見出し画像

「ゲーム・オブ・スローンズ」 メイジー・ウィリアムズ(アリア役)&ソフィー・ターナー(サンサ役)インタビュー

12月4日に発売になる、『ゲーム・オブ・スローンズ コンプリート・シリーズ公式ブック ~ウェスタロスとその向こうへ~』。前回までは製作総指揮デヴィッド・ベニオフ、D・B・ワイスのインタビューをお送りしました(前篇後篇)。今回は、アリア役のメイジー・ウィリアムズと、サンサ役のソフィー・ターナーのインタビューを2週に分けてお送りします!

画像1

※書影はAmazonにリンクします
『ゲーム・オブ・スローンズ コンプリート・シリーズ公式ブック ~ウェスタロスとその向こうへ~』
著:マイルズ・マクナット/訳:酒井昭伸/監修:堺三保
ページ数:288ページ
判型:A4判変形上製/フルカラー
本体価格:8,000円(税別)
出版社:早川書房
発売日:2019年12月4日

2019年2月20日、ロンドンにて

MW メイジー・ウィリアムズ(アリア・スターク)
ST ソフィー・ターナー(サンサ・スターク)

——お2人の友情についてお聞きしたいのですが、もう10年もずっと友人でいらっしゃいますよね?どのようにして始まったのでしょうか?

MW 「ゲーム・オブ・スローンズ」のケミストリー・オーディションで初めて会ったの。それまでに既にサンサ役2人とオーディションをやっていた。

ST 私は控室でその子達のことをじっと見ていたの。

MW そう。彼女達は良かったけれど、ソフィーの番になったら私の世界が変わったわ。

ST そうなの?

MW 意気投合したの。そのシーンは凄く良くて、私達の間には素晴らしいケミストリーがあった。とにかく楽しかったわ。それがきっとカメラにも伝わっていたはずよ。そんな感じだったわ。

ST そんな感じだったわね。

MW それが私達の友情の始まりだった。

ST そうね。

——撮影最終日はいかがでしたか?ご自分が演じるキャラクターにお別れを言うというのはどれだけ辛いものだったのでしょうか?

ST とても辛かったわ。

MW そうね。携帯で最終章の撮影最後の数日間の写真を見てみると、とても懐かしいものね。最高に楽しい日々で、昨年はアイルランドで素晴らしい夏を過ごせた。最後の数週間、数ヶ月間は最高のお天気に恵まれ、誰もが陽気な気分になった。今回は長時間に渡る過酷な撮影だったけれど、そのご褒美があんな素晴らしいお天気とはね。セットでみんながアイスポップを食べていたのよ。

ST そんなことはその時が初めてだったわね。

MW 衣装を脱ぎ捨て、サングラスを掛けて腰掛ける。大好きな仲間たちに囲まれて、最高に素晴らしい最終章の撮影を一緒にやっている。とにかく最高の雰囲気だった。これらの写真を見ると、その当時の感情が蘇ってくるの。鼻にかかった埃ですら愛おしく感じるわ。

ST 分かるわ。懐かしいわね。私は泥や雨が恋しく感じるようになったほど。

MW 衣装を着て汗だくになるとか、ね。

ST そうそう、汗だくになって臭くなっちゃう。馬の糞が背中一帯についたりするんだもの。

MW 文字通り糞が、ね。

ST そうなのよ。でも、とにかく最高の思い出ね。

MW このTVシリーズほど生々しくてリアルな作品は他にはないかもしれない。

ST TVシリーズとしては、ね。

MW この作品はそれを目指していた。私達は確かにあの地にいて、あんな風に果てしなく広がる大地を目の当たりにして、とても美しいと思った。

ST そうね。

MW 凍えるかと思うほど寒かったけれど、あそこまでの環境に身を置くというのは、撮影でしかないものよ。

ST 控室は輸送用のコンテナだった。

MW その中に座っていると、ダヴォス役のリアムがやってきて「中で一本吸わせてくれ」と言うから、みんなで「駄目!」となった。

ST 「リアム!それは駄目よ!」と、ね(笑)。

MW 嫌なことでさえ、良い思い出となったわ。

ST そう、良いものね。

MW 以上が今日私達が答えた中で、最も誠実な回答だったわ。

—素敵ですね。世界中で最もヒットしたTVシリーズの一員となるのは、お2人にとっていかがでしたでしょうか?ファンも大勢いるわけですが、そのような作品に参加されていかがでしたか?

