ハヤカワ・ノンフィクション

7
記事

「家にいよう」「忘れないようにしよう」非常事態宣言下を生きるイタリアの小説家の切実な叫び(『コロナの時代の僕ら』あとがきより)

コロナウイルス(COVID-19)の急激な感染拡大により、EU最速で非常事態を宣言、3月10日からは全土にて外出制限を行っているイタリア。だが感染の爆発は想像を超えるスピードだった……。

イタリアを代表する小説家であり、物理学博士でもあるパオロ・ジョルダーノは、母国の混乱のさなかで何を考えたのか。世界26カ国で緊急刊行される彼のエッセイ『コロナの時代の僕ら』で綴られる切実で誠実な思索は、気づけば

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
288

2020年春、イタリア、ローマ発。26ヶ国で緊急出版が決定した『コロナの時代の僕ら』4月25日邦訳刊行

早川書房では、イタリアのベストセラー小説家パオロ・ジョルダーノによるエッセイ、『コロナの時代の僕ら』を4月25日に発売します。

感染爆発の予兆があらわれ始めた、2月末から3月初旬のイタリア。自らを隔離状態におき、物理学の博士号を持つ小説家が書き始めたエッセイは、世界初の「コロナ文学」と呼べる作品へと結実していきました。

本国での刊行より2週間足らずで、すでに26ヶ国での緊急出版が決定。私たち日

もっとみる
スキありがとうございます!
50

新社会人に贈る! 早川書房のお仕事エッセイ特集

街で盛装した卒業生を見かける季節になりました。みなさん、ご卒業おめでとうございます。
新生活、楽しみですね。とくに新社会人のみなさんは、学生時代とは全く違う環境へ足を踏み入れることになります。心の中が期待と不安でいっぱいになっているのではないでしょうか。
新しい場所でつらいことがあったとき、本の中でいろいろな職業に触れてみたら、壁を突破するヒントを得ることができたり、また頑張る気持ちがわいてきたり

もっとみる
スキありがとうございます!
35

優しさを仕事にした20年間の回顧録『わたしが看護師だったころ 命の声に耳を傾けた20年』訳者あとがき

イギリスでベストセラーになった、元看護師の小説家による回顧録『わたしが看護師だったころ 命の声に耳を傾けた20年』。翻訳者の田中文さんによるあとがきを公開いたします。

(書影クリックでAmazonページにジャンプします)

 訳者あとがき          田中文

 本書『わたしが看護師だったころ』(原題 The Language of Kindness)は元看護師で作家のクリスティー・ワトス

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
13

飛行機と船の共通点とは? 極上の空旅エッセイ『グッド・フライト、グッド・ナイト』(ハヤカワ文庫NF)本文抜粋

(書影をクリックでamazon商品ページにジャンプ)

ブリティッシュ・エアウェイズ社の現役パイロットによる飛行機エッセイ、『グッド・フライト、グッド・ナイト』。著者がロマンを感じるのは飛行機に対してだけではありません。コックピットから、縦横無尽に海を駆ける船たちに思いをはせます。「Water:水、海、川」の章から一部を抜粋いたします。
(「Wayfinding:進む方向を決めること」からの抜粋は

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
5

眞鍋かをりさんによる巻末エッセイを特別公開! 旅がもっと楽しくなる本『グッド・フライト、グッド・ナイト』

ブリティッシュ・エアウェイズ社の現役パイロットによる空旅エッセイ、『グッド・フライト、グッド・ナイト』。タレントの眞鍋かをりさんによる巻末エッセイを公開いたします。読めば飛行機に乗りたくなること間違いなし、旅好きな眞鍋さんならではのエピソードがちりばめられたとても素敵なエッセイです。どうぞお楽しみください!

客室の小さな窓から
                  眞鍋かをり 

 
 本当の「空

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
15

空には空の国境がある?極上の空エッセイ『グッド・フライト、グッド・ナイト』(ハヤカワ文庫NF)本文特別抜粋

(書影をクリックするとamazonページへジャンプします)

ブリティッシュ・エアウェイズ社の現役パイロットにしてエッセイストの著者が空の世界の魅力を語りつくすエッセイ、『グッド・フライト、グッド・ナイト』。「Wayfinding:進む方向を決めること」の章から一部を抜粋して公開いたします。

 空には空の領域があり、ひとつひとつの領域が歴史を持った空の国だ。たとえば日本はすべてひとつの領域に含ま

もっとみる
スキありがとうございます!
11