ハヤカワSF

315

"人間がいないほうが、世界はずっとすばらしい" ーー児童書SFに込められた願い (大谷真弓さんによる訳者あとがき)

早川書房から新たに立ち上がったハヤカワ・ジュニア・SFより、
第一弾『12歳のロボット ぼくとエマの希望の旅』(リー・ベーコン 著、大谷真弓 翻訳、朝日川日和 イラスト)が発売中。
日常がガラッと変わってしまう経験をした今の子供たちに届けたい作品です。SF作品がこどもたちにこそ必要だと思うその理由とはーー?
 本書より、大谷真弓さんによる訳者あとがきを全文公開します。

 人間がいないほうが、世界

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。
40

6/25公開の映画とあわせてどうぞ! ケン・リュウの粋をあつめたベスト短篇集『Arc ベスト・オブ・ケン・リュウ』5/20刊行!

現代SFのトップランナーのひとり、ケン・リュウの短篇「円弧(アーク)」を原作とした映画『Arc アーク』が6月25日(金)に公開されます。主演は芳根京子さん。ほか、寺島しのぶさん、岡田将生さん、倍賞千恵子さん、風吹ジュンさん、小林薫さんなどが出演。監督は『愚行録』『蜜蜂と遠雷』などで知られる石川慶監督です。

予告はこちら▼

これにあわせて、映画の原作である「円弧」を表題作とした『Arc アーク

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
28

ステイホームのおともにどうぞ! 2021年の翻訳SF・ファンタジイラインナップ〈1月~4月編〉

3度目の緊急事態宣言の中、読者のみなさまはいかがお過ごしでしょうか。困難な状況が続くこんなときこそ、エンターテイメントの魅力あふれる小説で素敵な非日常の世界を味わってみませんか? 編集部では今年の1月から4月までに刊行された翻訳SF・ファンタジイとその関連書の新刊リストをご用意しました。昨年の刊行リストと併せて、ぜひチェックしてみてください!

※2021年1月~4月までの刊行月別のリストです。

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
100

ザック・ジョーダン『最終人類』、著者によるコミックのご紹介

ザック・ジョーダン『最終人類』上・下(中原尚哉訳)はハヤカワ文庫SFより好評発売中です。

あらすじ ありとあらゆる種属がひしめく広大なネットワーク宇宙。その片隅の軌道ステーションで、ウィドウ類の元殺し屋の母親と暮らすサーヤには秘密があった。宇宙種属にもっとも憎まれ、絶滅させられた「人類」の生き残りだったのだ。この秘密のため、彼女はネットワークに必須のインプラント手術を受けられず、まともに仕事も探

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
29