MW 私は今でもまだ…。

ST 理解できないのよね。

MW そう。

ST 私もそうよ。

MW 実感するのは難しいものね。視聴率など数字を知らされても、ファンがとても興奮して、コスプレしてくれたりしても、これが私達にとって全人生だったわけだから、客観的に外から見るというのが難しいものなの。私達はこれしか知らないから。(出演するのが)他の作品だったかもしれないし、それも大ヒットしたかもしれない。私は「ストレンジャー・シングス」のキャスト達とも仲が良いのだけれど、あの作品もまた爆発的にヒットした。俳優であれば誰もが体験することなのだと思うわ。「ゲーム・オブ・スローンズ」が空前のヒットとなったのは、とにかく最高にワクワクすることなのよ。

ST 共演者を、他の人達が見ているような目では見られないということもあるわ。「彼は私のお兄さん、彼女は妹、この人は親友」という風になるのだけれど、他の人にとっては素晴らしいキャラクター達だから、「会えて凄く嬉しい!」となるのでしょうけれど。

MW そうなの。「彼らは実際にはどんな人なの?」とよく聞かれるけれど、私にとっては普通の友人なので、そういうのは分からないわ。

ST そうね。

MW ある人物についてイメージが作られると、(出会った時)彼らの瞳が興奮で輝き嬉しいものよ。ただ、そうは言っても、みんなと同様に私達も模索しているに過ぎないの。ここまで大ヒットしたということが、未だに信じられないけれど、私達にとっては今でもとても嬉しいことなの。

——ここまで大人気のTVシリーズですと、秘密を守るということにどれだけのプレッシャーを感じるものなのでしょうか?

MW 秘密を守ることもそうだけれど、上手く演じなくてはということもそうね。原作で私のキャラクターは素晴らしいので、第一章でみんなに私の演技を褒めてもらえたのは光栄に思っているけれど、その後がどんどん大変になっていった。様々な意見があるの。ただ、ストーリーを秘密にするということでは、どういうエンディングとなるか、私がどもりながらたどたどしく説明したところで絶対面白くは聞こえないもの。みんなに「なんだ」とがっかりされるから、このストーリーを守りたいと思うの。それに相応しい形でみんなに楽しんでもらえるように、その秘密を守りたいと思うわ。

ST そうね。音楽、脚本など、最高の形で観てもらえるように、ね。

MW それから涙と、ね。

ST それからシネマトグラフィーも。

MW 炎と氷、美と破壊もそうよ。

——演じていて最も楽しかったのはどのシーンでしたか?

MW 楽しい、か…。

ST あまりにもたくさんあり過ぎるからね。

MW そうなのよね。

ST 全員が集結するシーンはいつでも楽しいのは確かね。「ゲーム・オブ・スローンズ」のキャストたちは本当に笑えるからね。

MW 大掛かりなシーンだと大勢いるから、休憩時間が楽しいの。

ST 待ち時間がかなりあるからね。

MW 待ち時間が長いので、全身衣装を纏ってニンテンドースイッチをやっていたり、そういうのを見るのは面白いものよ。そんな些細なことが楽しかった。衣装姿でタバコとバナナを手にしているような写真が、私の携帯にたくさんあるの。最高に笑えるものよ。

(後篇に続く)


画像2

書影はAmazonにリンクしています

画像3

ゲーム・オブ・スローンズ 第一章~最終章 ブルーレイ コンプリート・シリーズ

★GOT s8 Sell BD小jpg

ゲーム・オブ・スローンズ 最終章 ブルーレイ コンプリート・ボックス

ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
9
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。