見出し画像

"「ゲーム・オブ・スローンズ」の秘密主義はポジティブなものだった"――「ゲーム・オブ・スローンズ」 グェンドリン・クリスティー(ブライエニー役)&ニコライ・コスター=ワルドー(ジェイミー・ラニスター役)インタビュー(後篇)

いよいよ12月4日に早川書房より発売される、『ゲーム・オブ・スローンズ コンプリート・シリーズ公式ブック ~ウェスタロスとその向こうへ~』。今週は、先週に引き続き、グェンドリン・クリスティー(ブライエニー役)&ニコライ・コスター=ワルドー(ジェイミー・ラニスター役)のインタビュー後篇をお送りします!(前篇はこちら

画像1

※書影はAmazonにリンクします
『ゲーム・オブ・スローンズ コンプリート・シリーズ公式ブック ~ウェスタロスとその向こうへ~』
著:マイルズ・マクナット/訳:酒井昭伸/監修:堺三保
ページ数:288ページ
判型:A4判変形上製/フルカラー
本体価格:8,000円(税別)
出版社:早川書房
発売日:2019年12月4日

2019年2月20日、ロンドンにて

GC グェンドリン・クリスティー(ブライエニー)
NCW ニコライ・コスター=ワルドー(ジェイミー・ラニスター)

——あなたの「ゲーム・オブ・スローンズ」ベストエピソードとは?

GC 私は第三章が大好きなの。ニコライと共演していたし、私にとって2回目のシーズンだったから。それまでドラマの仕事をしたことがなく、ドラマでの演技ということでは、経験がそれほどなかった。だから第二章ではシーズンを通していろいろ試してみたの。ブライエニーはキャラクターとして大きく変貌を遂げたけれど、それまで私はあのように変化していくキャラクターを演じたことはなかった。コントロールするよう努力し、統合していかなければならなかった。そして第三章では、ジェイミーとブライエニーの素晴らしいキャラクターのストーリーを掘り下げていき、 私よりずっと経験豊かな尊敬する相手(ニコライ)と仕事する機会を得たの。そして私を悩ませるというわけ(笑)。

NCW それは世のためだ。

GC そして一番楽しかったのよ。残念ながら具体的にどのエピソードだったかは覚えていないのだけれど、バスタブのシーンね。ニコライがあの物語を語るシーンの演技を見ていたのだけれど、あれは極めて重要な分岐点だったわ。私にとってマスタークラスだった。胸躍るシーンで、私はそれを見せてもらえて光栄だった。

NCW 君はなんで今日僕に優しいの?

GC 私は他の役者との経験がほとんどなかったからよ(笑)。あれは素晴らしいシーンだったわ。そして自分がその一部となれたというのがとても幸運だと思った。

——あなたはいかがですか?

GC 第三章ではないでしょう。

NCW 君に同感で、第三章は素晴らしかった。それがこの作品ならではなんだが、クマの檻に飛び込むシーンが演じられるなんて他にある? あれはクレイジーだったね。もちろんベルファストで撮影した時は、クマはいなかったが、ロサンゼルスに行ったら、クマのバートに会ったよ。

GC そう、バート2世ね。

NCW そう、バート2世だ。彼の方が主役気取りだった。本物のクマと撮影したんだよ。

GC そうだったわね。なんでも言えたはずなのに、よりによって「君を一日中辱めることができるのは良いね」なんて言うのよ。

NCW あれは良かったよ。

GC あなたが実際に言ったことよ。

NCW 僕はメソッド俳優だからだ。キャラクターであり続ける。

GC あなたはそうだった。

——撮影最終日はいかがでしたか?

GC あなたの最終日はどうだったの?あなたにとってはいかが?

NCW 素晴らしかったね。僕にとっては良かった。いや、本当にそうだったんだ。実際あれは僕にとって「ゲーム・オブ・スローンズ」が終わるには最も相応しいやり方だったんだ。驚異的なセットで素晴らしいシーンだったよ。天気の良い日でもあった。北アイルランドは、雨が降って気が滅入ることも多いが、あの日は快晴で、最高だった。そして遂に終わりがやって来た。これまでキャストの多くが最終日を迎えるのを見てきた。多くの人々が涙を流し、お別れの挨拶をしているのを見てきたんだ。僕は「感情的にはなりたくない!」と思っていたが、なぜそんな風に思ったんだ? 素晴らしいものが終りを迎えた。最高だったが、うーん、どうだろう。あの日僕はアレルギーに悩まされていて、目が潤ってしまったんだ。

GC あなたが泣いていたのを私は知っているわ。

NCW 泣いてなんかいないさ。

GC 泣いていたのを知っているのよ。

NCW 泣いていないって。

GC 泣いたのは分かっているわ。

NCW 泣いていない。泣いていない。

GC 分かっているって。

NCW 絶対にそれはない。

GC 自分が泣いたのにイラッとしているのね。

NCW 君はどのくらいの時間、泣いていたの?

