マガジンのカバー画像

ハヤカワ国内フィクション

590
ハヤカワ文庫JAや単行本など、国内フィクション作品の試し読み原稿や解説などを公開中。
運営しているクリエイター

記事一覧

探偵公妃と堅物大尉のクリスティー賞受賞シリーズ2カ月連続刊行!

探偵公妃と堅物大尉のクリスティー賞受賞シリーズ2カ月連続刊行!

第10回アガサ・クリスティー賞優秀賞に輝いた、宮園ありあさんの『ヴェルサイユ宮の聖殺人』が先月、待望の文庫化をしました!

フランス革命が数年後に迫る、黄昏時のブルボン王朝。崩壊の兆しはそこかしこにあるものの、国王ルイ16世と王妃マリー=アントワネットを頂点とする、絢爛豪華を極めたヴェルサイユ宮廷。その宮殿の中の一室で、殺人事件が起きたことから、舞台の幕が開きます。

*あらすじ*

1782年5

もっとみる
現代の徳川幕府が舞台のノワール警察小説『素浪人刑事 東京のふたつの城』。世界設定パートを試し読み!

現代の徳川幕府が舞台のノワール警察小説『素浪人刑事 東京のふたつの城』。世界設定パートを試し読み!

明治維新がなく、400年を超えて徳川幕府が統治する、2020年代の日本。征夷大将軍の下、刑事は腰に帯刀していた。組織からはぐれた刑事・桑名十四郎が、将軍家にまつわる謀略の渦中に巻き込まれていく。いよいよ2月21日(水)に発売となる、話題の歴史改変ノワール警察小説。現在まで続く徳川幕府400年の歴史を、精緻かつ大胆につづった本篇「章の二」を先行特別公開!

章の二:大日本連合将国と南蝦夷小史
~小栗

もっとみる
SFマガジン4月号「BLとSF2」 特集解説(水上文)

SFマガジン4月号「BLとSF2」 特集解説(水上文)

 2月24日発売のSFマガジン4月号、特集は「BLとSF2」。刊行に先がけ、特集監修の水上文さんによる解説を先行公開します。

★特集記事の全体像はこちら👇

■はじめに

  本特集「BLとSF2」の監修は、瀬戸夏子、水上文の両名が担当している。
 私たちは、ともにかねてよりBLジャンルに親しんできたファンであると同時に、ジェンダーをめぐる問題に関心を寄せてきたフェミニストでもある。
 そこで

もっとみる
ジャンルの歴史と現在地、交点から未来へ。SFマガジン「BLとSF2」特集紹介

ジャンルの歴史と現在地、交点から未来へ。SFマガジン「BLとSF2」特集紹介

2/24発売のSFマガジン2024年4月号「特集:BLとSF2」の内容を公開します。本誌2022年4月号の特集「BLとSF」から2年、好評を受けて第2弾をお届けします。瀬戸夏子氏・水上文氏による監修のもと、第一線の作家陣による書下ろし短篇や、ジャンル史を掘り下げる作家インタビュー、論考やエッセイによって、BLとSFの両ジャンルを架橋しながらその未来を想像し、世界と人間のかかわりについて新たな可能性

もっとみる
【書影初公開】「こんな小説読んだことない」発売前から大反響! 間宮改衣『ここはすべての夜明けまえ』【3月6日発売】

【書影初公開】「こんな小説読んだことない」発売前から大反響! 間宮改衣『ここはすべての夜明けまえ』【3月6日発売】

「心の奥深くに刺さった」との声多数! 発売前から大反響の小説、間宮改衣『ここはすべての夜明けまえ』を3月6日(水)に発売します。 本記事では待望の書影を解禁&書店員さんから届いた熱いご感想の一部を特別公開!

「ちょっと信じられないような小説に出逢ってしまった」

SFマガジン編集長の溝口力丸が一読して衝撃を受け、「少しでも多くの方に読んでもらいたい!」と『SFマガジン』2024年2月号への全文掲

もっとみる
ちょっと信じられないような小説。『ここはすべての夜明けまえ』刊行予告【3/6発売】

ちょっと信じられないような小説。『ここはすべての夜明けまえ』刊行予告【3/6発売】

間宮改衣『ここはすべての夜明けまえ』が単行本で3月6日に刊行されます。第11回ハヤカワSFコンテスト特別賞受賞作。

本作は刊行に先がけて、昨年末発売のSFマガジン2月号に全文掲載。先読みした読者の皆様や、業界の方々からも多大な反響をいただいています。

【作品あらすじ】
2123年10月1日、九州の山奥の小さな家に1人住む、おしゃべりが大好きな「わたし」は、これまでの人生と家族について振り返るた

もっとみる
2024年1月26日(金)開催!『歌われなかった海賊へ』から考えるナチ・ドイツ  逢坂冬馬×田野大輔オンライントークイベント開催のお知らせ

2024年1月26日(金)開催!『歌われなかった海賊へ』から考えるナチ・ドイツ  逢坂冬馬×田野大輔オンライントークイベント開催のお知らせ

デビュー作にして2022年本屋大賞を受賞した『同志少女よ、敵を撃て』著者の逢坂冬馬さんが、昨年待望の第二長篇『歌われなかった海賊へ』を刊行しました。監修を務めたのは甲南大学文学部教授で、『検証 ナチスは「良いこと」もしたのか』(小野寺拓也氏との共著)などでも話題沸騰の田野大輔さん。好評発売中の『歌われなかった海賊へ』の刊行を記念して、おふたりのオンライントークイベントを開催します。

歴史社会学、

もっとみる
【アガサ・クリスティー賞大賞受賞作】葉山博子『時の睡蓮を摘みに』冒頭試し読み公開!

