ハヤカワSF

23
ノート

いま最も読まれているSFラブストーリー。『なめらかな世界と、その敵』

伴名練による初のSF短篇集『なめらかな世界と、その敵』が8月20日に発売されました。寡作ながら発表した短篇のほとんどが年刊日本SF傑作選に収録され、プロ作家・翻訳家からも高い評価を得ている逸材の傑作集! 書店完売が相次いで発売即5刷が決定した、いま最も読まれている1冊です。

『なめらかな世界と、その敵』
伴名練
装画:赤坂アカ

【内容紹介】
いくつもの並行世界を行き来する少女たちの1度きりの青

もっとみる
スキありがとうございます!
85

【速報】10万部突破! 『三体』フィーバーが止まらない!

もう読みましたか? 空前絶後の大ヒットとなっております劉慈欣『三体』。広告や書評でも多数紹介していただいており(ありがとうございます!)『三体』の名前を目にする機会も多いのでは? 暑い夏に負けぬフィーバーが続いております。

そして発売から3週間、『三体』は電子版も含めて、10万部を突破しました!

続篇となる三部作二作目『黒暗森林』は2020年、三作目『死神永生』は2021年に刊行予定(ともに原

もっとみる
スキありがとうございます!
26

第50回星雲賞 受賞作発表!

2019年7月27日、第58回日本SF大会「彩こん」内にて第50回星雲賞の発表がおこなわれました。早川書房から刊行された多数の書籍、短篇が受賞の栄誉をたまわりました。

読者のみなさま、投票いただいたみなさまに、厚くお礼もうしあげます。

◎日本長編部門
飛浩隆『零號琴』(早川書房、単行本、2018年10月刊)

◎日本短編部門
草野原々「暗黒声優」(『最後にして最初のアイドル』〔ハヤカワ文庫JA

もっとみる
スキありがとうございます!
24

【第3シーズン7/18刊行開始記念】《ローダンNEO》おさらいその4:本国で刊行の200巻までの展開を紹介する、井口忠利氏による第17巻『テラニア執政官』の解説を掲載!

世界最長のSFシリーズ《宇宙英雄ローダン》、そのリブート企画として始まった新プロジェクト《ローダンNEO》。2019年7月より全8巻毎月刊行が始まった第3シーズン〔銀河の謎篇〕。

これまで、第1シーズン〔テラニア誕生篇〕、第2シーズン〔ヴェガ遠征篇〕のあらすじを紹介してきた。

【第3シーズン7/18刊行開始記念】《ローダンNEO》おさらいその2:第1シーズン〔テラニア誕生篇〕(第1~8巻)のあ

もっとみる
スキありがとうございます!
6

小説版〈ウィッチャー〉シリーズ、完結篇刊行! そしてNetflixでドラマ化!

人気ゲームシリーズを生みだした、傑作ファンタジイ〈ウィッチャー〉シリーズ。ポーランドの国民的ファンタジイ作家アンドレイ・サプコフスキによるこのシリーズの第5巻、完結篇である『ウィッチャーⅤ 湖の貴婦人』が7月18日に刊行されます。

否応なく戦いに巻き込まれていった魔法剣士(ウィッチャー)リヴィアのゲラルトと、強大な力を内に秘めた〈運命の子〉シリを描く本シリーズ、とうとう完結です。北方諸国とニルフ

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
11

【第3シーズン7/18刊行開始記念】《ローダンNEO》おさらいその3:第2シーズン〔ヴェガ遠征篇〕(第9~16巻)のあらすじを掲載!

世界最長のSFシリーズ《宇宙英雄ローダン》、そのリブート企画として始まった新プロジェクト《ローダンNEO》の第3シーズン全8巻(第17~24巻)毎月連続刊行が決定!

《ローダンNEO》おさらいその3では、第9巻『グッドホープ』から第16巻『ラストホープ』までの第2シーズン〔ヴェガ遠征篇〕の全あらすじを紹介します。

《ローダンNEO》第2シーズンあらすじ解説

                 

もっとみる
スキありがとうございます!
3

【第3シーズン7/18刊行開始記念】《ローダンNEO》おさらいその2:第1シーズン〔テラニア誕生篇〕(第1~8巻)のあらすじを掲載!

世界最長のSFシリーズ《宇宙英雄ローダン》、そのリブート企画として始まった新プロジェクト《ローダンNEO》の第3シーズン全8巻(第17~24巻)毎月連続刊行が決定!

《ローダンNEO》おさらいその2では、第1巻『スターダスト』から第8巻『テラナーズ』までの第1シーズン〔テラニア誕生篇〕の全あらすじを紹介します。

《ローダンNEO》第1シーズンあらすじ解説

                  

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
3

【第3シーズン7/18刊行開始記念】《ローダンNEO》おさらいその1:第1巻『スターダスト』の前半分第9章までを連続掲載(第9章)

9

「そんな馬鹿な……あり得ない!」ブルがうめいた。
「ペリー、こいつは夢だ。そう言ってください! それか、俺の宇宙服の酸素ボンベがいかれちまったか……いや、この際『おまえは正気じゃない』でもいい! 何でもいいから、何とか言ってください、ペリー!」
「夢じゃない。それに宇宙服も、おまえの頭も正常そのものだよ」
 ローダンは宇宙船から目をそらすことなく、そう返した。
 その物体は彼らの目の前、クレ

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
6

【第3シーズン7/18刊行開始記念】《ローダンNEO》おさらいその1:第1巻『スターダスト』の前半分第9章までを連続掲載(第8章)

8

 ゲートの上には「ベア・クリークにようこそ!」と書かれた看板がかかっていた。その下に、小さな文字で「ゲーテッド・コミュニティ」とある。ジョン・マーシャルにとって、その言葉は「監獄」と同義だった。凝り固まった恐怖によって築かれた監獄である。
 この高級住宅地は、高さ四メートルの二重の塀に囲まれていた。塀を覆うように常緑の生け垣と木々が並んでいるが、防犯カメラが常に辺りを監視し、鳥型の自動無人ド

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
5

【第3シーズン7/18刊行開始記念】《ローダンNEO》おさらいその1:第1巻『スターダスト』の前半分第9章までを連続掲載(第7章)

7

《スターダスト》の月面着陸から一一時間後、太陽がのぼった。
 とはいえ、それで何が変わったわけでもない。不気味な暗闇が、ほぼ何の前ぶれもなく唐突に、不気味な明るさにとって代わっただけのことである。ぎらぎらと輝く太陽光が、月面の過酷な環境を容赦なく照らしだした。
《スターダスト》が不時着したのは、岩石がごろごろとした平地だった。
 あちこちに転がる石や岩の下には、細かな砂が数センチほどの厚さに

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
4