ハヤカワ国内フィクション

9
記事

【日本SF大賞受賞記念】小川一水《天冥の標》電子書籍合本版、主要書店すべてで配信開始! あわせてⅠ・Ⅱ巻が期間限定無料に!

小川一水氏の第40回日本SF大賞受賞を記念して、これまで配信されたシリーズ、全10巻/17冊をひとつにまとめた合本版が、いよいよ4/23(木)より主要電子書籍書店すべてで配信開始されます。続巻の刊行時期にヤキモキすることもなければ品切れに戸惑うこともなく、ゆっくりと2010年代のSFを代表する傑作シリーズにチャレンジしてみるのはどうですか?
*以下、Kindle商品ページへのリンクになりますが、主

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
76

【日本SF大賞受賞記念】小川一水《天冥の標》電子書籍合本版配信開始!(Kindle先行配信あり)

去る2月23日、第40回日本SF大賞が発表され、小川一水氏の《天冥の標》シリーズが大賞を受賞しました。それを記念して、これまで配信されたシリーズ、全10巻/17冊をひとつにまとめた合本版が4/23(木)より配信開始となります。Kindleストアでは1週間先行して4/16(木)から配信スタート! Kindleユーザの方はぜひこの機会にどうぞ。

 小川一水氏はこれまでに『第六大陸』(上・下)、『コロ

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
27

【祝! 日本SF大賞受賞】ReaderStoreにて、小川一水作品29点のポイントバックフェア開催中!

去る2月23日、第40回日本SF大賞が発表され、小川一水氏の《天冥の標》シリーズが大賞を受賞しました。それを記念して、電子書籍書店ReaderStoreでは29作品を対象とした20%ポイントバックセールを3/31(火)まで開催中です。
*最新刊『ツインスター・サイクロン・ランナウェイ』を除く

ReaderStore限定で展開中の小川一水作品・29タイトルポイントバックフェアの一覧についてはこちら

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
9

世界最長の物語を書いた人──栗本薫作品電子書籍セール開催中! 〈グイン・サーガ〉を含む約180点が半額!

稀代のストーリーテラー、栗本薫(中島梓)さんが亡くなって10年、その代表作〈グイン・サーガ〉が誕生して40年が経ちました。この春、早川書房では記念作品として、その実像に迫るノンフィクション2点を刊行しました。

『世界でいちばん不幸で、いちばん幸福な少女』
今岡清・著(4月刊)

『栗本薫と中島梓 世界最長の物語を書いた人』
里中高志・著(5月刊)

また、合わせて栗本作品の電子書籍半額セールが主

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
15

もうひとつの『零號琴』がここに――SFマガジン連載版をそのまま電子書籍化した『零號琴〔SFマガジン連載版〕』配信中!

2018年、飛浩隆氏による16年ぶりの第2長篇『零號琴』が刊行されました。SFマガジンでの連載を大幅に加筆訂正した本作は、待望の新作として、刊行予定が発表されるやいなや大きな話題を呼びました。

『零號琴』

もちろん、刊行後も読了した読者の惜しみない賛辞は尽きることがなく、本日発売した『SFが読みたい! 2019年版』で発表された「ベストSF2018」でも圧倒的な強さで第1位に。ちなみに飛浩隆氏

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
12

年末年始にイッキ読み。電子書籍セール開催【SF篇】 大河SF『天冥の標』完結篇刊行開始! 既刊14点が半額!

2009年に刊行が開始された小川一水氏の『天冥の標』。長い長い時間と壮大な空間を舞台に描かれてきたこの大河SFがついに完結します。
電子書籍版は12月27日に完結篇『青葉よ豊かなれ』の第1巻が配信開始、全3巻が毎月連続刊行される予定です(2、3巻は紙版と同時配信)。

これを機に、主要各電子書籍書店では、既刊全14点の半額セールが開催されています。期間は2018年12月28日〜2019年1月10日

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
13

【終了】ライトノベル読者にもオススメ! 対象作約190点の小説が半額となる「国内作家セール」開催中!

現在、主要電子書籍ストアで国内作家セールが開催されています(12月25日まで)。高千穂遙〈ダーティペア・シリーズ〉や野田昌宏〈銀河乞食軍団〉、冲方丁〈マルドゥック・シリーズ〉や宮澤伊織『裏世界ピクニック』など、190点が50%OFF(半額)となっています。

魅力的なキャラクターがところせましと活躍する傑作の数々は、ライトノベルやライト文芸の読者にもオススメ! この冬、キャラクターと物語を愛するす

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
63

衝突まで0.5秒、車載AIによる最後の審判――「Final Anchors」配信開始

「天駆せよ法勝寺」で第9回創元SF短編賞を受賞した新鋭・八島游舷氏の、もうひとつの話題作「Final Anchors」を8月15日より電子書籍オリジナル版で配信開始しました。これからの人とAIの行方を問う、傑作SF短篇!

「Final Anchors」(電子書籍オリジナル版)

〈STORY〉

サンフランシスコの交差点、2台の車の衝突まで残り0.5秒。

人間の反応時間ではもはや間に合わず、相

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。
5

「原尞 電子書籍既刊セール」開催! 『それまでの明日』を読む前でも、読んだあとでもOKです。

いよいよ本日、原尞氏待望の新刊『それまでの明日』が刊行となりました!
本作は電子書籍版も同日配信開始となっておりますので、電子書籍ユーザーのみなさんはぜひそちらでのお求めもご検討ください。

また、本日から3月14日(水)まで、既刊作品全点を対象としたセールが開催中です。第一作『そして夜は甦る』が52%割引、エッセイ集2点を含む残りの6点が30%割引となるお得な2週間。

(新刊『それまでの明日』

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。
1