ドラマもゲームも大人気〈ウィッチャー〉シリーズの原点 『ウィッチャー短篇集1 最後の願い』12/24発売
見出し画像

ドラマもゲームも大人気〈ウィッチャー〉シリーズの原点 『ウィッチャー短篇集1 最後の願い』12/24発売

Hayakawa Books & Magazines(β)

 大人気ゲーム〈ウィッチャー〉シリーズを生みだしたことでも知られるアンドレイ・サプコフスキによる小説〈ウィッチャー〉シリーズ。その原点ともいえる短篇集『ウィッチャー短篇集1 最後の願い』2021年12月24日に刊行いたします。Netflixで小説をもとにしたドラマ『ウィッチャー』が配信されており、12月17日には第2シーズンの配信が始まりました。ドラマやゲームとあわせて、短篇集『ウィッチャー短篇集1 最後の願い』をぜひお楽しみください。

『ウィッチャー短篇集1 最後の願い』

諸国を渡り歩き、怪物を退治するウィッチャーは、その魔法の力ゆえ嫌われる。ウィッチャーのゲラルトはある町で〈黒太陽の呪い〉を受けた変異体退治を依頼されるが……。ゲラルトが“ブラビケンの殺し屋”と呼ばれることになるできごとを描いた「小さな悪」のほか、彼と女魔法使いイェネファーとの出会い「最後の願い」など6篇を収録。ゲームやドラマとなり、世界中で話題の〈ウィッチャー〉シリーズの原点となる短篇集

既刊の『ウィッチャーⅠ エルフの血脈』から始まる長篇5巻のシリーズを読まれた方、お待たせしました! ウィッチャーのゲラルトと女魔法使いイェネファーの出会いや、シリが生まれる前のシントラ国の出来事を、この短篇集でお読みいただけます。
〈ウィッチャー〉シリーズの小説版をまだお読みでない方は、シリーズを最初から楽しんでいただけるチャンスです。長篇5巻の前に、この『ウィッチャー短篇集1 最後の願い』からお読みいただくことをお勧めします。

目 次
 理性の声1 
ウィッチャー 
 理性の声2 
一粒の真実 
 理性の声3 
小さな悪 
 理性の声4 
値段の問題 
 理性の声5 
世界の果て 
 理性の声6 
最後の願い 
 理性の声7 
 訳者あとがき 

『ウィッチャー短篇集1 最後の願い』オビつき書影

アンドレイ・サプコフスキ〈ウィッチャー〉シリーズ 既刊
『ウィッチャーⅠ エルフの血脈』川野靖子・天沼春樹 訳
『ウィッチャーⅡ 屈辱の刻』川野靖子 訳
『ウィッチャーⅢ 炎の洗礼』川野靖子 訳
『ウィッチャーⅣ ツバメの塔』川野靖子 訳
『ウィッチャーⅤ 湖の貴婦人』川野靖子 訳 

こちらの記事もどうぞ
〈ウィッチャー〉を小説から! ゲームやドラマで話題のファンタジイの世界へ

長篇〈ウィッチャー〉シリーズ全5巻

〈ウィッチャー〉関連では、このほかに、アメコミ版のウィッチャー『ウィッチャー 1: HOUSE OF GLASS』『ウィッチャー 2: FOX CHILDREN』『ウィッチャー 3: CURSE OF CROWS』、〈ウィッチャー〉シリーズの世界を紐解く解説書『ワールド・オブ・ウィッチャー』ゲーム「グウェント」のアート集グウェント アート・オブ・ウィッチャーカードゲームが邦訳されています。

※書影はAmazonにリンクしています。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
オススメありがとうございます!
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
Hayakawa Books & Magazines(β)
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/