ハヤカワ・ノンフィクション

12
ノート

AIビジネス最前線・トロント大学の権威が語る未来図とは?『予測マシンの世紀』著者アジェイ・アグラワル氏、「Sansan Innovation Project 2019」に登壇【入場無料】

早川書房は2月6日、アジェイ・アグラワル、ジョシュア・ガンズ、アヴィ・ゴールドファーブ『予測マシンの世紀――AIが駆動する新たな経済』(小坂恵理訳)を刊行します。本書はAI研究の最前線・トロント大学の経営大学院教授をつとめる三氏が、AIがビジネスにもたらすインパクトを語りつくす一冊です。

2019年3月14日、著者のひとりアジェイ・アグラワル氏がビジネスカンファレンス「Sansan Innova

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
8

アメリカン・ドリームを掴んだ「もう1人のロッキー」。『無敗の王者 評伝ロッキー・マルシアノ』訳者あとがき

(書影をクリックするとAmazonページにジャンプ)

『無敗の王者 評伝ロッキー・マルシアノ』マイク・スタントン/樋口武志訳/好評発売中

「ロッキー」といえば、現在公開中の「クリード2」にいたるシリーズで、シルベスター・スタローンが扮するボクサー、ロッキー・バルボアがあまりに有名です。

じつは、ボクシングの歴史には、もう1人のロッキーがいます。それが、世界ヘビー級王座として唯一全戦無敗という

もっとみる
スキありがとうございます!
9

「週末は働かない」――大好評『NO HARD WORK !』の著者たちは、なぜ金曜日に新製品のリリースをやめたのか?

(画像はAmazonにリンクしています)

『NO HARD WORK!──無駄ゼロで結果を出すぼくらの働き方』(ジェイソン・フリード&デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン/久保美代子訳/好評発売中)

『NO HARD WORK ! 』「はじめに」はこちら。

『NO HARD WORK ! 』「がんばりすぎるな」はこちら。

***

(『NO HARD WORK!』より)

週一二日労働に

もっとみる
スキありがとうございます!
11

中国に「正義」はあるのか? マイケル・サンデル待望の最新刊『サンデル教授、中国哲学に出会う』はしがき

はしがき 中国、マイケル・サンデルと出会う

by エヴァン・オスノス(全米図書賞『ネオ・チャイナ』著者) 

2012年10月のある晩、私は中国の南東岸に位置する厦門大学のキャンパスにいた。講堂の外には学生が集まっていた──建物に入れる人数をはるかに超える学生が。私はドアの内側に立ち、紅潮した若々しい顔がますます増えていく様子をガラス越しに眺めていた。警備員が群衆に向かって落ち着くよう呼びかけて

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
22

メーカーの利益vs.最大多数の最大幸福――自動運転車の大問題〈回答篇〉『答えのない世界に立ち向かう哲学講座』【NHK「ひるまえほっと」紹介で大反響】

問題 自動運転車版トロッコ問題

あなたは一人で自動運転車に乗っています。
すると、前方でタンクローリー車が横転してしまう。

車の左側では子どもが、右側では老人が道路を横断中です。
そのまま直進するとタンクローリー車と衝突しますが、左にハンドルを切れば子どもを轢いてしまうし、右にハンドルを切れば老人を轢いてしまいます。

このときどう進むように、自動運転車を設計すべきでしょうか。

家族が同乗し

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
7

【NHK「ひるまえほっと」紹介で大反響】老人を轢くか、子どもを轢くか、乗員が死ぬか――自動運転車の大問題〈出題篇〉『答えのない世界に立ち向かう哲学講座』

人気の哲学教授、岡本裕一朗氏のビジネスパーソン向け連続講義を書籍化した話題作、『答えのない世界に立ち向かう哲学講座』。

本書では、自動運転車やゲノム編集など、最新のテクノロジーがもたらすさまざまな哲学的問題について、刺激的な「思考実験」を通じて考えていきます。

その中から、本記事では次の思考実験を紹介。あなたならどう考えますか?

問題 自動運転車版トロッコ問題

あなたは一人で自動運転車に乗

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
7

アリ、タイソンも成し得なかった全勝無敗という偉業。没後50年、伝説のボクサーが甦る――『無敗の王者 評伝ロッキー・マルシアノ』発売

モハメド・アリ「彼は俺を窮地に立たせたであろう唯一のボクサーだった」
(ロッキー・マルシアノへの追悼の言葉)

早川書房では、1月22日に『無敗の王者 評伝ロッキー・マルシアノ』(原題:UNBEATEN/(マイク・スタントン/樋口武志訳)を刊行します。

ボクシング史上唯一の全勝無敗(49戦49勝(43KO)無敗)の世界ヘビー級チャンピオン、ロッキー・マルシアノ。

腕は短く足は遅い、ヘビー級にし

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
12

「がんばりすぎ」にご用心――『NO HARD WORK ! 』が教える「無理しない」働き方

(画像はAmazonにリンクしています)

『NO HARD WORK!──無駄ゼロで結果を出すぼくらの働き方』(ジェイソン・フリード&デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン/久保美代子訳/好評発売中)

押し寄せる仕事、難しい課題、それらに夢中で取り組むうちに、いつしか毎日が「仕事漬け」に? そんな経験は誰にでもあるのではないでしょうか。規模は小さくても、世界中に顧客を持つソフトウェア会社「ベー

もっとみる
スキありがとうございます!
16

「目標なし、競争なし、徹夜なし」――無茶をやめれば、成果はついてくる! 最新刊『NO HARD WORK ! ――無駄ゼロで結果を出すぼくらの働き方』の著者たちが贈る、超まっとうな仕事論。

(画像はAmazonにリンクしています)

『NO HARD WORK!──無駄ゼロで結果を出すぼくらの働き方』(ジェイソン・フリード&デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン/久保美代子訳/好評発売中)

「働き方改革」の掛け声のもと、4月からは関連法が施行され、残業規制が導入されます。それでも、残業がなかなか減らず、週末に仕事を持ち帰ったり、日曜に仕事メールに返信したりしていませんか? あるいは

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
14

飛行機と船の共通点とは? 極上の空旅エッセイ『グッド・フライト、グッド・ナイト』(ハヤカワ文庫NF)本文抜粋

(書影をクリックでamazon商品ページにジャンプ)

ブリティッシュ・エアウェイズ社の現役パイロットによる飛行機エッセイ、『グッド・フライト、グッド・ナイト』。著者がロマンを感じるのは飛行機に対してだけではありません。コックピットから、縦横無尽に海を駆ける船たちに思いをはせます。「Water:水、海、川」の章から一部を抜粋いたします。
(「Wayfinding:進む方向を決めること」からの抜粋は

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
5