マガジンのカバー画像

ハヤカワ・ミステリ

238
「ハヤカワ・ミステリ」及び「ハヤカワ・ミステリ文庫」の話題作品の解説、試し読みを公開中。
運営しているクリエイター

#ミステリー

『ストーンサークルの殺人』『ブラックサマーの殺人』の〈ワシントン・ポー〉シリーズ第三作、『キュレーターの殺人(仮)』邦訳決定!

 いま小社ミステリ文庫でヒットしている英国ミステリ〈ワシントン・ポー〉シリーズ。第一作のゴールド・ダガー受賞作『ストーンサークルの殺人』につづいて第二作の『ブラックサマーの殺人』も大好評のなか、第三作の『キュレーターの殺人(仮)』(原題:The Curator)の邦訳刊行が決定いたしました! 

イギリス・カンブリアで、三組の人体の一部が発見される。見つかった場所はパーティ会場から肉屋までバラバラ

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです

二〇二二年の早川書房の翻訳ミステリ&NVラインナップから大注目作をご紹介!

あけましておめでとうございます。
二〇二二年に刊行予定の翻訳ミステリ&NV作品ラインナップのなかから、一部をご紹介いたします。今年の早川書房は大作・話題作がドシドシ登場!
※タイトルは一部を除き原題および仮題です。

○絶対に読んでいただきたい話題作が勢ぞろい!

『We Begin at the End』クリス・ウィタカー/鈴木 恵 訳

英国推理作家協会賞最優秀長篇賞ゴールド・ダガー賞を筆頭に

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。

誰が殺し、誰が殺されるのか――? 特異な構成のミステリ『ゲストリスト』より訳者あとがきを公開!

海外ミステリファンの方々から大きな反響をいただいておりますルーシー・フォーリーの『ゲストリスト』。今回は本作の翻訳者の唐木田みゆき氏による訳者あとがきを公開いたします。

○訳者あとがき

 アイルランド沖の小さな孤島で一夜の宴が繰り広げられる。いまをときめく有名人カップルのウェディングパーティーだ。オンライン雑誌を立ちあげた女性起業家ジュール、サバイバル番組で活躍中のハンサムな売れっ子ウィル。し

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です

現代の「嵐の孤島」ミステリ! ルーシー・フォーリー『ゲストリスト』好評発売中!

ハヤカワ・ポケット・ミステリよりルーシー・フォーリー『ゲストリスト』(唐木田みゆき訳)が好評発売中! 

本書は、世界最大規模の書評サイトGoodReadsにて行われた年間ベスト・ミステリ投票で、2位以下にダブルスコアをつけて第1位を獲得した世界的ベストセラー。累計部数は100万部を超えております。

舞台となるのはアイルランドの孤島。オンラインメディアの寵児による結婚式にいたるまでと、そこで起こ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です

大切な人への贈り物や自分へのご褒美に。『クリスマスの殺人 クリスティー傑作選』は豪華な函入り本!

 メリー・クリスマス! クリスティー・ファンの皆さまに、少し早めのクリスマスのお知らせです。ミステリの女王アガサ・クリスティーの短篇の中から冬を舞台にしたものをセレクトした短篇集を、豪華な函入り本で皆さまにお届けします。クリスマスにはクリスティーを! 今年の冬は、クリスティーのミステリとともに過ごしてみませんか?

 早川書房でも珍しい函入りの豪華特装本である本書の紹介とともに、記事の後半ではアガ

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!

「大船に乗って楽しんで下さい」――『ブラックサマーの殺人』書店員さんから絶賛の嵐!part2

発売時より、「前作『ストーンサークルの殺人』よりも面白いのでは!?」とご好評いただいている『ブラックサマーの殺人』。今回は、発売前にゲラを読んでくださった書店員さんからの熱いコメント第二弾をお届けします!

殺人で終身刑になったカリスマシェフ、その殺されたと思われる人間が現れた!これはどういうことか?刑事の誤認逮捕だったのか?ポー刑事絶体絶命!このシチュエーション気にならないわけがない。冒頭からひ

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです

【応募は締め切りました】現代警察小説の最前線! 刑事ショーン・ダフィが密室殺人事件に挑むシリーズ最新刊『レイン・ドッグズ』がゲラで読める! 読者モニター募集キャンペーン実施

早川書房では、海外で大人気の〈ショーン・ダフィ〉シリーズの最新作である『レイン・ドッグズ』を、ハヤカワ・ミステリ文庫より本年12月に邦訳刊行! その読者モニターを募集いたします。          

(原書表紙)

 王立アルスター警察隊の警部補ショーン・ダフィの元にかかってきた電話は、北アイルランドにあるキャリック・ファーガス城で事件が起こったことを伝えるものだった。城の中庭で女性の転落死体が

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです

『ブラックサマーの殺人』三橋曉氏による解説文を公開! 「ユニークなバディものであると同時に、組織的な捜査を描く警察小説でもある」

大好評発売中の英国ミステリ『ブラックサマーの殺人』より、書評家・三橋曉氏による解説を公開いたします!