【アガサ・クリスティー賞大賞受賞作】葉山博子『時の睡蓮を摘みに』冒頭試し読み公開!

第13回アガサ・クリスティー賞大賞受賞作、葉山博子『時の睡蓮を摘みに』が刊行されました。「クリスティー顔負けの人間観察と、ル・カレやグリーンのような文学的香気に満ちている(法月綸太郎氏)」「とてつもなく分厚い知識の土台に支えられ、候補作のなかで神殿のように屹立していた(鴻巣友季子氏)」と最終選考委員からの絶賛を受けて大賞を受賞した本作。その冒頭2章を無料で公開いたします。

■内容紹介
あたしは、

もっとみる
🌟11月21日発売🌟村山早紀最新作『さやかに星はきらめき』ディスプレイコンテスト開催!【書店の皆様のご参加、お待ちしています!】

🌟11月21日発売🌟村山早紀最新作『さやかに星はきらめき』ディスプレイコンテスト開催!【書店の皆様のご参加、お待ちしています!】

村山早紀さん最新刊『さやかに星はきらめき』の刊行を記念して、#さやかに星はきらめきディスプレイコンテスト を開催いたします!

『百貨の魔法』『桜風堂ものがたり』で本屋大賞に二度ノミネートされるなど、多くの読者・書店員から熱い支持を得ている著者が、宇宙を舞台にクリスマスの奇跡を描きます。
贈り物にもぴったりの綺羅星のような物語、ぜひご注目ください✨

本書は編集者である主人公のキャサリンがクリスマ

もっとみる
【11月26日(日)開催】『さやかに星はきらめき』刊行記念 村山早紀先生サイン会 メトロ書店長崎本店

【11月26日(日)開催】『さやかに星はきらめき』刊行記念 村山早紀先生サイン会 メトロ書店長崎本店

11月21日の『さやかに星はきらめき』刊行までいよいよ一カ月を切りました。そこで村山早紀先生の地元である長崎でのサイン会の開催が決定しました。

日時

2023年11月26日(日)15時~16時

場所

メトロ書店長崎本店(アミュプラザ長崎3F)電話0120-846-468

定員

100名様 要整理券

参加条件

『さやかに星はきらめき』(早川書房、1870円税込)をメトロ書店でお買い上

もっとみる
【福澤諭吉、最後の「自伝」。荒俣宏、最後の小説。】『福翁夢中伝(上・下)』序文&前口上試し読み

【福澤諭吉、最後の「自伝」。荒俣宏、最後の小説。】『福翁夢中伝(上・下)』序文&前口上試し読み

近代日本の父・福澤諭吉の生涯を、現代の知の巨人・荒俣宏が膨大な資料を渉猟して著した畢生の大作『福翁夢中伝(上・下)』が発売中です。福澤の自伝として有名な『福翁自伝』。実はそのあとにもう1冊の自伝を書いていたら? という設定のもと、福澤の一人称「わがはい」による最後の自伝として書かれた評伝小説の決定版です。本欄では、本書の序文と前口上、19ページ分を無料で公開します。

『福翁夢中伝(上)』

余計

もっとみる
🎉受賞者決定🎉『さやかに星はきらめき』読者感想コンクール【著者コメント付き】

🎉受賞者決定🎉『さやかに星はきらめき』読者感想コンクール【著者コメント付き】

2023年12月7日~21日に、村山早紀さん最新刊『さやかに星はきらめき』のひとこと感想コンクールを開催いたました。
ご応募いただいた感想を、著者の村山早紀さんと早川書房の編集担当・営業担当・プロモーション担当で選考し、5名の入賞者を決定いたしましたので、ここに発表いたします(投稿順)。

お知らせ(2023年12月27日)今回のコンテストでは、15名の方を対象に審査を進めましたが、3名の方が応募

もっとみる
SFブーム時代への憧憬から生まれた物語――『さやかに星はきらめき』刊行記念著者 村山早紀インタビュー

SFブーム時代への憧憬から生まれた物語――『さやかに星はきらめき』刊行記念著者 村山早紀インタビュー

村山早紀氏の最新作『さやかに星はきらめき』が早川書房より刊行されました。
本屋大賞に2年連続でノミネートされた『桜風堂ものがたり』『百貨の魔法』や、20年の時を経て愛蔵版が刊行された〈シェーラひめのぼうけん〉シリーズを手掛けるファンタジーの名手が描く、宇宙を舞台にした連作短篇集です。
こちらの記事では「SFマガジン」2月号(2023年12月24日発売)に掲載予定のインタビューを先行公開いたします。

もっとみる
『さやかに星はきらめき』ディスプレイコンテスト🌟エントリー作品ご紹介 part2【24/1/4〆切】

『さやかに星はきらめき』ディスプレイコンテスト🌟エントリー作品ご紹介 part2【24/1/4〆切】

村山早紀さんの最新刊『さやかに星はきらめき』の刊行を記念して、書店さん向けのディスプレイコンテストを開催中です!

今回は、ディスプレイ紹介part2です。
12月9日(土)~12月20日(水)の間にエントリーいただいた書店さんのディスプレイをご紹介します!

part1はこちら↓

アバンティブックセンター宝塚中山店 様

オリジナルイラストのキャサリンとレイノルドが目を惹きます。もふもふのキャ

もっとみる