見出し画像

Googleチーフ・エコノミスト、MIT教授、『WIRED』創刊編集長、ハーバード大学元学長らが続々絶賛!『予測マシンの世紀』の読みどころとは?

AIビジネス最前線・トロント大学の権威がAIのインパクトを語りつくす『予測マシンの世紀』。本書にはビジネス/経済/テクノロジーの最前線に身を置いてきた人々がこぞって賛辞を寄せています。本記事で一挙公開!

孫泰蔵(Mistletoe株式会社Founder)
「意思決定者必読。AIがもたらす本質的な変化を『トレードオフ』という考え方の枠組みでズバッと整理した良書」

ケヴィン・ケリー(『WIRED』創刊編集長、『〈インターネット〉の次に来るもの』)
「本書を読めば、AIをたやすく理解できるようになる。AIを安価なコモディティ、すなわち予測としてとらえなおすのだ。これは目からウロコの視点である。きわめて有益な本」

エリック・ブリニョルフソン(MIT教授、『機械との競争』)
「AIをめぐる世間の熱狂に嫌気がさしていて、その本質をしっかり理解したいなら、本書を読むことから始めるべきだ」

ハル・ヴァリアン(Googleチーフ・エコノミスト)
「AIがあなたのビジネスに何をもたらすのか、知りたければ本書を読むといい」

ドミニク・バートン(前マッキンゼー&カンパニーCEO)
「企業のトップ層や政策立案者が理解できる言葉で書かれている。全リーダー必読」

ローレンス・サマーズ(元米国財務長官/元世界銀行チーフ・エコノミスト/元ハーバード大学学長)
「AIはあなたの生活を変える。そして『予測マシンの世紀』は、AIに対するあなたの理解を変える。本書は最良のテクノロジーが何をもたらすかについて解説した、これまでで最良の本だ」

ロバート・ルービン(元米国財務長官/ゴールドマン・サックス共同会長)
「AIが経済、社会、政治システムにどれほど大きな影響をもたらすかについてのリーダブルなガイド」

ジェイソン・ファーマン(元米国大統領経済諮問委員会委員長)
「AIの経済学を論じるすばらしい1冊」

★経済誌「フォーブス」では、「2019年のテクノロジー関連書トップ10」に選出!

未来を知るのに熱狂はいらない。
経済学者の目で、世界を見つめればいいのだ。

製造、流通、マーケティング、人事、金融、医療、翻訳、司法、戦争……
あらゆるビジネス領域にAI(人工知能)が組み込まれ、経済の地殻変動が起きている。
この激変期を勝ち抜くための競争戦略とは?
AIビジネスを創出するプラットホーム、トロント大学「創造的破壊ラボ」の中核を担い、
総計2300億円超の株式価値を参加企業にもたらしてきた3人の経済学者が、
私たちの意思決定プロセスやワークフローを可視化し、
AI=かつてない「予測マシン」の真のインパクトを解明する。

アジェイ・アグラワル、ジョシュア・ガンズ、アヴィ・ゴールドファーブ『予測マシンの世紀――AIが駆動する新たな経済』(小坂恵理訳、本体1,700円+税)は早川書房より好評発売中です。

■3月、著者来日! ビジネスカンファレンス「Sansan Innovation Project 2019」に登壇(詳細はこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

出版社・早川書房のページです。最新ニュースに加えて、連載、抜粋、著者やシリーズ紹介とどんどんとコンテンツを投入予定です。Amazon.co.jpアソシエイト。

スキありがとうございます!
10

Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

ハヤカワ・ノンフィクション

ハヤカワ・ノンフィクション文庫や、ハヤカワ・ノンフィクションなど。話題のノンフィクション作品の解説、試し読みを公開中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。