見出し画像

【note×早川書房】「#読書の秋2022」読書感想文コンテスト結果発表!【ご参加ありがとうございました!】

こんにちは、早川書房です!
秋もすっかり終わり、寒さの厳しい毎日ですね。

「note×出版社合同企画」の「#読書の秋2022」にご参加いただきましてありがとうございました!
早川書房の推薦図書を選んで感想を投稿してくださった皆様、本当にありがとうございます。贈賞者を選ぶ際も改めてその本が読みたくなるような感想文ばかりでとても嬉しく思いました。

▼「#読書の秋2022」全体の結果はこちらから

早川書房「#読書の秋2022」推薦図書

早川書房の推薦図書は以下の3点でした!

①『パン焼き魔法のモーナ、街を救う』T・キングフィッシャー/原島文世 訳
『羊飼いの暮らし──イギリス湖水地方の四季』ジェイムズ・リーバンクス/濱野大道 訳
『カンバセーションズ・ウィズ・フレンズ』サリー・ルーニー/山崎まどか 訳

●推薦図書ハッシュタグ
#パン焼き魔法のモーナ街を救う
#羊飼いの暮らし
#カンバセーションズ・ウィズ・フレンズ

ここからは受賞者の発表です!

●『パン焼き魔法のモーナ、街を救う』T・キングフィッシャー/原島文世 訳

✨受賞作品✨
梨の木の読書記録さん
「【パン焼き魔法のモーナ、街を救う】どんな些細な魔法でも工夫次第で大きな力に!」

ご感想に終始深く頷きつつ、拝読しました。ファンタジーでありながらもリアル、児童書だけれども世の中の悪い部分や黒い部分をごまかさない、それでもしっかりと面白い。少年少女が戦わねばならないこと、それを当然に受け入れている物語が多くある一方で、梨の木さんも好きな場面として挙げてくださったように、この本にはモーナが大人たちではなく14歳の自分が戦わねばならなかったことに怒る場面があります。ぜひこの本を読んで、子どもも大人も、皆さんにもいろいろなことを考えてほしいなと思っています。

●『羊飼いの暮らし──イギリス湖水地方の四季』ジェイムズ・リーバンクス/濱野大道 訳

✨受賞作品✨
のえさん
「【読書感想】“標”としての背中(『羊飼いの暮らし』(ジェイムズ・リーバンクス)から)」

のえさんのご感想の中にも”「この作品がどんな作品ですか?」と聞かれたら、答えに盛り込む要素が多すぎて返答に困ってしまうから。”という言葉がありましたが、私も推薦図書として設定しつつ、この本は感想を書くのが難しいのではないかな……と思っていました。しかし、のえさんのご感想はご自身のご家族のことも触れつつ『羊飼いの暮らし』を読み解いていて、この本の魅力的な一面を余すことなく伝えていると感じます。お祖父さまとのエピソードもとても素敵でした。

●『カンバセーションズ・ウィズ・フレンズ』サリー・ルーニー/山崎まどか 訳

✨受賞作品✨
KANAさん
「イロイロな愛のカタチ」

登場人物への温かい言葉が胸に沁みる感想文でした。フランシス、とても魅力的ですよね。「傷ついて傷つけて、生きていくしかないのかな」という最初の言葉と、最後の結びの言葉がこの感想文を読んでからも頭にのこり、
もう一度『カンバセーションズ・ウィズ・フレンズ』を手に取ってしまいました。さまざまな愛の在り方に思いを馳せながらこの本を読んで欲しいと、KANAさんのご感想を読んであらためて思いました。

以上、3名の方が受賞されました。
受賞された皆さま、おめでとうございます!

受賞に輝いた方々以外も非常によい感想ばかりで悩みながらの選考になりました。皆さまの読書感想文によって私たち自身があらためて気づかされる部分も非常に多く、とても楽しく興味深く拝読しました。

今後も楽しんでいただけるような本をお届けしていきます。
noteでもおすすめの作品などをご紹介していきますので、ぜひご注目ください!

【推薦図書関連記事】

●『パン焼き魔法のモーナ、街を救う』T・キングフィッシャー/原島文世 訳

『パン焼き魔法のモーナ、街を救う』T・キングフィッシャー/原島文世 訳
(ハヤカワ文庫FT)

▼試し読みはこちらから!

●『羊飼いの暮らし──イギリス湖水地方の四季』ジェイムズ・リーバンクス/濱野大道 訳

『羊飼いの暮らし──イギリス湖水地方の四季』ジェイムズ・リーバンクス/濱野大道 訳
(ハヤカワ文庫NF)

▼文庫解説はこちらから

▼編集者より

●『カンバセーションズ・ウィズ・フレンズ』サリー・ルーニー/山崎まどか 訳

『カンバセーションズ・ウィズ・フレンズ』サリー・ルーニー/山崎まどか 訳
(四六判並製)

▼訳者あとがき

著者サリー・ルーニー2作目『ノーマル・ピープル』紹介


この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!