ハヤカワ・ミステリ

156

【宮部みゆきさん&江國香織さんの書評で話題に】ミステリ新人賞三冠の大作! アンジー・キム『ミラクル・クリーク』

 読売新聞にて宮部みゆき氏に、毎日新聞にて江國香織氏に書評に取り上げていただき、注目を集めている法廷ミステリ『ミラクル・クリーク』。
 ミステリ界の最高権威であるエドガー賞(アメリカ探偵作家クラブ賞)をはじめ、ミステリ新人賞三冠を成し遂げた本作はいったいどんな作品なのか? ご紹介いたします。

〇あらすじ

 物語の舞台はアメリカ合衆国バージニア州郊外の小さな町ミラクル・クリーク。この町に移ってき

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。
16

【作家・綾辻行人氏推薦!】エラリイ・クイーン『フォックス家の殺人〔新訳版〕』12月17日発売!

◎エラリイ・クイーンの本格ミステリが新訳版で登場!

 今月17日、早川書房ではミステリ界の巨匠エラリイ・クイーンの『フォックス家の殺人〔新訳版〕』(訳=越前敏弥)をハヤカワ・ミステリ文庫より刊行いたします。

 傷ついた戦争の英雄が故郷に帰ってきたとき、過去の毒殺事件の扉が開く。はたして名探偵エラリイは12年前の事件の謎を解き明かすことが出来るのか!?

◎作家・綾辻行人氏の推薦コメント紹介!

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。
33

未来への花束。SFマガジン「百合特集2021」内容紹介

12/25発売のSFマガジン2021年2月号、百合特集2021の全貌を公開します。合計200ページに迫る最大ボリュームの特集となって、雑誌自体も64ページ増の特別増大号となりました。史上初の3刷となった2018年の特集から2年。より広く深く百合とSFを編んでいく総力特集です。

SFマガジン2021年2月号
特別増大号 百合特集2021

●『裏世界ピクニック』TVアニメ化!

『裏世界ピクニック

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
102

やたら表紙がかっこいい『ガン・ストリート・ガール』装幀メイキング公開!【刑事〈ショーン・ダフィ〉シリーズ第四弾】

刊行以来、大好評いただいております『ガン・ストリート・ガール』(エイドリアン・マッキンティ/武藤陽生訳)。今回は装幀のメイキング記事をお届けいたします。

『コールド・コールド・グラウンド』から始まる刑事〈ショーン・ダフィ〉シリーズの装幀をすべて担当していただいているのはデザイナーの國枝達也さん(Twitterはこちら)。エラリイ・クイーン〈悲劇四部作〉(角川文庫版)やドン・ウィンズロウ『ザ・カル

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
28

ホワイト・クリスマスの悪夢。極限状態でのノンストップ・サスペンス『パーキングエリア』、訳者あとがきで読みどころに迫る。

 6月のハヤカワ・ミステリ文庫に登場した、手に汗握る一気読みのサスペンス、テイラー・アダムス『パーキングエリア』(原題:NO EXIT)。刊行後、各所から好評をいただきました(本書の感想はこちらの記事をご覧ください)。クリスマス間近の真冬の悪夢を描いた本作。今回は、作中何度も登場する"あの曲"をはじめとする本書の読みどころから、著者が影響をうけた作家や、映像化の予定などを盛り込んでいただいた訳者の

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。
19

10周年記念大河警察小説シリーズ〈機龍警察〉コミカライズ開始のお知らせ

今年でシリーズ開始&月村了衛氏の小説家デビュー10周年を迎える大河警察小説シリーズ〈機龍警察〉のコミカライズが始まりました。

手がけるのは、『七都市物語』フクダイクミ氏(構成)×『食糧人類』『電人N』イナベカズ氏(漫画)の至高タッグ! 12月7日発売の週刊ヤングマガジン第2/3合併号に第0話が、そして間を置かず12月18日発売の月刊ヤングマガジン第1号に第1話が掲載され、以降は月刊連載となります

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
31

こういう面倒くさい事をやりたがる人が大好きで、応援したくなる。『文学少女対数学少女』解説:麻耶雄嵩

ハヤカワ・ミステリ文庫の新刊、陸秋槎『文学少女対数学少女』より、作家の麻耶雄嵩さんによる巻末解説を公開します。日本の新本格ブームの影響を受けて書かれた華文ミステリの傑作、書籍と合わせてお楽しみください。(本篇の核心にはふれませんが、軽いネタバレを含みます)

解説 

麻耶雄嵩

 数年前に『タイムトラベル少女』というテレビアニメが放映されていた。早瀬真理と水城和花の二人の女子中学生がとある理由で

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
54

10周年記念〈機龍警察〉オフィシャル・ガイド

2010年にスタートした大河警察小説シリーズ〈機龍警察〉。今年は、シリーズ開始&月村了衛氏の小説家デビュー10周年にあたります。10周年を記念して、ミステリマガジン(奇数月25日発売)では、最新長篇『機龍警察 白骨街道』を連載。そして12月3日には、吉川英治文学新人賞受賞のシリーズ第3作『機龍警察 暗黒市場』(上・下)をハヤカワ文庫から刊行しました。初めての方にもぜひ手に取って、この今世紀最大の警

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
64