GC 2時間よ。私は2時間ずっと泣いていたわ。止まらなかったの。ヘアメイク用の部屋を占領していた。

NCW 情けないな。

GC 衣装部にも「彼女はまだ泣いている」と言われた。車の中でも一緒に乗っていた人に「グェン、もう泣き止んだ?」と言われた。私はとにかく酷い有様だった。自分には「大丈夫よ」と言い聞かせたの。

NCW あの後、君に話しかけたんだけど、その時もまだ泣いていたよね。

GC そう、また泣いたわ。泣いた後、少ししてまた泣いたの。その後、更にまた泣いた。でもそうやってスッキリさせたと思うわ。

NCW そうなの? 出し切った?

GC あれ以上泣けなかったもの。涙をすべて出し切ったと思うわ。こういう感情は抑えてはいけないもの。重要なことよ。

NCW そうだね。

GC 何時間もずっと泣き続けて、すべてを出し切るのが重要なの。

NCW きっと僕も突然それに襲われるのだと思う。突然、泣き崩れる。

GC 多分、今日ね。

NCW 今日ということは十分あるね。

——本作に出演中、秘密を守るというのはいかに大変なことだったのでしょうか?

NCW 僕たちが「これは言えるけど、それは言えない。これだけは言っても良い」と言われていたら、多分大変だっただろうけれど、一切口外してはいけないと言われていたので、それほど…。

GC 実は私と他者との関係を大きく変えるものとなったの。変わっていったと思う。仕事場でのことを話さないとなると、相手のことを聞いてあげることになるので、ポジティブなことだと思うの。より相手のことに耳を傾けることになった。そして自分より他人のほうがより面白いということに気づいたの(笑)。だからそういう意味ではとても有効だったの。

——「スター・ウォーズ」シリーズと「ゲーム・オブ・スローンズ」ではどちらがより秘密主義ですか?

NCW どちらかを選んで。

GC 最終的には「ゲーム・オブ・スローンズ」はあの秘密主義レベルと同格になったわね。

——10年後、20年後にも「ゲーム・オブ・スローンズ」は人々の記憶に残ると思いますか?

GC とても興味深い質問ね。本当に分からないわ。時が経つと私達の感じ方は変わっていくものだから。

NCW 『トリビアルパーシュート(雑学クイズ)』に出てくるだろう。「オスカーを何度も受賞している女優、グェンドリン・クリスティーの最初の役は何だったでしょう?」などというものだろう。

GC (爆笑)そうだったら良いけど。ありがとう。このように人気に火が付き、誰もがその虜になるというのを目の当たりにするのは興味深いものね。それが続いていくかどうかを見守っていくのも面白いわ。でも私にとってこの作品には初めての事が多かった上、脚本も素晴らしかったと思わざるを得ないわ。原作もすべて素晴らしかった。デヴィッドとダンの脚色も素晴らしく、彼らがこのシリーズにもたらしたものは類稀なものだった。だから社会現象ということだけでなく私達の人生にいかに影響を与え続けるかというのを今後も見守っていきたいわ。

——ジェイミー・ラニスターはこの作品で最も変貌を遂げたキャラクターではないかと思いますが、このキャラクターのどのような側面が演じ甲斐がありましたか?

NCW 彼が手を失ってからが興味深かった。彼が自分を生まれ変わらせようとしているのが良かったね。あの期間、彼にどう影響を与えたのかというのが面白い。そして最終章では、もちろんジェイミーとティリオン兄弟の関係性もあるし、ブライエニーと、そしてサーセイとの関係など色々あったからその中で最も興味深いことを選ぶのは難しいものだ。最終章は良かったよ。

——グェンドリンさん、日本のファンの人気投票で、ブライエニーはデナーリスとジョン・スノウに次ぐ第3位となったのですよ。おめでとうございます。

GC 本当? うわーっ! ヤッター! 遂に成功ね! ありがとう。本当にありがとう!

画像2

書影はAmazonにリンクしています

画像3

ゲーム・オブ・スローンズ 第一章~最終章 ブルーレイ コンプリート・シリーズ

★GOT s8 Sell BD小jpg

ゲーム・オブ・スローンズ 最終章 ブルーレイ コンプリート・ボックス

ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
9
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。