見出し画像

夏休みの読書にぴったり! 小中学生に送る名作ミステリ。ハヤカワ・ジュニア・ブックス8月の新刊

世界中の名探偵が集まる児童書レーベル〈ハヤカワ・ジュニア・ミステリ〉。
その第1弾として、「ミステリの女王」アガサ・クリスティーの傑作長編10作を3月から毎月連続で刊行しています。

当初は毎月2冊ずつ刊行し7月には全10編を刊行する予定でしたが、変更となりました。楽しみに待っていてくださったみなさま、申し訳ございません。
『名探偵ポアロ ナイルに死す』は9月に刊行いたします。

クリスティーの作品は、どれも大人向けに書かれた作品ですが、このジュニア版では、ルビと挿し絵が読書をサポートします。

ルビは、小学4年生以降に習う漢字についています。中には、小学2,3年生で読んでいるという方も!

「海外の人物の名前を覚えるのが苦手!」「長い名前の登場人物がたくさん出てきて、覚えられない!」と思うことがありますが、イラスト付きの人物紹介があるので、ぐっと読みやすくなります(くわしくはこちら)。

そして、文章を省略していない完訳だから、クリスティー本来の魅力が味わえます。

「ミステリ小説ははじめてだけど、すらすら読めた」「意外な結末について親子で話せて楽しかった」という声もあります。

いつもより時間があるときは、長めの物語に挑戦するチャンスです。
夏休みを期に、世界中で愛されるクリスティーの名作に手を伸ばしてみるてはいかがでしょうか?

今月の新刊

画像1

『茶色の服の男』
アガサ・クリスティー 深町眞理子 訳 くろでこ 絵
8月26日発売
【くわしい内容はここから

もうすぐ出る本

『名探偵ポアロ ナイルに死す』
アガサ・クリスティー 佐藤耕士 訳 二階堂彩 絵

先月出た本

画像2

『名探偵ポアロ ABC殺人事件』
アガサ・クリスティー 田口俊樹 訳 二階堂彩 絵
【くわしい内容はここから

感想はこちら
最後にわかる犯人の正体にびっくり!『名探偵ポアロ ABC殺人事件』読者モニターの感想 その1(ハヤカワ・ジュニア・ブックス)
ミステリ小説初心者にもおすすめ!『名探偵ポアロ ABC殺人事件』読者モニターの感想 その2(ハヤカワ・ジュニア・ブックス)

ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
11
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

こちらでもピックアップされています

ハヤカワ・ジュニア・ブックス
ハヤカワ・ジュニア・ブックス
  • 45本

ハヤカワ・ジュニア・ブックス(HJB)は、小学生・中学生のためのミステリ、SF、ファンタジイ、ノンフィクションを刊行するレーベルです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。