ハヤカワ・ジュニア・ブックス

87
+4

「めがねを好きになる絵本」「前向きになれる」『ローズ姫と黄金のめがね』読者の感想

めがねがコンプレックスのプリンセスが主人公の絵本『ローズ姫と黄金のめがね』が10月5日に刊行しました。
本書は「めがねをしていたら本物のプリンセスにはなれない」と思いこむ主人公が、冒険の旅を通して「本当の美しさ」に気づく自己肯定の物語です。

ローズ姫と黄金のめがね
ロウリー・ムーア(文)/ナタリー・オーウェン(絵)/中井はるの(訳)

今回は、本書を読んだ読者のみなさんの感想をお届けします。

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
+3

いままでにないプリンセスに感動『ローズ姫と黄金のめがね』読者の感想

めがねがコンプレックスのプリンセスが主人公の絵本『ローズ姫と黄金のめがね』が10月5日に刊行しました。
本書は「めがねをしていたら本物のプリンセスにはなれない」と思いこむ主人公が、冒険の旅を通して「本当の美しさ」に気づく自己肯定の物語です。

ローズ姫と黄金のめがね
ロウリー・ムーア(文)/ナタリー・オーウェン(絵)/中井はるの(訳)

今回は、本書を読んだ読者のみなさんの感想をお届けします。

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
+3

11歳の著者がおくる 自己肯定感をはぐくむ絵本『ローズ姫と黄金のめがね』(ハヤカワ・ジュニア・ブックス)

早川書房では10月5日に『ローズ姫と黄金のめがね』を発売します。
めがねがコンプレックスのお姫様が冒険の旅を通して「本当の美しさ」に気づく、自己受容とエンパワメントの物語です。

『ローズ姫と黄金のめがね』
文:ロウリー・ムーア/絵:ナタリー・オーウェン/訳:中井はるの
対象年齢:読み聞かせなら4歳から/ひとりで読むなら小学2年生から
A4判変形ハードカバー、44ページ、すべての漢字にルビつき

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です
+8

「めがねのプリンセスがいないのはなぜ?」9歳の少女の手紙に世界が共感! 絵本『ローズ姫と黄金のめがね』ができるまで

早川書房はめがねユーザーを応援する絵本、『ローズ姫と黄金のメガネ』を10月5日に発売します。

 文 ロウリー・ムーア/絵 ナタリー・オーウェン/訳 中井はるの

●あらすじそのむかし、ある国に、ローズというプリンセスがいました。
今日はローズのお誕生日。プレゼントに新しいめがねをもらいました。
でも、うれしくありません。
ローズはめがねをかけていたら本物のプリンセスになれないと思っているのです。

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です
+2

「めがねをかけたプリンセスの物語が見たい!」11歳の女の子が作った絵本『ローズ姫と黄金のめがね』刊行決定(ハヤカワ・ジュニア・ブックス)

ハヤカワ・ジュニア・ブックスは、めがねをコンプレックスに思う子どもをエンパワメントする絵本『ローズ姫と黄金のめがね』を、10月5日に刊行します。

原書「Princess Rose and the Golden Glasses」

イギリス在住の著者ロウリー・ムーアさんは、11歳の春に本書を出版しました。
刊行のきっかけは、9歳の頃に映画会社宛に書いた手紙でした。

わたしは美しいプリンセスたちが

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。

最後まで誰が味方かわからなくてドキドキ『スパイ・バレリーナ 消えたママを探せ!』感想紹介②(ハヤカワ・ジュニア・ミステリ)

2021年6月16日に、<ハヤカワ・ジュニア・ミステリ>の新刊『スパイ・バレリーナ 消えたママを探せ!』が刊行します。

今回は、ひとあしはやく本書を読んだ小中学生の読者モニターのみなさんの感想をご紹介します。

ヘレン・リプスコム 著/神戸万知 訳/高橋由季 絵

キャラクターが個性的・ぼくが一番好きなキャラクターは天才エンジニアのマーヴです。なぜかといおうと、マーヴは頭がよくてモノを作るのがと

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです

授業内容は、語学に、バレエレッスンに、突撃訓練!?『スパイ・バレリーナ 消えたママを探せ!』試し読み(ハヤカワ・ジュニア・ミステリ)

早川書房の小中学生向けレーベル〈ハヤカワ・ジュニア・ミステリ〉。
古今東西の優れたミステリをお届けする本レーベルの最新作をご紹介します。

その名も、『スパイ・バレリーナ 消えたママを探せ!』。
バレエダンサーを目指す12歳の少女・ミリーが、ダンサーとして、そしてスパイとして成長する児童向けミステリです。

今回は、6月16日の発売に先駆け、一部を公開します。

ヘレン・リプスコム 著/神戸万知

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。

早川書房の電子書籍が50%OFF! セール対象の児童書まとめ

kindleストアにて、早川書房の電子書籍約1500点が50%オフになるセールが開催中です!
開催期間は、6月2日から6月22日まで。

今回はセール対象商品の中から、児童書作品を紹介いたします。

『列車探偵ハル 王室列車の宝石どろぼうを追え!』2021年の全英図書賞を受賞した、大人にもオススメの列車ミステリです。
アガサ・クリスティー『オリエント急行の殺人』にオマージュをささげた本作は、審査員

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!

勇敢な主人公がかっこいい!『スパイ・バレリーナ 消えたママを探せ!』感想紹介①(ハヤカワ・ジュニア・ミステリ)

2021年6月16日に、<ハヤカワ・ジュニア・ミステリ>の新刊『スパイ・バレリーナ 消えたママを探せ!』が刊行します。

今回は、ひとあしはやく本書を読んだ小中学生の読者モニターのみなさんの感想をご紹介します。

ヘレン・リプスコム 著/神戸万知 訳/高橋由季 絵

あらすじわたしはミリー。バレエダンサーを目指す12歳。
行方不明のママを探しに入学したバレエ学校の裏の顔は、スパイ養成所だった! し

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。

コロナ禍中の生き方をシェイクスピアに学ぶ   河合祥一郎(東京大学教授)

発売中の『悲劇喜劇』21年5月号では、シェイクスピアを特集いたしました。
なぜシェイクスピアは400年にわたり盛んに上演され続けているのでしょうか? 
愛や憎しみ、苦悩、葛藤、喜び……普遍的な人生の諸相が、ダイナミックな枠組みで活写されている。精神の病や権力構造など、現代に通じる解釈で読むことができる。答えは様々だと思います。

演劇界において、この大作家の名前に匹敵する共通言語はありません。

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。