見出し画像

ヴァージニア・ウルフがインフルエンザ療養中に考えていたこと――「病気になるということ」新訳全文公開の反響

4月27日に公開した「病気になるということ」(ヴァージニア・ウルフ、片山亜紀訳)。とてもたくさんの反響を頂いています。本記事では、頂戴した多数のご感想から、一部をご紹介します。

100年前、インフルエンザを患ったヴァージニア・ウルフが、病気と文学について何を思い、考えていたのか――ぜひこの新訳で、ウルフの思索をいっしょにたどっていただけたらと思います。ゴールデンウィーク、お家でゆっくり読むのにちょうどいい文量です。訳者・片山亜紀さんの解説とともに、ぜひお読みください。

訳者・片山亜紀さんより

Twitterでの反響

「病気になるということ」は下記ページにて全文公開中です。


この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
29
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/