3巻イラスト

『裏世界ピクニック3』発売記念! 1・2巻エピソードガイド

シリーズ最新刊『裏世界ピクニック3 ヤマノケハイ』の発売を記念して、これまでの1・2巻エピソードを振り返るまとめ記事です。展開のネタバレを含みますのでご注意を。これからシリーズに追いつきたい方や、3巻の前に流れを復習しておきたい方はぜひご活用ください!(編集部)

11/30追記:3巻電子版配信開始!
(書影はKindle版にリンクしています)

第1巻

「ファイル1 くねくねハンティング」
舞台は現代日本。女子大生の紙越空魚は〈裏側〉の世界を探険中に、謎の怪異「くねくね」に襲われたところを仁科鳥子に助けられる。ふたりはお金稼ぎのため、「くねくね」を狩りにいくが……!?
SFM2016年8月号初出。全文公開中!→https://www.hayakawabooks.com/n/n2ff2feccf0ae

「ファイル2 八尺様サバイバル」
金髪美人による壁ドン顎クイから開幕する怪異サバイバル第2話。石神井公園の豪邸に住む小さな協力者・小桜も初登場。くねくねの影響で右目と左手が変質した2人は、いなくなった鳥子の友達・閏間冴月の探索のため再び裏世界に足を踏み入れる……SFM2016年12月号初出。

「ファイル3 ステーション・フェブラリー」
ネットロアの大物「きさらぎ駅」が満を持して登場。新宿の居酒屋から裏世界に入ってしまった空魚と鳥子は、丸腰の危機を謎の兵士たちに助けられる。彼らは沖縄の基地から裏世界へ迷いこみ、きさらぎ駅に野営する在日米軍海兵隊だった――SFM2017年2月号初出。

「ファイル4 時間、空間、おっさん」
くねくね、八尺様、きさらぎ駅……立て続けに死にそうな目に遭って、鳥子とケンカしてしまった空魚。鳥子は1人で冴月を探しにいってしまう。小桜の家へ相談にいった空魚だが、2人揃って裏世界に巻き込まれることに。3人は生きて帰還できるのか? 1巻書き下ろし。

――――ここまで第1巻――――

第2巻

「ファイル5 きさらぎ駅米軍救出作戦」
シリーズ第2シーズンに突入。ファイル3の米軍たちを救うため、空魚と鳥子はふたたび「きさらぎ駅」へエントリーします。挿絵の物凄い車はイスラエル軍の重装甲歩兵戦闘車風に魔改造を施した〈ゴルゴン〉。裏世界の怪異達に、兵器と異能で真正面から立ち向かう!

「ファイル6 果ての浜辺のリゾートナイト」
まさか、裏世界ピクニックに水着回があるとは思いませんでした。とある理由から沖縄で1日を過ごすことになった空魚と鳥子。ふたりは海水浴へ向かおうとタクシーに乗りますが、到着したのは裏世界の浜辺。それでも鳥子は「水着で遊ぼう」と言い出して……?

「ファイル7 猫に忍者に襲われる」
《笑わないで聞いてくれよ。ガチだ。最近猫の忍者に狙われてる》――この有名なコピペは、実はもともとネット怪談として掲示板に書き込まれものでした。空魚の後輩・瀬戸茜理が初登場。本気で殺しにくるネコのニンジャとカラテでバトルする女子大生アクション回です。

「ファイル8 箱の中の小鳥」
閏間冴月が所属していた組織「DS研」こと「ダークサイエンス研究奨励協会」の、汀曜一郎が登場。冴月の行方の手がかりを探すため、空魚と鳥子は冴月の研究室へ向かう。数あるネット怪談でも図抜けて凶悪な呪いをもった「コトリバコ」が襲いかかる、第2巻ラストエピソード!

――――ここまで第2巻――――

第3巻

第3巻では、ファイル9「ヤマノケハイ」ファイル10「サンヌキさんとカラテカさん」に加えて、書き下ろしの過去最長エピソード、ファイル11「ささやきボイスは自己責任」を収録。電子書籍版は11月30日(金)配信です。

『裏世界ピクニック3 ヤマノケハイ』
宮澤伊織/イラスト:shirakaba

季節は秋。DS研でコトリバコの呪いを辛くも退けた空魚と鳥子は裏世界探検の日々へと復帰する。お弁当と農機を持ち込んで異界の草原をのんびり走ったり、大学の後輩が持ち込んだ悩み事の解決に奔走したり、認知科学者・小桜の屋敷に入り浸ったり――そこには常に、怪異たちと閏間冴月の影もあって――そしてふたりを襲う、最大の脅威〈ウルミルナ〉とは? 表に出せない感情同士が激突する女子たちのサバイバル、第3巻!


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

出版社・早川書房のページです。最新ニュースに加えて、連載、抜粋、著者やシリーズ紹介とどんどんとコンテンツを投入予定です。Amazon.co.jpアソシエイト。

スキありがとうございます!
8
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。