【早川書房、2021年下半期最大の注目作】話題沸騰の11月刊・逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃て』Twitterでの反応をご紹介!【第一弾】
見出し画像

【早川書房、2021年下半期最大の注目作】話題沸騰の11月刊・逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃て』Twitterでの反応をご紹介!【第一弾】

刊行に先立ちお読みいただいた方々から絶賛をいただき、各所で話題を呼んでいる『同志少女よ、敵を撃て』
11月17日刊行ですが、すでに多くの方がTwitterでご感想を上げてくださっています!

本日はそのTwitterでのご感想の一部をご紹介します!

●著者について

逢坂冬馬(あいさか・とうま)
1985年生まれ。明治学院大学国際学部国際学科卒。本書で、第11回アガサ・クリスティー賞を受賞してデビュー。埼玉県在住。

●あらすじ

1942年、独ソ戦のさなか、モスクワ近郊の村に住む狩りの名手セラフィマの暮らしは、突如奪われる。日常と家族を奪った敵に復讐をはたすべく、中央女性狙撃訓練学校で、一流の狙撃兵になることを決意したセラフィマ。同じような境遇で家族を喪い、戦うことを選んだ仲間たちとともに訓練を重ねながら、やがてセラフィマは、赤軍女性狙撃小隊の一員としてスターリングラードの前線へ向かうことに──。

●書誌情報

■タイトル:『同志少女よ、敵を撃て』
■著者:逢坂 冬馬
■本体定価:1900円+税
■発売日:2021年11月17日 
■判型:並製単行本

ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/