ハヤカワ・ノンフィクション

90
ノート

子どもたちと科学の未来のために『ホワット・イフ?』はある! 『Dr.STONE』原作者、稲垣理一郎さんによる解説を公開。

好評発売中のランドール・マンロー『ホワット・イフ? Q1』『ホワット・イフ? Q2』。noteでも、3回にわたって質問をひとつずつご紹介してきました(第1回、第2回、第3回)。
そして、じつはQ1には『Dr. STONE』や『アイシールド21』で知られる漫画原作者、稲垣理一郎さんによる解説が掲載されています。

 
 舞台は違えど、ともするとマジメになりすぎてしまうサイエンスをテーマに「漫画」を執

もっとみる
スキありがとうございます!
24

2065年、フェイスブックは永眠アカウントが半分以上に……? ベストセラー『ホワット・イフ?』から

『ホワット・イフ?』文庫から一部抜粋でお送りするミニ連載も、3回目になりました。(第1回、第2回)

 NASAのロボット技術者の経歴を持つウェブコミック作家、ランドール・マンローによる『ホワット・イフ?』。自身のウェブサイトに集まってくるトンデモ質問に、マジメな科学と並外れた調査能力、そしてたっぷりのユーモアで答えていく本書の文庫版は、あす12月4日発売です。

(書影はAmazonにリンクして

もっとみる
スキありがとうございます!
25

この冬、お勧めしたい数字の世界――『SYNC』『偶然の科学』など、「数学」テーマの電子書籍16点が期間限定で最大半額に!【12月12日(木)まで】

「数学」というと皆さんはどんな印象をもっていますか? 好きな人は特に印象はないかも。でも、苦手な人は……? 少し距離を感じてしまう人もいると思います。そんな人にこそ、早川書房から刊行されている「数学」本を読んでほしい!

というわけで、早川書房では、Kindle、kobo、hontoなど主要電子書籍書店で「冬にお勧めしたい数字の世界」と銘打って、「数学・数理」テーマの作品のフェアをおこないます。セ

もっとみる
スキありがとうございます!
15

マシンガンの反動で山を飛び越えるために必要な火力とは? ベストセラー『ホワット・イフ?』から

元NASAのウェブコミック作家、ランドール・マンローが、自身のウェブサイトに集まってくるトンデモ質問に、マジメな科学と並外れた調査能力、そしてたっぷりのユーモアで答えていく『ホワット・イフ?』。世界で100万部以上を記録した本書が、ついに日本でも文庫化します!

(書影はAmazonにリンクしています)
(『ホワット・イフ? Q1&Q2』ランドール・マンロー
吉田三知世訳/早川書房/12月4日発売

もっとみる
スキありがとうございます!
14

図書館の過去・現在・未来を想うノンフィクション。『炎の中の図書館 110万冊を焼いた大火』

1986年にロサンゼルスで発生し、110万冊が焼失・損傷した全米最大の図書館火災の顛末を軸に、図書館の歴史、公共空間としての図書館の役割、そして図書館という存在の未来への展望までをつづった、『炎の中の図書館 110万冊を焼いた大火』。著者は、映画「アダプテーション」原案の『蘭に魅せられた男―驚くべき蘭コレクターの世界』の著者でもある、スーザン・オーリアン。図書館に親しんで育った彼女ならではの、図書

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
29

伝え方を工夫するだけで、話し合いが劇的にスムーズになる!『望み通りの返事を引き出すドイツ式交渉術』訳者あとがき

私たちは週に40時間近くを交渉に費やしているという。交渉の技術を知っているかどうかで、成果の差は開いていくばかり…。
今日から使える即効テクニック、相手のほうが強いときの逆転戦略、相手と信頼関係を築き、互いの利益を増やす方法など、交渉の最中の話術から準備、締め方までを網羅。
ミュンヘン・ビジネススクール教授が世界中の交渉術のノウハウを独自に体系化し、ビジネスの最前線で培ってきた経験を注ぎ込んだ、ド

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
22

この夏こそ身につけたい! さんざん挫折したあなたも続けられる!『習慣の力〔新版〕』を読んで人生を変えよう。

全米200万部突破のロングセラー『習慣の力』(チャールズ・デュヒッグ著、渡会圭子・訳)が、新たな「著者あとがき」と「解説」を付して、ハヤカワ・ノンフィクション文庫より「新版」として再刊されました。名著の刊行を機に、プロローグと目次を公開します。

(画像はアマゾンにリンクしています)

プロローグ

 彼女は研究者にとって理想の被験者だった。

 リサ・アレン──カルテによれば彼女は34歳。16歳

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
27

今週金曜に映画が公開される『ガラスの城の約束』(ジャネット・ウォールズ)、とっておきの挿話を特別試し読み!

(書影・リンクをクリックするとAmazonにジャンプします)

ハヤカワ文庫『ガラスの城の約束』(ジャネット・ウォールズ/古草秀子 訳)は、好評発売中です。

                *

大ベストセラー『ガラスの城の約束』の映画化作品が、6/14から全国順次、公開されます(詳しくは、ファントム・フィルム『ガラスの城の約束』)。
ヒロイン(原作者ジャネット・ウォールズ)を熱演するのは、アカ

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
6

ブラックホール、ダークマター、多宇宙 の謎もクリアにわかる!『138億年宇宙の旅』訳者あとがき

(書影・リンクをクリックするとAmazonにジャンプします)

ハヤカワ文庫『138億年宇宙の旅』上・下(クリストフ・ガルファール/塩原通緒 訳)は、好評発売中です。〔訳者あとがき=下巻に所収〕

               *

理系に苦手意識のある人だって、映像がまざまざと見えてくるようなストーリー展開に思わず、引きこまれて読めてしまう!「先端宇宙論」入門。本書の魅力を訳者が語ります。

 

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
11

ホーキング博士の直弟子が案内する『138億年宇宙の旅』試し読み

(書影・リンクをクリックするとAmazonにジャンプします)

ハヤカワ文庫『138億年宇宙の旅』上・下(クリストフ・ガルファール/塩原通緒 訳)は、6月6日(木)発売です。

                *

先端宇宙論の世界は不思議な謎に充ちている。秘密を探るため、地球から太陽系、銀河系、彼方の「目に見える宇宙全体」の果てへ飛び、宇宙誕生から今日まで138億年にわたる壮大な旅を始めよう。フ

もっとみる
スキありがとうございます!
12