マガジンのカバー画像

同志少女よ、敵を撃て

12
運営しているクリエイター

記事一覧

【予約受付中!】3/18(金)19:30-『同志少女よ、敵を撃て』読書会開催

第11回アガサ・クリスティー賞大賞受賞 デビュー作にして、直木賞ノミネート キノベス!2022で…

逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃て』デビュー作にして、直木賞候補に。

第11回アガサ・クリスティー賞⼤賞受賞作の逢坂冬⾺『同志少⼥よ、敵を撃て』(2021年11⽉17⽇…

彼女の敵とは、いったい何者だったのか──沼野恭子さんが読む『同志少女よ、敵を撃て…

新人離れした筆力が評価され、第11回のアガサ・クリスティー賞の大賞に輝いた、逢坂冬馬氏の『…

【11月17日発売!】『同志少女よ、敵を撃て』書店員さんのご感想を公開!【第一弾…

とうとう発売となった第11回アガサ・クリスティー賞大賞受賞作、逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃…

【期間限定配信】『同志少女よ、敵を撃て』の無料拡大お試し電子書籍、配信開始!【11…

ついに発売となった今年のアガサ・クリスティー賞大賞受賞作、逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃て…

【試し読み】『同志少女よ、敵を撃て』冒頭第一章を全文無料公開!

◎推薦コメント とうてい新人の手とは思えなかった。まず、文章表現には不利な戦闘シーンの描…

【早川書房、2021年下半期最大の注目作】話題沸騰の11月刊・逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃て』Twitterでの反応をご紹介!【第三弾】

書影が公開されてさらに話題沸騰の逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃て』。 独ソ戦を舞台に女性だけの狙撃小隊の物語を描いた本作は、アガサ・クリスティー賞史上初、全選考委員が5点満点をつけて大賞を受賞しました。 11月17日の刊行に先立ち、お読みいただいた方々からTwitterでいただいたご感想をご紹介していきます! ●著者について逢坂冬馬(あいさか・とうま) 1985年生まれ。明治学院大学国際学部国際学科卒。本書で、第11回アガサ・クリスティー賞を受賞してデビュー。埼玉県在住。

【早川書房、2021年下半期最大の注目作】逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃て』書影を初公…

11月17日(水)の発売日まで1か月を切った、今年のアガサ・クリスティー賞大賞受賞作、逢坂冬…

【早川書房、2021年下半期最大の注目作】話題沸騰の11月刊・逢坂冬馬『同志少女よ、敵…

新人離れした筆力、作品の完成度に各所からの絶賛の声がやまない『同志少女よ、敵を撃て』11月…

【早川書房、2021年下半期最大の注目作】話題沸騰の11月刊・逢坂冬馬『同志少女よ、敵…

刊行に先立ちお読みいただいた方々から絶賛をいただき、各所で話題を呼んでいる『同志少女よ、…

【早川書房、2021年下半期最大の注目作】史上初、選考委員全員が5点満点をつけた話題…

新人離れした筆力が評価され、第11回のアガサ・クリスティー賞の大賞に輝いた、逢坂冬馬氏の『…

史上初、選考委員全員が5点満点をつけた、第11回アガサ・クリスティー賞大賞受賞作、…

●選考委員、絶賛! アクションの緊度、迫力、構成のうまさは只事ではない。 とても新人の作品…