ハヤカワSF

10
ノート

日本先行発売! ピーター・トライアス『メカ・サムライ・エンパイア』文庫カバー発表

星雲賞海外長編部門受賞/本屋大賞翻訳小説部門2位『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン』待望の続篇、『メカ・サムライ・エンパイア』は4月18日に刊行します。なんと日本先行発売です(本国アメリカでは9月発売)。前作『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン』のように、新☆ハヤカワ・SF・シリーズとハヤカワ文庫SF(上下巻)の同時発売です。

『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン』で、多くのファン

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
9

SFエンタテインメントの最前線! 新☆ハヤカワ・SF・シリーズ【第1期】

SFエンタテインメントの最前線をおとどけする叢書《新☆ハヤカワ・SF・シリーズ》これまでの叢書既刊をご紹介します。
*本ページは随時更新いたします。最新情報をお見逃しなく!

第4期ラインナップはこちら
第3期ラインナップはこちら
第2期ラインナップはこちら

★第1期ラインナップ

○第11回配本 2013年8月
『夢幻諸島から』
The Islanders(2011)
クリストファー・プリース

もっとみる
スキありがとうございます!
4

SFエンタテインメントの最前線! 新☆ハヤカワ・SF・シリーズ【第2期】

SFエンタテインメントの最前線をおとどけする叢書《新☆ハヤカワ・SF・シリーズ》これまでの叢書既刊をご紹介します。
*本ページは随時更新いたします。最新情報をお見逃しなく!

第4期ラインナップはこちら
第3期ラインナップはこちら
第1期ラインナップはこちら

★第2期ラインナップ

○第13回配本 2015年12月
『クロックワーク・ロケット』
The Clockwork Rocket(2011

もっとみる
スキありがとうございます!
5

SFエンタテインメントの最前線! 新☆ハヤカワ・SF・シリーズ【第4期】

SFエンタテインメントの最前線をおとどけする叢書《新☆ハヤカワ・SF・シリーズ》これまでの叢書既刊をご紹介します。
*本ページは随時更新いたします。最新情報をお見逃しなく!

第3期ラインナップはこちら
第2期ラインナップはこちら
第1期ラインナップはこちら

★第4期ラインナップ

○第10回配本 2019年10月
『翡翠城市』
Jade City(2017)
フォンダ・リー/大谷真弓=訳

もっとみる
スキありがとうございます!
17

SFエンタテインメントの最前線! 新☆ハヤカワ・SF・シリーズ【第3期】

SFエンタテインメントの最前線をおとどけする叢書《新☆ハヤカワ・SF・シリーズ》これまでの叢書既刊をご紹介します。
*本ページは随時更新いたします。最新情報をお見逃しなく!

第4期ラインナップはこちら
第2期ラインナップはこちら
第1期ラインナップはこちら

★第3期ラインナップ

○第11回配本 2017年10月
『隣接界』
The Adjacent(2013)
クリストファー・プリースト/古

もっとみる
スキありがとうございます!
5

若き作家が見る中国SFの現状とは。『折りたたみ北京』収録エッセイ特別公開!

大好評御礼! 発売中の『折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー』(新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)より、夏笳(シア・ジア)氏のエッセイ「中国SFを中国たらしめているものは何か?」を特別公開いたします。

『折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー』
ケン・リュウ編/中原尚哉・ほか訳/新☆ハヤカワ・SF・シリーズ

夏笳(シア・ジア)氏は1984年生まれ。「八〇后」と呼ばれる、中国SFを牽引する80

もっとみる
スキありがとうございます!
10

ジェフ・ヴァンダミア原作映画「 アナイアレイション -全滅領域-」 、Netflixにて配信中!

3月12日(月)いよいよジェフ・ヴァンダミア『全滅領域』(ハヤカワ文庫NV)を原作とする「アナイアレイション −全滅領域−」のNetflix独占配信が開始されました!

 秘密任務から生還した夫が危篤状態に。最愛の人を救うべく、生物学者のレナ(ナタリー・ポートマン)は調査隊として政府が封鎖した地域へと足を踏み入れる。その異様な世界で、彼女は一体何を見たのか……?

 監督は「エクス・マキナ」の脚本

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
7

『裏世界ピクニック』無料お試し版「くねくねハンティング」

『裏世界ピクニック』
宮澤伊織/装画:shirakaba/ハヤカワ文庫JA

漫画版、ガンガンONLINEでディレイ連載中!



 よく晴れた五月の空の下、私は草原に横たわったまま溺れかけていた。
 青空を背景に、プランクトンみたいな模様がピンピン跳ねている。あれは目の中の白血球が見えてるんだとか、どこかで読んだ。仰向けた顔を撫でる風には、生の魚に似た刺激臭が含まれている。本当に魚かどうかはわ

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
13

「今なお輝きを失わない驚異の未来史」ラリイ・ニーヴン傑作集『無常の月』、評論家・堺三保「文庫解説」先行公開

『無常の月 ザ・ベスト・オブ・ラリイ・ニーヴン』(ハヤカワ文庫SF)

 代表作「無常の月」が、映画「メッセージ」のプロデューサーによって映画化されることが決定しているSF作家ラリイ・ニーヴン。その「無常の月」を含む短篇集『無常の月 ザ・ベスト・オブ・ラリイ・ニーヴン』が発売される(小隅黎・伊藤典夫訳、2018年3月6日発売)。奇抜な発想と論理的な設定の妙が味わえる傑作集の魅力を、評論家・堺三保氏

もっとみる
スキありがとうございます!
6

いま世界一熱いオタク作家の新作SF! 『アルマダ』冒頭公開

アーネスト・クライン『アルマダ(上・下)』
池田真紀子訳/ハヤカワ文庫SF/3月20日発売
カバーイラスト:lack

PHASE ONE

唯一正当なコンピューターの使い道は、ゲームである。
──ユージン・ジャーヴィス(『ディフェンダー』クリエーター)



 空飛ぶ円盤が出現したのは、教室の窓からぼんやり外をながめて、大冒険に出る白昼夢にふけっているときだった。
 いったん目をつむった。また

もっとみる
スキありがとうございます!
6