ハヤカワ・ミステリ

214
+1

『機龍警察 白骨街道』書評 「クライマックスのかつてない機甲兵装バトルまでページをめくる手が止まらない」

発売から約二カ月、新聞や雑誌などで様々なご好評をいただいている『機龍警察 白骨街道』。本日は、その中から一部をご紹介いたします。今年の国内ミステリ最大の話題作の一つ、『機龍警察 白骨街道』を読み逃しなく!

『機龍警察 白骨街道』
月村了衛
早川書房

※※※

日経新聞(2021年8月19日)では、評論家の野崎六助氏による書評が掲載されました。本書のプロットを指し「国産国際サスペンスの水準をはる

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。
+29

秋だ! 読書だ! ミステリだ! 早川書房2020-2021ミステリ総ざらいPart2

少しずつ気温も下がっていき、日が落ちるのも早くなってまいりました。秋の夜長と言えば……そう、ミステリ! 
ということで、2020年10月から来月発売の新刊まで、早川書房が自信を持ってお届けしてきたミステリのラインナップを、一挙におさらいします! 
Part1では、2021年4月から2021年10月に刊行された作品をご紹介いたします。2021年3月までの作品は、こちらのPart1をご覧ください!

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。
+22

秋だ! 読書だ! ミステリだ! 早川書房2020-2021ミステリ総ざらいPart1

暑さ寒さも彼岸までとは言うものの、残暑も厳しい今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
暦の上ではもう秋。秋と言えば……。そう、読書の秋! そしてミステリの秋!
というわけで、本日は2020年10月から来月発売の新刊まで、早川書房が自信を持ってお届けしてきた海外ミステリのラインナップを一挙におさらいします! 
Part1では、2020年10月から2021年3月までに刊行された作品をご紹介いたしま

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。

【作家・綾辻行人氏推薦!】エラリイ・クイーン『フォックス家の殺人〔新訳版〕』12月17日発売!

◎エラリイ・クイーンの本格ミステリが新訳版で登場! 今月17日、早川書房ではミステリ界の巨匠エラリイ・クイーンの『フォックス家の殺人〔新訳版〕』(訳=越前敏弥)をハヤカワ・ミステリ文庫より刊行いたします。

 傷ついた戦争の英雄が故郷に帰ってきたとき、過去の毒殺事件の扉が開く。はたして名探偵エラリイは12年前の事件の謎を解き明かすことが出来るのか!?

◎作家・綾辻行人氏の推薦コメント紹介! この

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。

【祝!】アガサ・クリスティー デビュー100周年&生誕130周年記念特別情報



〇2020年は世界的作家アガサ・クリスティーのアニバーサリー・イヤー! 2020年9月15日は、ミステリ界の女王アガサ・クリスティーが生誕してから130周年にあたります。また、本年は長篇小説『スタイルズ荘の怪事件』でクリスティーがデビューを果たしてからちょうど100周年でもあります。著作の累計部数は20億部を超え(ギネス記録!)、世界中でいまなお絶大な人気をもつクリスティーのアニバーサリー・イ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。

年間ミステリ・ランキング1位作家が放つ超大作クライム・ノヴェル『三分間の空隙』発売中!

 ついに刊行! 『三分間の空隙』上・下(アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム著/ヘレンハルメ美穂訳)が好評発売中です。

◎『三分間の空隙』とは?

 本作は、犯罪小説の金字塔『熊と踊れ』で〈このミステリーがすごい!〉〈ミステリが読みたい!〉の二冠を達成したアンデシュ・ルースルンドと、元服役囚という異色の経歴を持つベリエ・ヘルストレムがタッグを組んで生み出した北欧最高峰の社会派ミステリ〈

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。

2020年はアガサ・クリスティー・イヤー! デビュー100周年&生誕130周年記念の新訳版ラインナップ発表



 2020年は作家アガサ・クリスティーの生誕130周年にして、『スタイルズ荘の怪事件』でデビューしてから100周年にあたる記念の年。本年、早川書房はクリスティー文庫から、豪華翻訳陣による新訳版を6カ月連続刊行いたします。

2020年
5月 『予告殺人〔新訳版〕』 羽田詩津子訳
6月 『雲をつかむ死〔新訳版〕』田中一江訳
7月 『メソポタミヤの殺人〔新訳版〕』田村義進訳
8月 『ポケットにライ

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです

娘を返してほしければ、他人の子供を誘拐しろ――傑作小説『ザ・チェーン 連鎖誘拐』衝撃の冒頭部を掲載

現在好評発売中の〝誘拐〟スリラー小説『ザ・チェーン 連鎖誘拐』より、激烈なインパクトの冒頭部分を公開いたします。1 木曜日、午前七時五十五分

 バス停に腰をおろして自分のインスタグラムの〝いいね〟をチェックしていたので、銃を持った男に気づいたときには、男はもうほとんどカイリーの横まで来ている。
 学校鞄を放り出して湿地へ逃げられるかもしれない。こっちは十三歳のすばしこい女の子だし、プラム島の沼沢

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!

この名探偵、クセが凄すぎる!? 『生物学探偵セオ・クレイ 街の狩人』訳者あとがき公開

昨年シリーズ第一作『生物学探偵セオ・クレイ 森の捕食者』が邦訳刊行後、そのあまりに個性的な主人公の描写で日本のミステリ読者に強烈なインパクトを残した〈生物学探偵〉シリーズ。その第二弾『生物学探偵セオ・クレイ 街の狩人』が今月発売となりました。前作でも警察から証拠品を盗み出すなど破天荒な行動が目立ったセオ・クレイは、今回さらにパワーアップ。いきなりバーチャル・リアリティ空間から登場してテロを阻止した

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。

早川書房の海外ミステリ、年間ベスト入り作品を総まとめ!

クリスマスも終わって2019年もいよいよあとわずか。年末休みを何を読んで過ごそうか思案中の読者の方々のために、各社で実施された本年の海外ミステリ・ランキングから、ベスト入りしたミステリの傑作群をまとめました。お気に入りの一冊を見つけられますように。(以下特記なき場合はいずれも海外部門)

『拳銃使いの娘』ジョーダン・ハーパー/鈴木恵訳

★宝島社〈このミステリーがすごい!〉 第2位
★早川書房〈ミ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。