白骨街道』、はやくも書店ランキングでベストの上位にランクインするところも……! 本当にありがとうございます。本日は注目の書店展開をご紹介します!

■紀伊國屋書店新宿本店

■ジュンク堂書店池袋本店

■芳林堂書店高田馬場店

■ジュンク堂書店三宮店

■BOOKPORT203 栗平店

■ジュンク堂書店 滋賀草津店

■紀伊國屋書店丸亀店

■リブロ南砂町SC 

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
+2

世界の滅びに、英雄は立つか?――新世代の大河ファンタジーサーガ、激動の第2巻! 森山光太郎『隷王戦記2 カイクバードの裁定』8/18刊行

令和の新星、森山光太郎が放つ大河ファンタジーサーガ第2弾、『隷王戦記2 カイクバードの裁定』を8/18に刊行します。
前作『隷王戦記1 フルースィーヤの血盟』は2021年3月にされるやいなや、瞬く間に反響が広がり、好評いただいています。
世界の滅びに英雄は立つか? 今年最注目のファンタジーに乗り遅れるな!

■2巻書影

森山光太郎『隷王戦記2 カイクバードの裁定』
ハヤカワ文庫JA 本体価格92

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。
+3

それは日本SFの呪いか、それとも希望か。飛浩隆『零號琴』文庫版8/18刊行

伝説の作品、ついに文庫化。

「ベストSF2018」国内篇第1位&第50回星雲賞日本長編部門受賞作の『零號琴』(読み=れいごうきん)、飛浩隆さんのデビュー40周年記念に合わせ、文庫版を刊行します。

■上巻

はるかな未来、特種楽器技芸士のセルジゥ・トロムボノクと相棒シェリュバンは、大富豪パウル・フェアフーフェンの誘いで惑星美縟を訪れた。そこでは首都磐記全体に配置された古の巨大楽器〈美玉鐘〉が五百

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。

日本SFの知られざる傑作を贈る。伴名練=編《日本SFの臨界点》2021年版:全目次

○これまでのあらすじ(担当編集より)
○2021年版『日本SFの臨界点』全目次

『日本SFの臨界点 中井紀夫 山の上の交響楽』

【収録作】
「山の上の交響楽」
「山手線のあやとり娘」
「暴走バス」
「殴り合い」
「神々の将棋盤」
「絶壁」
「満員電車」
「見果てぬ風」
「例の席」
「花のなかであたしを殺して」
「死んだ恋人からの手紙」

著者あとがき 
解説 奇想と抒情の奏者──中井紀夫の軌跡

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。

書店員さんから絶賛の声続々! 青春放送小説 青谷真未『水野瀬高校放送部の四つの声』7/14刊行

 昨年の刊行から話題沸騰、続々と重版しているビブリオ青春小説『読書嫌いのための図書室案内』で話題の青谷真未さん。そんな青谷さんの新作『水野瀬高校放送部の四つの声』が7/14に刊行されます。
 前作は「読書」という目に見えるもの、今回は「放送」、つまり「声」や「言葉」という目に見えないものをテーマに、瑞々しい青春小説が誕生しました。
 刊行に合わせ、書影と書店員さんの感想を公開します。

■書影

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。

歴史改変、ベーシック・インカム、人工知能、青春、百合、サイバーパンク! 『日本SFの臨界点 新城カズマ』作品紹介

伴名練=編による「今この時代に、最も読んでほしい傑作選」として3ヵ月連続刊行中の『日本SFの臨界点』。第2弾となる新城カズマさんの傑作選が発売となりました。

『日本SFの臨界点 新城カズマ 月を買った御婦人』
新城カズマ/伴名練=編
装画:10⁵⁶/装幀:BALCOLONY.
電子書籍版同時配信

[収録作]
●議論の余地はございましょうが
●ギルガメッシュ叙事詩を読み過ぎた男
●アンジークレー

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。

【まもなく終了】早川書房の電子書籍1500点が50%OFF、Kindleセールは6/22(火)いっぱいまで!

Kindleセールはこちら!

現在開催中のKindleセールもいよいよ22日(火)まで。早川書房の電子書籍約1500点が50%OFFとなっています! 国内外、ジャンルを問わず数々の話題作・名作が対象になっていますので、まずはKindleストアでお目当ての作品を検索してみてください!

以下に、現在のセール対象作品の上位10作品を商品リンクとあわせてご紹介します。よろしければ購入の一助としてくださ

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです

皆川博子著『インタヴュー・ウィズ・ ザ・プリズナー』から三部作を振り返る

作家生活50年目を迎える皆川博子さんの集大成となる
魂を揺さぶる傑作歴史本格ミステリ・シリーズが

本格ミステリ大賞受賞作『開かせていただき光栄です』
その続篇となる衝撃作『アルモニカ・ディアボリカ』
そして――

エドワード・ターナー三部作の最終作

『インタヴュー・ウィズ・ザ・プリズナー』

をもって、ついに完結しました!

早川書房/46判上製/2310円(税込)/6月16日発売

本稿では

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです