ハヤカワ・ミステリ

213

華文ミステリの新境地!『悪童たち』(紫金陳)――卓越したチャイニーズ・ノワールの傑作

華文(中国語圏)ミステリの注目作、紫金陳(しきんちん/ズージンチェン)の『悪童たち』が刊行以来大好評をいただいております!

 一読した時、本当に驚きました。こんなに面白い華文ミステリがまだ紹介されていなかったのか! と。そして、こんなに面白いノワール・ミステリが中国で書かれていたのか! と。そんな風に読者の皆様も仰天してくれること間違いなし! そんな『悪童たち』を改めてジャンル小説の面からご紹介

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!

〝第一級の誘拐小説として、自信をもってお薦めすることができる〟――書評家 杉江松恋氏による『ザ・チェーン 連鎖誘拐』解説を公開

好評発売中の『ザ・チェーン 連鎖誘拐』(エイドリアン・マッキンティ著/鈴木恵訳)より、書評家 杉江松恋氏の解説を掲載いたします。

解説 杉江松恋(書評家)    エイドリアン・マッキンティの根底には怒りがある。
 それが内に向かえば苦い自己否定、外に向かえばくだらない社会への憎悪。
 激しい感情のうねりを、極力制御し、冷ややかな文章へと置き換える。
 そういう過程を経て、マッキンティ作品は出来上

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。

米ミステリ界の巨匠ドン・ウィンズロウによる『ザ・チェーン 連鎖誘拐』著者へのインタビューを特別掲載

『犬の力』『ザ・カルテル』『ザ・ボーダー』などで知られる米ミステリ界の巨匠ドン・ウィンズロウ。彼が『ザ・チェーン 連鎖誘拐』著者エイドリアン・マッキンティに創作の秘密を尋ねたインタビュー記事を特別掲載いたします。

二〇一九年九月二十一日

ドン・ウィンズロウ(以下DW) エイドリアン、いそがしかったこの夏が終わって、今はどうしてる?

エイドリアン・マッキンティ(以下AM) 元気でいますよ、あな

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです

娘を返してほしければ、他人の子供を誘拐しろ――傑作小説『ザ・チェーン 連鎖誘拐』衝撃の冒頭部を掲載

現在好評発売中の〝誘拐〟スリラー小説『ザ・チェーン 連鎖誘拐』より、激烈なインパクトの冒頭部分を公開いたします。1 木曜日、午前七時五十五分

 バス停に腰をおろして自分のインスタグラムの〝いいね〟をチェックしていたので、銃を持った男に気づいたときには、男はもうほとんどカイリーの横まで来ている。
 学校鞄を放り出して湿地へ逃げられるかもしれない。こっちは十三歳のすばしこい女の子だし、プラム島の沼沢

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。

大注目の〝誘拐〟スリラー小説『ザ・チェーン 連鎖誘拐』とは?



昨年から話題となっていた作品が遂に登場!小社ミステリ班が自信をもってお送りする大作スリラー『ザ・チェーン 連鎖誘拐』(エイドリアン・マッキンティ著/鈴木恵 訳)が、2月20日にハヤカワ・ミステリ文庫よりついに刊行です! 

昨年12月に先読みゲラ読者モニターを募集したところ、定員を大きく上回る応募者が殺到しました。実際にお読みいただいたモニターや書店員の方からは「非常におもしろく斬新なストーリ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。

【応募受付は終了いたしました】英米で大絶賛の"誘拐"小説! 『ザ・チェーン 連鎖誘拐』の"ゲラ版"読者モニターを募集



             (原書版カバー)

●イントロダクション
 株式会社早川書房は、2020年2月下旬に『ザ・チェーン 連鎖誘拐』上・下(エイドリアン・マッキンティ/鈴木 恵訳)をハヤカワ・ミステリ文庫より発売いたします。
 誘拐された子供を取り戻すため、他人の子供を誘拐しなければならなくなったシングルマザー。彼女に襲い来る危機また危機を描いて、英米ミステリ界の巨匠たちから絶賛を浴びてい

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です

秋の夜長にぴったりのページターナー『サイコセラピスト』の魅力と怖さ

無名の新人のデビュー作にもかかわらず、ベストセラー・リストに異例の長期ランクイン。それも納得とうなずける、新人離れした筆力で書かれたミステリ『サイコセラピスト』。坂本あおいさんによる訳者あとがきを公開いたします。

(書影をクリックするとAmazonにジャンプ)

『サイコセラピスト』(The Silent Patient, 2019)はイギリスの作家、アレックス・マイクリーディーズのデビュー作で

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です

柴田よしきが放つ本格サスペンス決定版『青光(ブルーライト)』解説公開!

 そのプロフェッショナリズム溢れる手数の多さと繊細で力強い筆致から紡がれるリーダビリティの高い文章に定評がある、柴田よしき、渾身の本格サスペンスがハヤカワ文庫より刊行された。『青光(ブルーライト)』は、数々の伏線が回収され、何度もだまされる、ミステリの快楽に満ちた作品だ。本記事では、刊行を記念し、文庫解説を公開し、作品の魅力をお伝えしたい。

『青光(ブルーライト)』
柴田よしき
ハヤカワ文庫JA

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。

エドガー賞受賞作『晩夏の墜落』が文庫&ポケット判の2形態で7月6日同時発売! 人気海外ドラマ『ファーゴ』『BONES』のクリエイターが執筆した社会派サスペンス傑作から、衝撃の冒頭部分を公開

 全米最高のミステリ小説に与えられるアメリカ探偵作家クラブ賞(通称「エドガー賞」)の最優秀長篇賞を受賞した『晩夏の墜落』(ノア・ホーリー著/川副智子訳)が、ポケット判と文庫で2つの判型で7月6日同時発売となりました。

 ※文庫版・ポケット判の内容は同一です。

 本書を執筆したのは、話題の人気海外ドラマ『FARGO/ファーゴ』『BONES―骨は語る―』『レギオン』などを手掛けたドラマクリエイター

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです