ハヤカワ国内フィクション

8
ノート

サンヌキカノ……って知ってますか? 『裏世界ピクニック』ファイル10お試し版

宮澤伊織『裏世界ピクニック』シリーズ最新話、ファイル10「サンヌキさんとカラテカさん」が31日より順次配信。ファイル9「ヤマノケハイ」の続篇となる本作の冒頭部分を公開します。ファイル9~11を収録した第3巻は、今秋刊行の予定です。

宮澤伊織『裏世界ピクニック2』
ハヤカワ文庫JA/ファイル5~8収録

ファイル9「ヤマノケハイ」
(電子書籍オリジナル版)

1

「だいぶ伸びたよね、空魚」
 池

もっとみる
スキありがとうございます!
10

コミック版『裏世界ピクニック』第1巻発売。原作者「マジですごい」

月刊「少年ガンガン」で好評連載中の、水野英多先生によるコミカライズ版『裏世界ピクニック』の単行本1巻が発売となりました。原作の魅力が余すことなく描かれた漫画化に加え、巻末には原作者・宮澤伊織先生によるSS「間章 夜桜おねえさんの深夜配信」も収録!

『裏世界ピクニック』①
(スクウェア・エニックス刊/電子版あり)

【STORY】
「くねくね」や「八尺様」など、ネット上で実話怪談として語られる危険

もっとみる
スキありがとうございます!
7

もし、他人の記憶を擬似体験できる未来がやってきたら……三雲岳斗『忘られのリメメント』冒頭公開

8月21日発売、特殊なシールを額に貼るだけで、他人の記憶を擬似体験できるようになった近未来を舞台に描くSFサスペンス『忘られのリメメント』(三雲岳斗)の冒頭部分を公開します。

――――――――

 海の中にいる自分を思い出す。
 世界は果てしなく続く深い青。
 陽射しはその濃密な青に溶け、群青色の闇へと沈んでいく。
 呼吸の音は聞こえない。息継ぎなしで潜るフリーダイビング。静寂の中に響くのは、ガ

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
10

夏に男子が〈いちゃいちゃ!?〉、いや、〈わちゃわちゃ!!〉する青春小説 3章分試し読み

14歳、中学2年の男子が5人も集まれば、当然いちゃいちゃするもの――いえ、わちゃわちゃするものですよね。助け合い、励まし合い、ふざけ合い、語り合い、一方で…嫉妬し合い、けなし合い、足を引っ張り合い……良いことも悪いこともいつも一緒、それが中2男子の「THE 青春」ですよね。

それぞれ個性際立つ5人の中学生が、広島で出逢い、そしてともにすごす。純粋でとっても濃い友情に心うたれる、『別れ際にじゃあの

もっとみる
スキありがとうございます!
12

衝突まで0.5秒、車載AIによる最後の審判――「Final Anchors」配信開始

「天駆せよ法勝寺」で第9回創元SF短編賞を受賞した新鋭・八島游舷氏の、もうひとつの話題作「Final Anchors」を8月15日より電子書籍オリジナル版で配信開始しました。これからの人とAIの行方を問う、傑作SF短篇!

「Final Anchors」(電子書籍オリジナル版)

〈STORY〉

サンフランシスコの交差点、2台の車の衝突まで残り0.5秒。

人間の反応時間ではもはや間に合わず、相

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
5

幻の作家が早川書房noteに寄稿!?

さきごろ刊行された『夏の王国で目覚めない』(彩坂美月・著/JA文庫)。
 作中に登場する、幻の作家、正体を現さない謎の作家・三島加深の作品の一部が、ついに発見されました!? カルティックな魅力に満ちたその作品をどうぞ肌で感じてください。

「お前は真正の悪食なのだわ」
 蔑むようにサド姫は言った。
「どうしてそんなことがわかるんです? あなたは、私ではないのに」
 反発よりというよりも戸惑いを含ん

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
6

月ノ美兎が語る戯曲『サマータイムマシン・ブルース』(ヨーロッパ企画)

祝・劇団「ヨーロッパ企画」20周年! 早川書房では、今夏より再演される代表作『サマータイムマシン・ブルース』を刊行しました。2005年には本広克行監督で映画化された本作。最新作『サマータイムマシン・ワンスモア』もひかえるなか、改めて伝説のSF青春コメディ戯曲をお楽しみください。

上田誠『サマータイムマシン・ブルース』
(※書影はAmazonにリンクしています)

さらに今回「SFマガジン」の特別

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
67

この夏、熱々の小説 ついに刊行!

〈本格ミステリ大賞〉候補作にして、〈本屋大賞 発掘本!〉に選出された『夏の王国で目覚めない』(彩坂美月/著)が待望の文庫化!
 夏のある3日間の中で、ひとりの少女が謎に立ち向かって成長し、自分の居場所を獲得し、自分が存在する意味を見出していく、エモさに満ち満ちたミステリです。同じ期間をかけて、はりめぐらされた伏線、仕掛けをじっくりと味わってはいかがでしょうか。。
 刊行にあたり、本書の魅力を小池啓

もっとみる
スキありがとうございます!
9