ハヤカワSF

109
ノート

翻訳作業中、すごい頻度で悪夢を見た”イヤSF”――『物体E』訳者あとがき

11年前の夜、巨大なクルミのような形をした小型宇宙船が、町の海沿いにあった海軍基地に墜落した。それはやがて〈物体E〉と呼ばれるようになり、研究所に姿を変えた基地で秘密裏に研究されていた。わたしはそこの警備主任だった――
主人公、ダクの一人称で描かれる『物体E』は、思いも寄らない出来事に端を発し、坂を転げ落ちるように悪夢が加速していくSFサスペンスです。翻訳者の金子浩さん曰く、「本作の翻訳作業中は、

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
26

『三体』著者劉慈欣氏の生の声を聞くチャンス! ハヤカワ国際フォーラム開催決定【応募締め切りました】

7月の日本版発売以来、11万部(電子版含む)を超えるベストセラーとなり、各メディアで取り上げられ社会現象となっている『三体』! その著者である劉慈欣氏を招いた講演会を10月に開催いたします。司会は本書の翻訳者でもある大森望さん。劉慈欣氏の生の声が聞ける貴重なチャンスです! 参加をご希望される方は、以下の要領に沿ってお申込み下さい。

Author Photo (c) by Lin Yi’an

もっとみる
スキありがとうございます!
18

発売即6刷、大ヒット短編集の書き下ろしSF「ひかりより速く、ゆるやかに」試読版

売1週間で5刷が決定、大ヒット中の伴名練『なめらかな世界と、その敵』より、オールタイム・ベストの呼び声も高い書き下ろし「ひかりより速く、ゆるやかに」の冒頭15000字を掲載します。

伴名練『なめらかな世界と、その敵』
イラスト:赤坂アカ

「人間は脱出しなくてはならないのよ」リーナはいう。「人間は闘わなくてはならず、自分のおかれた条件を支配しようとつとめなくてはならない。かりにそうすることによっ

もっとみる
スキありがとうございます!
88

「2010年代、世界で最もSFを愛した作家」伴名練1万字メッセージ

8月20日に短篇集『なめらかな世界と、その敵』を上梓するSF作家・伴名練さん。発売後に公開予定だった「あとがきにかえて」ですが、届いた原稿の内容がまったく「あとがき」ではなく(本書のネタバレになっておらず)、それでいて一刻も早く世に広げたい熱量だったため、緊急公開します。何はともあれ、読んでください。(編集部)
※本原稿は書籍ではなく、SFマガジン10月号(8/24発売)に掲載されます。

伴名練

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
205

いま最も読まれているSFラブストーリー。『なめらかな世界と、その敵』

名練による初のSF短篇集『なめらかな世界と、その敵』が8月20日に発売されました。寡作ながら発表した短篇のほとんどが年刊日本SF傑作選に収録され、プロ作家・翻訳家からも高い評価を得ている逸材の傑作集! 書店完売が相次いで発売即5刷が決定した、いま最も読まれている1冊です。

『なめらかな世界と、その敵』
伴名練
装画:赤坂アカ

【内容紹介】
いくつもの並行世界を行き来する少女たちの1度きりの青春

もっとみる
スキありがとうございます!
78

【速報】10万部突破! 『三体』フィーバーが止まらない!

もう読みましたか? 空前絶後の大ヒットとなっております劉慈欣『三体』。広告や書評でも多数紹介していただいており(ありがとうございます!)『三体』の名前を目にする機会も多いのでは? 暑い夏に負けぬフィーバーが続いております。

そして発売から3週間、『三体』は電子版も含めて、10万部を突破しました!

続篇となる三部作二作目『黒暗森林』は2020年、三作目『死神永生』は2021年に刊行予定(ともに原

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
25

第50回星雲賞 受賞作発表!

2019年7月27日、第58回日本SF大会「彩こん」内にて第50回星雲賞の発表がおこなわれました。早川書房から刊行された多数の書籍、短篇が受賞の栄誉をたまわりました。

読者のみなさま、投票いただいたみなさまに、厚くお礼もうしあげます。

◎日本長編部門
飛浩隆『零號琴』(早川書房、単行本、2018年10月刊)

◎日本短編部門
草野原々「暗黒声優」(『最後にして最初のアイドル』〔ハヤカワ文庫JA

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
23

【第3シーズン7/18刊行開始記念】《ローダンNEO》おさらいその4:本国で刊行の200巻までの展開を紹介する、井口忠利氏による第17巻『テラニア執政官』の解説を掲載!

世界最長のSFシリーズ《宇宙英雄ローダン》、そのリブート企画として始まった新プロジェクト《ローダンNEO》。2019年7月より全8巻毎月刊行が始まった第3シーズン〔銀河の謎篇〕。

これまで、第1シーズン〔テラニア誕生篇〕、第2シーズン〔ヴェガ遠征篇〕のあらすじを紹介してきた。

【第3シーズン7/18刊行開始記念】《ローダンNEO》おさらいその2:第1シーズン〔テラニア誕生篇〕(第1~8巻)のあ

もっとみる
スキありがとうございます!
5

小説版〈ウィッチャー〉シリーズ、完結篇刊行! そしてNetflixでドラマ化!

人気ゲームシリーズを生みだした、傑作ファンタジイ〈ウィッチャー〉シリーズ。ポーランドの国民的ファンタジイ作家アンドレイ・サプコフスキによるこのシリーズの第5巻、完結篇である『ウィッチャーⅤ 湖の貴婦人』が7月18日に刊行されます。

否応なく戦いに巻き込まれていった魔法剣士(ウィッチャー)リヴィアのゲラルトと、強大な力を内に秘めた〈運命の子〉シリを描く本シリーズ、とうとう完結です。北方諸国とニルフ

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
11

【第3シーズン7/18刊行開始記念】《ローダンNEO》おさらいその3:第2シーズン〔ヴェガ遠征篇〕(第9~16巻)のあらすじを掲載!

世界最長のSFシリーズ《宇宙英雄ローダン》、そのリブート企画として始まった新プロジェクト《ローダンNEO》の第3シーズン全8巻(第17~24巻)毎月連続刊行が決定!

《ローダンNEO》おさらいその3では、第9巻『グッドホープ』から第16巻『ラストホープ』までの第2シーズン〔ヴェガ遠征篇〕の全あらすじを紹介します。

《ローダンNEO》第2シーズンあらすじ解説

                 

もっとみる
スキありがとうございます!
3