マガジンのカバー画像

ハヤカワ国内フィクション

616
ハヤカワ文庫JAや単行本など、国内フィクション作品の試し読み原稿や解説などを公開中。
運営しているクリエイター

記事一覧

【早川書房社員による作品を公開!】『ここはすべての夜明けまえ』春の書写フェスティバル開催♡

【早川書房社員による作品を公開!】『ここはすべての夜明けまえ』春の書写フェスティバル開催♡

間宮改衣『ここはすべての夜明けまえ』大ヒット御礼企画、春の書写フェスティバル。すでに筆を執ってくださった方も多くお見受けしています、ありがとうございます! 本欄では、早川書房社内から寄せられた書写フェス参加作品を大公開します。どんな一節を選んだか、こだわりの文具にもご注目ください🖋

『ここはすべての夜明けまえ』春の書写フェスティバル@早川書房エントリーNo.1 編集部・Mさん(本書担当編集)

もっとみる
もしも死後結婚専門のマッチングアプリがあったら? 芦沢央『魂婚心中』6/19発売!

もしも死後結婚専門のマッチングアプリがあったら? 芦沢央『魂婚心中』6/19発売!

芦沢央さんの最新作、『魂婚心中』が6月19日に発売! ベストセラーを連発する書き手による、斬新なアイディアで読者の意表を突くSFミステリ傑作集です。「もしも死後結婚用のマッチングアプリがあったら?」という発想から推し文化を描く表題作をはじめ、読めば情緒を狂わされること間違いなし、極上の人間模様&どんでん返しが繰り広げられます!

【あらすじ】

ここ数年で死後結婚のイメージは大きく変わった。Kon

もっとみる
第44回日本SF大賞決定&アンソロジー『地球へのSF』刊行記念トークイベント開催! 長谷敏司氏、斜線堂有紀氏、高野史緒氏、久永実木彦氏、結城充考氏ほか総勢23名のSF作家登壇【5月26日(日)@新宿ロフトプラスワン】

第44回日本SF大賞決定&アンソロジー『地球へのSF』刊行記念トークイベント開催! 長谷敏司氏、斜線堂有紀氏、高野史緒氏、久永実木彦氏、結城充考氏ほか総勢23名のSF作家登壇【5月26日(日)@新宿ロフトプラスワン】

第44回日本SF大賞決定&『地球へのSF』刊行を記念して、SF作家によるSF好きのためのイベントを開催します!
第1部では『プロトコル・オブ・ヒューマニティ』で第44回日本SF大賞を受賞した長谷敏司ほか候補作家5名によるトーク。
第2部は、5月22日に発売予定のアンソロジー『地球へのSF』寄稿作家のなかから18名が語ります(オンライン出演作家もあり)。
総勢23名のSF作家による豪華トークイベント

もっとみる
~かいていったらなっとくできるかな~『ここはすべての夜明けまえ』春の書写フェスティバル開催♡

~かいていったらなっとくできるかな~『ここはすべての夜明けまえ』春の書写フェスティバル開催♡

文学界騒然の驚くべき新人デビュー作、間宮改衣『ここはすべての夜明けまえ』。発売から1か月で即重版、5刷の大ヒットを記念して、『ここはすべての夜明けまえ』春の書写フェスティバルを開催いたします!
『ここはすべての夜明けまえ』本文中からお気に入りの一節を選んで紙に書き写し、X(旧Twitter)またはInstagramにご投稿いただいた方の中から、抽選で10名様に特製クリアファイルをプレゼントします。

もっとみる
だから本は特別な存在。池澤春菜『わたしは孤独な星のように』作者メッセージ

だから本は特別な存在。池澤春菜『わたしは孤独な星のように』作者メッセージ

池澤春菜さん、初の小説集『わたしは孤独な星のように』が5月9日(木)、ついに発売! 刊行を記念してSFマガジン最新号の池澤さんによる人気連載「SFのSは、ステキのS」から、作者メッセージを公開します。

――――――――
 本が、出るぞーーーーーーーーーー!!
 5月9日、池澤春菜初短篇集『わたしは孤独な星のように』が刊行されます。
初だけど、最後かもしれない。

 父の仕事柄、文字通り生まれたと

もっとみる
【6/30まで】宮澤伊織『裏世界ピクニック』1~8巻が期間限定で読み放題!&トークイベント開催決定 !

【6/30まで】宮澤伊織『裏世界ピクニック』1~8巻が期間限定で読み放題!&トークイベント開催決定 !

★1~8巻読み放題、期間限定で開始!

5月22日に発売される宮澤伊織さんのシリーズ最新刊『裏世界ピクニック9 第四種たちの夏休み』を記念して、なんとシリーズ1~8巻まで全巻が期間限定で読み放題サービス開始となっています。
対象となるのはKindle Unlimited、auブックパス読み放題、BOOK☆WALKER読み放題の3ストア。期間は5/1~6/30の2カ月となります。

「知ってる? 共

もっとみる
第44回日本SF大賞決定&アンソロジー『地球へのSF』刊行記念トークイベント開催!【5月26日(日)】

第44回日本SF大賞決定&アンソロジー『地球へのSF』刊行記念トークイベント開催!【5月26日(日)】

✰『地球へのSF』刊行!日本SF作家クラブが編纂するアンソロジー、『地球へのSF』が5月22日にハヤカワ文庫JAから発売されます!

