ハヤカワSF

261

【特典情報付き】平成生まれのJKハル、異世界で元気にしてます。シリーズ短篇集『JKハルは異世界で娼婦になったsummer』12月4日発売

『JKハルは異世界で娼婦になった』のシリーズ短篇集、『JKハルは異世界で娼婦になったsummer』(平鳥コウ)が、ハヤカワ文庫JAより12月4日に発売になります。発売即重版のコミック版『JKハルは異世界で娼婦になった』第1巻(新潮社)とともに、ぜひ『JKハル』の世界をお楽しみください。

『JKハルは異世界で娼婦になったsummer』
カバーデザイン:楠目智宏(arcoinc)、カバーイラスト:山

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
21

すべてが広くて大きくて光ってる! 中国SF最前線:成都SF大会レポート

『三体』(劉慈欣・著)のベストセラーで、一気に日本での中国SFの存在感が増した2019年。中国ではSFが大人気! 11月22日から中国・成都で開催されたSF大会に、早川書房から清水と梅田が参加しました。

【1日目:コンサートかな? みたいな演出でスタート】

 とっても大きな会場、そしてレーザーが飛び交うド派手な演出で始まった成都SF大会。これはコンサートではありません。SF大会です。

 劉慈

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。
25

新作宇宙冒険SF『量子魔術師』試し読み

11月20日発売のデレク・クンスケン『量子魔術師』。『三体』の著者の劉慈欣も推薦コメントを寄せた、ミリタリーSF版『オーシャンズ11』とでもいえる傑作宇宙SFです。著者の第一長篇ながら、ローカス賞第一長篇部門のほか、カナダのSF賞オーロラ賞長篇部門や中国の星雲賞翻訳部門にノミネートされた話題作です。

あらすじ
詐欺師の“魔術師”ベリサリウスは、遺伝子操作により驚異の量子解析力をもつホモ・クアント

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
18

テクノロジーはわれわれを根本的に変えるーー新作宇宙冒険SF『量子魔術師』

11月20日発売のデレク・クンスケン『量子魔術師』は、ミリタリーSF版『オーシャンズ11』? それとも、スペースオペラ版『特攻野郎Aチーム』? と楽しんでいただきたい、アクションたっぷりの宇宙冒険SFです。

あらすじ
詐欺師の“魔術師”ベリサリウスは、遺伝子操作により驚異の量子解析力をもつホモ・クアントゥスの一人。その彼が依頼されたのは厳重に警備された“世界軸”ワームホール・ネットに宇宙船、それ

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
11