マガジンのカバー画像

ハヤカワSF

355
ハヤカワ文庫SFや、新ハヤカワ・SF・シリーズなどの話題作品の解説、試し読みを公開中。
運営しているクリエイター

2021年12月の記事一覧

第二次大戦中のドイツで携帯電話とインターネットが発展していたら? クルト・ラスヴィッツ賞受賞作『NSA』1/6発売!

ドイツを代表する人気SF作家アンドレアス・エシュバッハのクルト・ラスヴィッツ賞受賞作『NSA』をハヤカワ文庫SFより2022年1月6日に刊行します。19世紀末にはコンピュータが開発され、第2次大戦下のドイツで携帯電話とインターネットが発展していたという歴史改変SFです。ナチス政権のもと究極の監視システムが構築されるという絶望の時代を描きます。

アンドレアス・エシュバッハ『NSA』(上下) 赤坂桃

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。

〈ウィッチャー〉を小説から! ゲームやドラマで話題のファンタジイの世界へ

ポーランドで最も有名なファンタジー作家とも呼ばれるアンドレイ・サプコフスキ。その代表作〈ウィッチャー〉シリーズは、ゲーム〈ウィッチャー〉シリーズの原作小説として、この存在を知っているかたも多いでしょう。ゲーム〈ウィッチャー〉シリーズは、『ウィッチャー3 ワイルドハント』までのシリーズ3作が全世界で驚異の累計5000万本を売りあげた話題作。そして、Netflixで配信されているドラマも大きな話題とな

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです

ドラマもゲームも大人気〈ウィッチャー〉シリーズの原点 『ウィッチャー短篇集1 最後の願い』12/24発売

 大人気ゲーム〈ウィッチャー〉シリーズを生みだしたことでも知られるアンドレイ・サプコフスキによる小説〈ウィッチャー〉シリーズ。その原点ともいえる短篇集『ウィッチャー短篇集1 最後の願い』を2021年12月24日に刊行いたします。Netflixで小説をもとにしたドラマ『ウィッチャー』が配信されており、12月17日には第2シーズンの配信が始まりました。ドラマやゲームとあわせて、短篇集『ウィッチャー短篇

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!

【募集は締め切りました】英米の女性の心をとらえたロマンティック・ファンタジイ『アディ・ラルーの誰も知らない人生(仮題)』がゲラで読める!【読者モニター募集キャンペーン実施 】

早川書房では、ベストセラー作家V・E・シュワブの『アディ・ラルーの誰も知らない人生(仮題)』を2022年2月に邦訳刊行します!
その読者モニターを募集いたします。

本作は、ニューヨーク・タイムズ紙やUSAトゥデイ紙などの各種ベストセラーリストを席巻した話題のロマンティック・ファンタジイです。

ワシントンポスト紙では「最近の本の中でもっとも読まずにはいられなくさせ、心をとらえる力のある作品の一つ

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!

【紀伊國屋書店限定!】海外小説の電子書籍1800点強、ポイント40%還元セールを開催!

現在、紀伊国屋書店電子書籍ストアKinoppy限定で、早川書房の海外小説1800点強が対象となるポイント40%還元セールが開催されます。SFもミステリも文芸作品も児童書も、海外作品はすべて対象です! 期間は2021年12月31日(金)いっぱいまで。これをきっかけに今年を振り返ってみて、まだ入手していない作品があったらぜひ手を伸ばしてみて下さい。

近年に配信開始された作品を中心に、いくつか紹介して

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。

アンディ・ウィアー『プロジェクト・ヘイル・メアリー』本日発売! 山岸真氏解説公開

あの『火星の人』の著者、アンディ・ウィアーの最新作『プロジェクト・ヘイル・メアリー』いよいよ本日発売です! 

人類滅亡の危機に立ち向かう男を描いた笑いあり涙あり感動ありの極限のエンターテインメント! 年末年始の読書に超! おすすめです。本欄ではSF翻訳業・山岸真さんによる解説を再録します。

解説
SF翻訳業 山岸真  
 
 本書は『火星の人』(ハヤカワ文庫SF。映画邦題『オデッセイ』)の作者

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです

SFマガジン2月号「未来の文芸」内容紹介

12/25発売のSFマガジン2022年2月号「特集・未来の文芸」の内容を公開します。年内最後の発売となる今号では、2020年代を担う書き手による、最新の文芸と、未来への想像力についての総特集をお届けします。

SFマガジン2022年2月号
12月25日(木)発売
装画・syo5

●巻頭言

「お詫びと展望 編集長就任のご挨拶にかえて」
溝口力丸(本誌編集長)

●特集小説

●特集エッセイ・評論

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。

7巻発売記念!『裏世界ピクニック』装画ラフギャラリー

怪異サバイバル『裏世界ピクニック』の最新7巻『月の葬送』が発売されました。刊行を記念して、イラストレーターのshirakabaさんによる、本書の美麗カバーが生まれるにいたったラフ案を特別公開いたします。

ーーーーー🌙🐟ーー--ー

●ラフ1

●ラフ2

●ラフ3

●ラフ4

●ラフ5

●ラフ6

●ラフ7

ーーーーー🌙🐟🐥ーー--ー

裏世界ピクニック7巻、電子版には特典として

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。

2021年最後の超話題作SF! ウィアー『プロジェクト・ヘイル・メアリー』冒頭公開!

 あの『火星の人』(マット・デイモン主演映画『オデッセイ』原作としてもおなじみ!)の著者、アンディ・ウィアーの最新作『プロジェクト・ヘイル・メアリー』(小野田和子訳)。すでに読んだかたから「めちゃくちゃ面白い!」「『火星の人』以上!」と評される超話題作です。本欄では、12月16日(木)刊行の本作のお試し読みを掲載します!

『プロジェクト・ヘイル・メアリー(上・下)』
Project Hail M

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。

あの『火星の人』著者最新作! 2021年SFの掉尾を飾る大傑作『プロジェクト・ヘイル・メアリー』12/16発売!

2021年ものこすところあと数日ですが、まだまだ早川書房の海外SFは熱いです! あの『火星の人』(マット・デイモン主演映画『オデッセイ』原作としてもおなじみ!)の著者、アンディ・ウィアーの最新作『プロジェクト・ヘイル・メアリー』を単行本上下巻で12月16日に刊行します!

『プロジェクト・ヘイル・メアリー(上・下)』
Project Hail Mary(2021)
アンディ・ウィアー/小野田和子訳

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。