ハヤカワSF

6
記事

中国の異世界チートから、『逆裁』を遊ぶ始皇帝まで!?――大森望氏による『月の光』レビュウ再録

好評をいただいておりますケン・リュウ編による『月の光 現代中国SFアンソロジー』。その表題作でもある劉慈欣「月の光」訳者である大森望氏の本書書評が、25日発売のミステリマガジン5月号に掲載されました。ここではその書評を再録します。(編集部)

いまもっとも注目される現代中国SFの最新状況を
一望できるアンソロジー
大森 望

 2年前に邦訳されたケン・リュウ編訳の現代中国SFアンソロジー『折りたた

もっとみる
スキありがとうございます!
17

わたしたちはきっと克服できる――『三体』著者・劉慈欣氏より、日本の読者へのメッセージ

新型コロナウイルスの猛威が世界中を襲っています。不安な思いを抱きながら過ごしている方も多いのではないかと思います。そこに、『三体』著者の劉慈欣氏から、日本の読者のみなさまへメッセージが届きました。日本を励まし、勇気づけるあたたかなメッセージを、『三体』翻訳者・大森望氏の訳で掲載いたします。(編集部)

 地球は、広大な宇宙空間を航行している宇宙船です。もしかしたら、わたしたちはいつか、それがとても

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
68

中国SFのトップランナーたち、大紹介! 『月の光 現代中国SFアンソロジー』解説再録

いま、世界でいちばんSFが熱い国・中国。その中国のSF短篇を、『紙の動物園』などの短篇の名手であるケン・リュウ氏が精選したシリーズの第二弾『月の光 現代中国SFアンソロジー』が刊行されました。
この話題作の発売を記念して、日本への中国SF紹介の第一人者である立原透耶氏の解説を特別公開いたします! 立原氏が直接著者から得た情報も盛り込まれた、すごい密度の解説をどうぞお楽しみください。

『月の光 現

もっとみる
スキありがとうございます!
20

これで現代中国SFのすべてがわかる。『月の光 現代中国SFアンソロジー』収録作品紹介!

いま、中国SFが熱い! 劉慈欣『三体』をはじめ、いま中国は「世界でいちばんSFが熱い国」と言っても過言ではありません。その中国のSF短篇を、『紙の動物園』など短篇の名手であるケン・リュウ氏が精選したシリーズの第二弾『月の光 現代中国SFアンソロジー』が刊行されました。(第一弾『折りたたみ北京』についてはこちらをごらんください)

『月の光 現代中国SFアンソロジー』にはケン・リュウ氏が選びぬいた1

もっとみる
スキありがとうございます!
31

最注目の中国SF『荒潮』読書のおともにどうぞ! 登場人物表【フリーDL】

いよいよ昨日発売となりました、陳楸帆(チェン・チウファン)『荒潮』。あの『三体』著者、劉慈欣が「近未来SFの頂点」と激賞した超話題作。「『三体』がおもしろかったのでまた中国SFを読みたいけど、何を読めばいいの? 2巻はまだ出ないみたいだし……」というあなたにうってつけです!(2巻は夏に出ます!)

『三体』『雪が白いとき、かつそのときに限り』の際にご好評をいただいた、登場人物表のはさみこみを『荒潮

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
35

『三体』の劉慈欣も「近未来SFの頂点」と激賞! 陳楸帆『荒潮』、ついに日本上陸!

あの『三体』著者、劉慈欣が「これは近未来SFの頂点だ」と激賞。早川書房が『三体』に続いて自信を持っておおくりする中国SF、陳楸帆(チェン・チウファン)『荒潮』をご紹介します!

『荒潮』(画像・書名をクリックorタップでAmazonに飛びます)
陳楸帆(チェン・チウファン)/中原尚哉=訳
カバーイラスト:みっちぇ(亡霊工房)/カバーデザイン:川名潤
新☆ハヤカワ・SF・シリーズ

 本作『荒潮』[

もっとみる
スキありがとうございます!
41