解説
 
ミステリ・コラムニスト   三橋曉  
 
 まだ地球が海水に覆われ、三葉虫らが栄えていた古生代の一時期が、カンブリア紀と呼ばれていることはご存じだろう。その呼称は、当時(約五億年前)の地層が多数見つかった地名に由来するそうだが、イングランドでもっとも美しい山々と伝えられてきたそのカン

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです

「待った甲斐がありました」「二作続けて超傑作」――『ブラックサマーの殺人』書店員さんから絶賛の嵐!part1

<刑事ワシントン・ポー〉シリーズ第二作にして、前作を上回る衝撃の展開に絶賛の声が止まない『ブラックサマーの殺人』。刊行前に本作のゲラをお読みいただいた、全国の書店員さんからの熱いコメントを2回に分けてご紹介していきます!

『ストーンサークルの殺人』があまりにも面白かったので、どうしても2作目への期待値は上がってしまうし、ちょっと不安もあったのですが、要らぬ心配でした!!
冒頭からドキドキしっぱな

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです

待望のシリーズ第二弾『ブラックサマーの殺人』10月19日刊行! Twitterでの大好評の声をご紹介

<刑事ワシントン・ポー〉シリーズ第二作にして、前作を上回る衝撃の展開が大好評の『ブラックサマーの殺人』。

前作『ストーンサークルの殺人』も2020年一番面白かったミステリとして多くの評価を受けているミステリですが、今作はさらに多くの絶賛の声が届いています。

本日は刊行前にお読みいただいた方のご感想ツイートをご紹介いたします!

冒頭試し読みはこちらです↓
https://www.hayakaw

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。

主人公の刑事ポーが最悪の窮地に!? 『ブラックサマーの殺人』本篇より緊迫の冒頭部分試し読みを公開!



10月19日発売の刑事〈ワシントン・ポー〉シリーズ『ブラックサマーの殺人』本篇より、衝撃的な展開の冒頭部を試し読みとして公開します!

『ブラックサマーの殺人』冒頭部試し読み



 フランス南部にズアオホオジロという鳴き声の美しい鳥が棲息している。
 体長六インチ、体重は一オンスにも満たない。灰色の頭部に淡黄色の喉、そして腹は美しい橙色をしている。太くて短いピンク色のくちばしに、ガラスでで

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です

『ブラックサマーの殺人』10月19日発売! 傑作『ストーンサークルの殺人』を上回る衝撃!



昨年ミステリ小説ファンに大好評を浴びた英国推理作家協会賞ゴールドダガー受賞作『ストーンサークルの殺人』。それに続く〈ワシントン・ポー〉シリーズの第二作『ブラックサマーの殺人』(M・W・クレイヴン/東野さやか訳)がいよいよ10月19日に発売予定です。

〇あらすじかつて刑事ポーによって一人の男が刑務所送りにされた――カリスマシェフとして名声を誇ったジャレド・キートン。彼は娘のエリザベスを殺した罪

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。

『木曜殺人クラブ』訳者あとがき公開。「笑ってもらうために悪戦苦闘」「老いることの切なさによって深い物語に」



好評発売中の『木曜殺人クラブ』(リチャード・オスマン)。本書の翻訳者である羽田詩津子氏に訳者あとがきをご執筆いただきました! 

出版後の訳者あとがき笑ってもらうために悪戦苦闘わたしが初めて『木曜殺人クラブ』と出会ったのは、早川書房の編集者N氏からリーディングの依頼を受けたときだった。ちなみにリーディングというのは、原書を読み、あらすじなどをまとめる作業で、翻訳権を取得するかどうかの判断にも関

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。

激賞相次ぐ『木曜殺人クラブ』のご感想まとめ「ユーモアに富み、ラストは染みる」「愉快でユーモラス」「すんごい面白い」



○激賞相次ぐ! 『木曜殺人クラブ』

刊行以来大好評の英国ミステリ『木曜殺人クラブ』(リチャード・オスマン/羽田詩津子 訳)。本作にお寄せいただいたご感想ツイートのリンクをまとめました。

○書誌情報

現代のミス・マープルたちが難事件に挑む謎解きミステリの傑作!

イギリスの引退者用施設、クーパーズ・チェイス。かつての修道院を中心に現代的な建築物が立ち並ぶこの施設では、敷地内の墓地と庭園を開

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!