ハヤカワ国内フィクション

7
ノート

いま最も読まれているSFラブストーリー。『なめらかな世界と、その敵』

名練による初のSF短篇集『なめらかな世界と、その敵』が8月20日に発売されました。寡作ながら発表した短篇のほとんどが年刊日本SF傑作選に収録され、プロ作家・翻訳家からも高い評価を得ている逸材の傑作集! 書店完売が相次いで発売即5刷が決定した、いま最も読まれている1冊です。

『なめらかな世界と、その敵』
伴名練
装画:赤坂アカ

【内容紹介】
いくつもの並行世界を行き来する少女たちの1度きりの青春

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
78

1話5分で読めるSFショートショート 試し読み! 草上仁『5分間SF』(ハヤカワ文庫JA)

あっと驚く結末が、じわりと心に余韻を残す、すこしふしぎなお話が盛りだくさん。いつでもどこでも楽しめるSFショートショート、草上仁『5分間SF』(ハヤカワ文庫JA)。その中の一篇「半身の魚」の試し読みを公開! あなたはこのお話のオチ、想像できますか? 

■半身の魚

この池の魚は尽きることがない。ただし、勝手に取るなよ。

 喉が渇いていた。
 腹も減っていた。
 二日の間、惑星サザーンの砂漠を歩

もっとみる
スキありがとうございます!
28

澤村伊智『ファミリーランド』サイン本を販売して頂いている書店さまのまとめ(2019/7/22更新)

7/18発売になりました澤村伊智さんの最新刊『ファミリーランド』のサイン本を販売していただいている、書店さまのまとめページです。なお、各書店さまのサイン本には数量に限りがございますので、ご了承くださいませ。

明正堂アトレ上野店さま

有隣堂ヨドバシAIKIBA店さま

書泉ブックタワーさま

八重洲ブックセンター本店さま

丸善丸の内本店さま

三省堂書店有楽町店さま

書泉グランデさま

三省

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
3

『ぼぎわんが、来る』『予言の島』の澤村伊智が描く6つの未来家族……令和元年最恐SF『ファミリーランド』ご入園の手引き

※書影は販売サイトとリンクしています

2015年に『ぼぎわんが、来る』で第22回日本ホラー小説大賞を受賞し、デビュー。その後、ホラーやミステリを中心に話題作を次々と世に送り出してきた澤村伊智さんが、早川書房から初の単行本を刊行します。

本作『ファミリーランド』のテーマは「未来と家族」。今より少し未来の日本で、嫁が、姑が、息子が、娘が、夫が、妻が、母が、父が……愛し合い憎しみ合いながら生きて

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
17

1話5分で読めるSFショートショート、草上仁『5分間SF』いよいよ発売!

7/18発売のSFショートショート・草上仁『5分間SF』。あっと驚く結末が、じわりと心に余韻を残す、すこしふしぎなお話が盛りだくさん。いつでもどこでも楽しめるSFショートショート作品集をお届けします。

■作品一覧

①大恐竜

TV番組のロケ中に、探検隊のクルーが見た驚きの光景とは?

②扉

監禁された部屋で目覚めた男たち。部屋の外は宇宙? それとも……。

③マダム・フィグスの宇宙お料理教室

もっとみる
スキありがとうございます!
17

デビューから20年超の軌跡を語る文庫版あとがき公開! 川端裕人『青い海の宇宙港』

川端裕人さんが『夏のロケット』でデビューしたのは1998年。キャリア20年超となった今年、そのデビュー作から連なる『青い海の宇宙港 春夏篇/秋冬篇』が文庫化されました。川端さんがその2作をつなぐ軌跡を語った文庫版あとがきを公開します。

■文庫版のための後書き
──『夏のロケット』から『青い海の宇宙港』まで──

 本作品『青い海の宇宙港』の前日譚的な位置づけにある『夏のロケット』(現在は文春文庫

もっとみる
スキありがとうございます!
13

「二十年後の光の子どもたちへ……」村石宏實(監督)×小中千昭(脚本)×権藤俊輔(アクター)× 中村浩二(アクター)×切通理作『ウルトラマンティガ』スペシャルトーク冒頭公開

去る6月20日(木)新宿ロフトプラスワンにて、小中千昭による小説『ウルトラマンティガ 輝けるものたちへ』の刊行を記念して「ウルトラマンティガ トーク&上映会」が開催されました。

チケットが発売日に完売、大盛況となった同イベントのスペシャルトーク、その冒頭部分の採録を公開いたします。

トークイベント登壇者(敬称略)
村石宏實(『ウルトラマンティガ』監督)
小中千昭(『ウルトラマンティガ』脚本/『

もっとみる
スキありがとうございます!
14