〈内容紹介〉

深刻化する気候変動と資源問題、相次ぐパンデミック、そして止むことのない紛争と戦乱。われわれ人類は、この惑星で生きていく資格があるのか? 気鋭のSF作家たちが、かけがえのない地球と、そこに存在する生命に提示する、22の可能性とメッセージ。はたして人類の

もっとみる
町田そのこさん「わたしはわたしを、ちゃんと愛していられただろうか?」――間宮改衣『ここはすべての夜明けまえ』書評を公開

町田そのこさん「わたしはわたしを、ちゃんと愛していられただろうか?」――間宮改衣『ここはすべての夜明けまえ』書評を公開

先日発表となった第37回三島由紀夫賞候補作に選出されるなど、文学界を騒然とさせている衝撃の新人デビュー作『ここはすべての夜明けまえ』(間宮改衣)。刊行直後に本作を読んで「しばらく他の作品を読めないくらいの衝撃を受けた」という、作家の町田そのこさんによる書評記事を、SFマガジン2024年6月号より再録します。

愛と呪いと祈りに満ちた、もうひとつの世界
町田そのこ 本作は、第十一回ハヤカワSFコンテ

もっとみる
これが、電脳アクションの最新進化形。木村浪漫『イエロー・ジャケット/アイスクリーム』冒頭パートを特別試し読み!

これが、電脳アクションの最新進化形。木村浪漫『イエロー・ジャケット/アイスクリーム』冒頭パートを特別試し読み!

〈ストーリー〉
西暦2096年、ニューヨーク。実の家族による組織犯罪集団"アサヒナ・ファミリー”の末弟である朝比奈伊右衛郎は、囮捜査にはまり、巨大複合企業ハニュウ・コーポレーションのCEO、羽生氷蜜の手に堕ちる。氷蜜の手により、有機都市東京・千代田区神田の羽生芸夢学園に強制入学させられることになったイエロー。犯罪者からの更生のため、有機電脳と特甲服をリンクさせた電装化体験型遊戯“ジャケット・プレイ

もっとみる
★完売御礼★「シャーリー・ホームズと221Bな茶会」開催! 高殿 円氏×三宅香帆氏@サロンクリスティ 5月24日(金)夜

★完売御礼★「シャーリー・ホームズと221Bな茶会」開催! 高殿 円氏×三宅香帆氏@サロンクリスティ 5月24日(金)夜

★表題の催し、おかげさまで完売御礼となりました。
たくさんのご応募を誠にありがとうございました!

登場人物全員性別逆転&現代版で、いまもっとも進化したホームズ・パスティーシュ、高殿円さんが贈る〈シャーリー・ホームズ〉シリーズが今年で10周年を迎えます。

2014年、第1作『シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱』の登場以来、根強いファンのみなさまに支えられ、昨年10月に文庫化された第2作『シャーリー

もっとみる
【5月19日(日)開催】池澤春菜さん『私は孤独な星のように』発売記念サイン会開催!@芳林堂書店 高田馬場店

【5月19日(日)開催】池澤春菜さん『私は孤独な星のように』発売記念サイン会開催!@芳林堂書店 高田馬場店

『私は孤独な星のように』の刊行を記念し、著者・池澤春菜さんのサイン会を開催します。奮ってご参加ください!

開催概要■日時

2024年5月19日(日)開始13:00(開場12:45)

■場所

芳林堂書店高田馬場店 8Fイベントスペース
(東京都新宿区高田馬場1-26-5)
Tel 03-3208-0241

参加条件芳林堂書店高田馬場店の店頭、電話、またはホームページより事前ご予約の上、対象

もっとみる
もしも日本にAI裁判官が導入されたら?『AI法廷の弁護士』解説

もしも日本にAI裁判官が導入されたら?『AI法廷の弁護士』解説

竹田人造さんの『AI法廷の弁護士』が発売! もしも日本にAI裁判官が導入されたら?という設定でハッカー弁護士の活躍を描く本作。「そんなの好きですよ。ズルい。」by品田遊(ダ・ヴィンチ・恐山)さん、「極限までアップデートされたエンタメ法廷劇」by五十嵐律人さん、と各所から大絶賛!

発売を記念して、ミステリ評論家の千街晶之さんによる解説を公開します。

『AI法廷の弁護士』解説 千街晶之

 裁判官

もっとみる
「令和のデビュー作五傑」に入ることは間違いない。『サーキット・スイッチャー』解説

「令和のデビュー作五傑」に入ることは間違いない。『サーキット・スイッチャー』解説

安野貴博さんの『サーキット・スイッチャー』が発売! 完全自動運転車が人質を爆弾を載せて首都高を占拠する事件を描く令和最新のAIサスペンス。「エンタメ要素の全てを網羅」by小島秀夫監督、「これは数年後のあなたが直面するミステリ」by斜線堂有紀さん、と各所から大絶賛!

発売を記念して、ライターの吉田大助さんによる解説を公開します。

『サーキット・スイッチャー』解説 吉田大助  

 作家取材や書

もっとみる
【たちまち重版5刷!】異例尽くしの話題作、『ここはすべての夜明けまえ』記事まとめ

【たちまち重版5刷!】異例尽くしの話題作、『ここはすべての夜明けまえ』記事まとめ

3月上旬に発売して以来口コミ爆発、新人デビュー作にして異例の重版4刷がたちまち決定した間宮改衣『ここはすべての夜明けまえ』。

ハヤカワSFコンテストでは編集部選考で全員満点、最終選考で大激論を呼び特別賞を受賞した本作。書籍に先がけてSFマガジンでの全文掲載、小冊子の配布なども行なわれ、大きな注目を集めました。発売後にはSNS上でも話題沸騰、「刺さった」「もはやSFではない」「いや、SFだからこそ

もっとみる