ハヤカワSF

121
記事

早川書房が贈る1,000点超えの大規模セール「春のハヤカワ電子書籍祭」開催中!~担当者のオススメ偏愛作品【第1回:日本人作家篇】

4月13日までKindle限定で開催中のセール「春のハヤカワ電子書籍祭」。1,000点を超える作品の中から少しでも選書の助けにと、担当者がオススメしたい作品を勝手にお届けします! まずは日本人作家篇。こんな時期だからこそ、ご自宅で小説の世界にどっぷりと浸かってしまってください。

「春のハヤカワ電子書籍祭」ラインナップ一覧はこちら。

まずは円城塔『Boy's Surface』です。何をおいてもこ

もっとみる
スキありがとうございます!
50

中国SFのトップランナーたち、大紹介! 『月の光 現代中国SFアンソロジー』解説再録

いま、世界でいちばんSFが熱い国・中国。その中国のSF短篇を、『紙の動物園』などの短篇の名手であるケン・リュウ氏が精選したシリーズの第二弾『月の光 現代中国SFアンソロジー』が刊行されました。
この話題作の発売を記念して、日本への中国SF紹介の第一人者である立原透耶氏の解説を特別公開いたします! 立原氏が直接著者から得た情報も盛り込まれた、すごい密度の解説をどうぞお楽しみください。

『月の光 現

もっとみる
スキありがとうございます!
21

【試し読み】小川一水『ツインスター・サイクロン・ランナウェイ』第1章 初めての宇宙漁

小川一水氏のガス惑星巨大ロケット漁業百合『ツインスター・サイクロン・ランナウェイ』から、作品冒頭の第1章を無料公開。プロローグからの続きとなりますので、順番に追いたい方はまずこちら(⇓)をどうぞ。

登場人物

テラ・インターコンチネンタル・エンデヴァ
氏族船「アイダホ」に暮らす24歳。ガス惑星で昏魚を獲る礎柱船(ピラーボート)の1隻を所有する。漁に出れるのは夫婦者と定められた社会で、お見合いに苦

もっとみる
スキありがとうございます!
14

6524年後の未来、巨大ガス惑星で宇宙魚を釣り上げろ! 『ツインスター・サイクロン・ランナウェイ』プロローグ

3月18日発売の小川一水氏による新作宇宙SF『ツインスター・サイクロン・ランナウェイ』から、作品プロローグにあたる12000字を無料公開。表紙のふたりの物語が始まる数百年前、とある船団での出逢いと別れの物語です。

『ツインスター・サイクロン・ランナウェイ』
著:小川一水
イラスト:望月けい

―――――――――――

―――――――――――

──周回者暦一八年
(星十二指腸暦八五四四年)

 

もっとみる
スキありがとうございます!
50

「嫌な現実」を自在に乗り換えられたら? SF小説『なめらかな世界と、その敵』

2019年のベストSFランキング第1位の伴名練『なめらかな世界と、その敵』から、お試し版として第1章を公開します。スマホをスワイプするように、無数の並行世界を行き来できる少女たちの、1度きりの青春を描いた物語。

「どっちがパパだかわかんないよう。どっちもおんなじなんだもん」
──R・A・ラファティ「町かどの穴」(浅倉久志訳)

「ユキ……って誰のことよ 私の名前はミスズでしょ?」
──soret

もっとみる
スキありがとうございます!
267

SFの歴史を継いでいくこと。ベストSF第1位記念・伴名練インタビュー

2月発売の『SFが読みたい!』に掲載された、伴名練氏へのインタビューをWEB公開します。『なめらかな世界と、その敵』が国内篇ベスト1位を獲得したベストSFランキングの詳細はこちらをご覧ください。

■伴名練、この10年

──ベストSF2019[国内篇]の第1位、おめでとうございます。

伴名 ありがとうございます。『なめらかな世界と、その敵』はどの短篇も自分一人で書いたというイメージが薄くて、S

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
64

最注目の中国SF『荒潮』読書のおともにどうぞ! 登場人物表【フリーDL】

いよいよ昨日発売となりました、陳楸帆(チェン・チウファン)『荒潮』。あの『三体』著者、劉慈欣が「近未来SFの頂点」と激賞した超話題作。「『三体』がおもしろかったのでまた中国SFを読みたいけど、何を読めばいいの? 2巻はまだ出ないみたいだし……」というあなたにうってつけです!(2巻は夏に出ます!)

『三体』『雪が白いとき、かつそのときに限り』の際にご好評をいただいた、登場人物表のはさみこみを『荒潮

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
35

2019年翻訳SF・ファンタジイ総まとめ!

さあ、もうすぐ2020年がやってきます。2010年代の総決算として、年末年始のまとまったお休みに、今年のSFやファンタジイを読んでみるのはいかがでしょう。というわけで、今年の翻訳SF・ファンタジイのリストを作りましたので、ぜひチェックしてください! 刊行月別のリストです。

参考:[SHSFS] 新☆ハヤカワ・SF・シリーズ
   [SF] ハヤカワ文庫SF
   [FT] ハヤカワ文庫FT
  

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
47

テッド・チャン『息吹』ついに発売! 翻訳・大森望氏によるあとがきを公開します

いよいよテッド・チャン『息吹』が発売となりました! 本作の翻訳をつとめた大森望氏によるあとがきを公開します。

※書影はAmazonにリンクしています
【書誌情報】
■書名:息吹
■著者:テッド・チャン
■訳者:大森 望
■発売日:2019年12月4日発売
■価格:本体1900円+税
■判型:四六判上製
■出版社:早川書房

訳者あとがき
大森 望

 当代最高の短篇SF作家による当代最高のSF短

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
42

【特典情報付き】平成生まれのJKハル、異世界で元気にしてます。シリーズ短篇集『JKハルは異世界で娼婦になったsummer』12月4日発売

『JKハルは異世界で娼婦になった』のシリーズ短篇集、『JKハルは異世界で娼婦になったsummer』(平鳥コウ)が、ハヤカワ文庫JAより12月4日に発売になります。発売即重版のコミック版『JKハルは異世界で娼婦になった』第1巻(新潮社)とともに、ぜひ『JKハル』の世界をお楽しみください。

『JKハルは異世界で娼婦になったsummer』
カバーデザイン:楠目智宏(arcoinc)、カバーイラスト:山

もっとみる
スキありがとうございます!
21