海外文芸

158

”ジェンダー・ギャップ世界最小”のアイスランド発の小説『花の子ども』が描く〈男らしさ〉と家族の姿とは。(朱位昌併)

世界経済フォーラムが公表する、各国における男女格差を測るジェンダー・ギャップ指数のランキングで、12年連続で1位となるアイスランド。

そのアイスランドで発表され、「新たな男性像」を描き出した点を評価され、アイスランド女性文学賞を受賞した長篇小説『花の子ども』を4月14日に早川書房から刊行します。

アイスランドの〈男らしさ〉とはどのようなものか。家族のかたちと制度はどうなっているのか。本作の魅力

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
26

アイスランドの小説は、暗いものだけじゃない。孤独な旅の果てに見つけた希望と、ちょっぴり変わった家族の物語『花の子ども』訳者あとがき(神崎朗子)

アイスランドを代表する作家オイズル・アーヴァ・オウラヴスドッティルによる小説『花の子ども』を4月14日に早川書房より刊行します。

アイスランドの小説というと、日本でも人気のアーナルデュル・インドリダソンによる、暗く重厚な作品が思い浮かぶかもしれません。じっさい、そう思ったという読者モニターの方々の感想も届いています。

いっぽう、『花の子ども』は、光が印象的な小説です。
ひとりの青年の成長をとお

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
43

大前粟生さん推薦。アイスランドから届いた、ちょっと変わった家族の物語『花の子ども』試し読み

アイスランド発、フランスで40万部を突破した小説『花の子ども』。旅をつうじて青年の成長を描くとともに、家族のあり方をさぐる本作を、2021年4月14日に早川書房より刊行します。
ここでは、本書の魅力を語る賛辞と、冒頭部分を公開します。

『花の子ども』
オイズル・アーヴァ・オウラヴスドッティル
神崎朗子訳
早川書房より4月14日発売

◉あらすじ

母が遺したバラをもって僕は旅に出る。遠くの修道院

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
34

アイスランド女性文学賞受賞。旅をつうじて、自分なりの家族の形を見つめ直す長篇小説『花の子ども』(オイズル・アーヴァ・オウラヴスドッティル)

早川書房では、4月14日にアイスランドの作家オイズル・アーヴァ・オウラヴスドッティルの長篇小説『花の子ども』(原題 AFLEGGJARINN)を刊行します。

『花の子ども』
オイズル・アーヴァ・オウラヴスドッティル
神崎朗子 訳
早川書房より4月14日発売

◉あらすじ

男らしさと家族のかたちを見つめ直す、アイスランド女性文学賞受賞作

母が遺したバラをもって僕は旅に出る。遠くの修道院にある庭

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
42

ジェンダーギャップ指数で読み解く『三つ編み』。110位の日本ではどう読まれるか? 解説/髙崎順子氏



(書影・リンクは、Amazonにリンクしています)
『三つ編み』レティシア・コロンバニ/齋藤可津子訳/早川書房

境遇が異なる3人の女性たちを描く『三つ編み』。フランスで書かれたにもかかわらず、実は、フランス人もフランスという国も出てきません。それはなぜか? そして、他の国が選ばれたのはどうしてか? 
フランス在住のライター、髙崎順子氏による解説を公開します。

ジェンダーギャップ指数で読み解

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。
26

日本では、強い女の子は圧倒的に損なのだ。なぜか?――『三つ編み』レビュー(佐々涼子 ノンフィクション・ライター)



(書影はAmazonにリンクしています)

早川書房より好評発売中の『三つ編み』(レティシア・コロンバニ/齋藤可津子訳)。理不尽な人生に立ち向かう3人の女性たちを描き、フランスで100万部突破したベストセラーを、ノンフィクションライターの佐々涼子さんがレビューします。

* * *

日本では、強い女の子は圧倒的に損なのだ。なぜか?

佐々涼子

レビューを書く前に、ごくごく個人的な話をすると

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。
49

抵抗する者たちの物語――『三つ編み』レビュー(河出真美〔梅田 蔦屋書店 洋書コンシェルジュ〕)



(書影はAmazonにリンクしています)

早川書房より4月18日に発売する『三つ編み』(レティシア・コロンバニ/齋藤可津子訳)。理不尽な人生に立ち向かう3人の女性たちを描き、フランスで100万部突破したベストセラーの最速レビューを、梅田 蔦屋書店 洋書コンシェルジュの河出真美さんがお届けします。

* * *

抵抗する者たちの物語――『三つ編み』

河出真美(梅田 蔦屋書店 洋書コンシェル

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
7

フランスで100万部、女性たちにエールを送る小説『三つ編み』(レティシア・コロンバニ、齋藤可津子訳)訳者あとがき



(書影・リンクは、Amazonにリンクしています)
『三つ編み』レティシア・コロンバニ/齋藤可津子訳
早川書房/4月18日発売

* * *

理不尽な人生と闘う3人の女性。遠く離れた彼女たちを支えたのは、髪のきずなだった。
フランスで100万部突破し、全世界で共感と賛同の声があがっている小説『三つ編み』(レティシア・コロンバニ)の読みどころを、訳者の齋藤可津子さんに語っていただきます。

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です
12

フランスで120万部突破、日本でも続々重版!! 圧倒的共感を集める小説『三つ編み』(レティシア・コロンバニ)試し読み



『三つ編み』レティシア・コロンバニ/齋藤可津子訳/
早川書房/2019年4月18日発売

理不尽な人生と闘う3人の女性を描き、フランスで100万部突破、日本でも圧倒的共感を集めている小説『三つ編み』。その一部を無料公開中です。

◎『三つ編み』をめぐる座談会(和田彩花氏×新井見枝香氏×かん氏)

◎著者インタビューが大反響! 

◎TV紹介
NHK「ひるまえほっと」内「中江有里のブックレビュー

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
43

困難に立ち向かう女性たちをつなぐ物語――フランスで100万部突破の小説『三つ編み』(レティシア・コロンバニ)



『三つ編み』レティシア・コロンバニ/
齋藤可津子訳/早川書房

理不尽な人生と闘う3人の女性を描き、フランスで100万部突破、日本でも圧倒的共感を集めている小説『三つ編み』(原題:La Tresse)。2019年4月に刊行して以来、新聞雑誌、SNSで話題となり、圧倒的な共感を呼んでいます。
■試し読みはこちら。

◎『三つ編み』をめぐる座談会(和田彩花氏×新井見枝香氏×かん氏)

◎著者インタ

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
21