ハヤカワ・ミステリ

2
ノート

4月全国公開映画「アガサ・クリスティー ねじれた家」読者プレゼントのお知らせ

映画原作
『ねじれた家』
アガサ・クリスティー
田村隆一訳
クリスティー文庫

 アガサ・クリスティーの『ねじれた家』が映画化され、日本公開の運びとなった。
 2017年に公開された「オリエント急行殺人事件」や2016年放送のTV版「そして誰もいなくなった」、日本でも昨年のドラマ「黒井戸殺し」(『アクロイド殺し』)など、近年映像化が相次ぐクリスティー作品だが、今回の『ねじれた家』はこれが初めての映

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
8

『地下道の少女』の舞台をめぐる――写真によるストックホルム案内(ヘレンハルメ美穂)

ついに発売された『地下道の少女』(アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム)。北欧最高峰のミステリ賞「ガラスの鍵」賞受賞シリーズの第4弾である本作の主な舞台は、スウェーデンの首都ストックホルムです。
そのストックホルムとはどんなところ? シリーズの翻訳を手掛ける翻訳家・ヘレンハルメ美穂さんの写真と文章による、『地下道の少女』ガイドを掲載いたします。
読了済みの方はもちろん、未読の方も、ぜひ街

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
21