ハヤカワ・ジュニア・ブックス

63
固定された記事

冨永愛翻訳! 夢を叶える女の子を応援する絵本『女の子はなんでもできる!』まとめ

すべての女の子に「あなたはステキ!」と呼びかけ、夢を追うことを応援する絵本『女の子はなんでもできる!』。モデルの冨永愛さんが翻訳を手がけています。各記事へは以下の目次からどうぞ!

〇『女の子はなんでもできる!』内容紹介

おんなのこは すごい だから おおきな こえで いってみようよ 
「わたしは おんなのこ! わたしは ステキ!」
読者の女の子たちに「できるよ! なれるよ!」と繰り返す、とって

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
2

小学3,4年生におすすめ、幼年童話から小説へのステップアップに最適『見つけ隊と燃える小屋のなぞ』【試し読み】

早川書房の小中学生向けレーベル〈ハヤカワ・ジュニア・ミステリ〉。
古今東西の優れたミステリをお届けする本レーベルの最新作をご紹介します。

その名も、〈五人と一匹見つけ隊〉『見つけ隊と燃える小屋のなぞ』。
20世紀を代表する英国の児童書作家イーニッド・ブライトンによる名作です。

今回は、4月14日(水)の発売に先駆け、第一章と第二章を公開します。

イーニッド・ブライトン 著/河合祥一郎  訳/

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です
17

6億部突破の児童文学作家による『〈五人と一匹見つけ隊〉見つけ隊と燃える小屋のなぞ』(ハヤカワ・ジュニア・ミステリ)

2021年4月、〈ハヤカワ・ジュニア・ミステリ〉に新しいシリーズが加わります。その名も〔五人と一匹見つけ隊〕シリーズ!
子ども5人と犬1匹の探偵団が大活躍する、小学校3~6年生向けのミステリです。

第一巻のタイトルは、『見つけ隊と燃える小屋のなぞ』。
子ども探偵団《見つけ隊》のメンバーが、近所で起きた放火事件のなぞにせまります。

イーニッド・ブライトン 著/河合祥一郎 訳/旭ハジメ 絵

◇あ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。
12

【募集を締め切りました】バレエ学校に入学したら、スパイの訓練を受けることに⁉『スパイ・プリンシパル(仮)』読者モニター

*募集を締め切りました*
*たくさんのご応募をありがとうございました*

2021年6月発売予定の『スパイ・プリンシパル(仮)』のゲラ(本になる前のためし刷りのこと)を読んで、アンケートに答えてくれるかたをさがしています!

「読書が大好き」「 ミステリに興味がある」という小中学生のみなさん。
そして、バレエを習っているそこのあなた! ぜひご応募ください!

■『スパイ・プリンシパル(仮)』とは

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
16

【募集を締め切りました】子ども5人と犬1匹の探偵チームが事件を解決⁉『子ども探偵 見つけ隊 燃える小屋のなぞ』(仮)

本書のあらすじや登場人物紹介はこちら

*読者モニターの募集を締め切りました*
*たくさんのご応募をありがとうございました*

【12月25日:追記】
本日、当落通知をお送りしました。
年内にはお手元に届くと思います。

本当にたくさんの方にご応募いただき、当選者をはじめに予定していたよりも5人増やしました。
それでも半数以上の方が落選となってしました。

当落は事前にお伝えしたとおり「読者モニタ

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
7

ハルと一緒に冒険しよう! 『列車探偵ハル 王室列車の宝石どろぼうを追え!』訳者あとがき

11歳の少年ハルが豪華列車で謎解きを繰り広げる、『列車探偵ハル 王室列車の宝石どろぼうを追え!』。大好評発売中の本作より、翻訳者の武富博子さんによるあとがきを公開いたします。
読者の感想はこちら
登場人物、列車の紹介はこちら
訳者あとがきはこちら
ためしよみはこちら

訳者あとがき   
武富博子


ハルはもうすぐ十二歳の少年。旅行作家のナットおじさんにつれられて、はじめは気乗りしないながら

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
11

下重暁子さん推薦!「クリスティーの作品はいま読んでも新しく、旅をしている気分になる」『名探偵ポアロ ナイルに死す』(ハヤカワ・ジュニア・ミステリ)

ハヤカワ・ジュニア・ミステリでは、公開が近づいてきた映画「ナイル殺人事件」の原作である『名探偵ポアロ ナイルに死す』(佐藤耕士訳)を刊行しています。

この作品は40年以上前にも「ナイル殺人事件」の題で映画化され、いまも語り継がれる名作となりました。その映画、舞台となる豪華客船とナイル川、そしてクリスティーの作品の魅力を作家の下重暁子さんに語っていただきました。

下重暁子(作家)

目の前に一枚

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。
7

ポアロとヘイスティングズがかっこいい!『名探偵ポアロ ABC殺人事件』読者モニターの感想 その3

ナゾとき×キャラクター×物語が魅力のハヤカワ・ジュニア・ミステリ。

7月に発売した『名探偵ポアロ ABC殺人事件』を読んだみなさんから、キャラクターに関する感想がたくさん届いています。

そこで今回はキャラクターにスポットを当てて、『名探偵ポアロ ABC殺人事件』の魅力を紹介したいと思います。

画像は販売サイトにリンクしています
(あらすじ等はこちら)

やっぱりポアロはかっこいい!

・魅力

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。
14

夏休みの読書にぴったり! 小中学生に送る名作ミステリ。ハヤカワ・ジュニア・ブックス8月の新刊

世界中の名探偵が集まる児童書レーベル〈ハヤカワ・ジュニア・ミステリ〉。
その第1弾として、「ミステリの女王」アガサ・クリスティーの傑作長編10作を3月から毎月連続で刊行しています。

当初は毎月2冊ずつ刊行し7月には全10編を刊行する予定でしたが、変更となりました。楽しみに待っていてくださったみなさま、申し訳ございません。
『名探偵ポアロ ナイルに死す』は9月に刊行いたします。

クリスティーの作

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
11

近所で起きた事故の先に、大冒険がまっていた!『茶色の服の男』(アガサ・クリスティー)ハヤカワ・ジュニア・ブックス

世界中の名探偵が集まるレーベル〈ハヤカワ・ジュニア・ミステリ〉。その第1弾は、アガサ・クリスティーの長篇10作品です。名探偵ポアロ、ミス・マープル、トミーとタペンスなどの代表作を読めるセレクションです。

今日は、8月26日に発売する『茶色の服の男』をご紹介します!

『茶色の服の男』
アガサ・クリスティ― 深町眞理子 訳 くろでこ 絵

あらすじ

冒険を夢見るアンは、地下鉄で事故を目撃した。

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
9

この秋一番のワクワクを! 〈ハヤカワ・ジュニア・ミステリ〉が贈る最新列車ミステリ『列車探偵ハル 王室列車の宝石どろぼうを追え!』刊行決定!

世界中の名探偵が集まる〈ハヤカワ・ジュニア・ミステリ〉。10月から、新シリーズが始まります。その名も『列車探偵ハル』! 世界各国の鉄道をモデルにした列車で起きる難事件を11歳の少年ハルが解決します。アガサ・クリスティー『オリエント急行の殺人』にオマージュをささげた本シリーズ、第1作『列車探偵ハル 王室列車の宝石どろぼうを追え!』では、ブリテン島を一周する豪華蒸気機関車で、ハルが宝石どろぼうと対決し

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
11