ハヤカワ国内フィクション

227

まちでウワサのSF短篇集、柞刈湯葉『人間たちの話』の読了&感想ツイートをまとめました。そして告知も。

2020年3月の発売以降、地球の各所で話題になっている柞刈湯葉のSF短篇集『人間たちの話』(ハヤカワ文庫JA)。Twitterのタイムラインに寄せられた感想をまとめました。お読みいただいたみなさま、本当にありがとうございます!

記事の末尾に湯葉さんのイベント告知があります。併せてご覧ください。

イベント告知

『人間たちの話』の著者・柞刈湯葉さんがご登壇されるトークイベントが、6月13日(土)

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。
40

北海道で、じわ売れ! 北海道×ローカル線のご当地ミステリ『留萌本線、最後の事件』(著:山本巧次)を知っていますか?

浦本はホームへの階段を下りる前に、窓から構内をざっと見渡した。この函館本線深川駅には、ホームが三本ある。駅舎のある一番線は、函館本線の上り列車用。間もなくやってくる上りの始発列車、札幌行き特急ライラック2号を待つ、数人の乗客の姿が見える。その次がすぐ下に見える、三番線・四番線ホーム。四番線には、たった一両の気動車が停車していた。浦本がこれから乗る、留萌本線の留萌行き下り始発列車だ。
 そしてその向

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。
14

【序章試し読み】書店員、読者モニターから絶賛の嵐! 青春ビブリオ小説 青谷真未『読書嫌いのための図書室案内』(4/16刊行)

ゲラを読んだ書店員さん、読者モニターのみなさん計30名以上から絶賛コメントをいただいた青春ビブリオ小説、青谷真未『読書嫌いのための図書室案内』の試し読みを公開します。俊英によるこの春大注目の物語です。

■あらすじ・書影・感想コメントはこちらから↓↓



■序章 蘇る図書新聞

 教室で居眠りをしていると、ポップコーンの夢を見る。
 映画館などでよく見かける、大きな紙コップのような容器から溢れ

もっとみる
ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
24

本を読むことは、現実に立ち向かう術のひとつだよ――。絶賛の声続々! 青春ビブリオ小説 青谷真未『読書嫌いのための図書室案内』4/16刊行!

早川書房は2020年4月下旬に、作家・青谷真未氏の『読書嫌いのための図書室案内』を文庫書き下ろしで刊行します。
読書メーターの「読みたい本ランキング1位」を獲得しベストセラーとなった『君の嘘と、やさしい死神』、女子校を舞台にした少女たちの感情の機微を見事に描いたデビュー作『鹿乃江さんの左手』など、主にポプラ文庫で心情を細やかに拾い上げる叙情の名手として作品を発表してきた青谷氏は、今回ハヤカワ文庫初

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
31

【新入生のみなさんへ】「二十歳のときに、ある壮大な計画を立てた。大学の生協に置いてある岩波文庫をすべて読破しようというものだった。」『ゲームの王国』『嘘と正典』の小川哲が語る青春と読書

春、三月。新しいことがはじまる予感にあふれた、そわそわと落ち着かない季節です。世情は違う意味で落ち着きませんが、一年の中でも特殊なこの時期の、特に新入生のみなさんへ、うってつけの文章をご紹介します。小説家・小川哲氏のエッセイです。

小川哲(おがわ・さとし)氏は、1986年千葉県生まれ。ハヤカワSFコンテスト〈大賞〉を『ユートロニカのこちら側』で受賞し、デビュー。第2長篇『ゲームの王国』は日本SF

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
47

「まさかこの作者に泣かされるとは」「紙で買って息子に渡したい」「この人、これから日本のSFを代表する一人になってくんじゃないかな」柞刈湯葉『人間たちの話』感想ツイートをまとめました。

「違う世界の常識を知るのはこんなにも楽しい」

「ナメにナメたスタンスで買っちゃったんだけどいやこれ普通に真っ当なSFだしメタクソに面白いな????????????」

「これは確かに人間たちの話だ…おれは人間を描いているSFに弱いんだ…」

「紙で買って息子に渡したい」

「淡々とした暖かさで人間賛歌を描くのさあ………………大好きなので……………………」

「Science Fictionかくあ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
38

「これは "ハードSF作家・山本弘" の遺書だと考えてください。」『プロジェクトぴあの』著者あとがき全文公開

※書影は販売サイトとリンクしています

アニメーション映画監督の片渕須直氏とSF作家の野尻抱介氏に推薦を頂き、ハヤカワ文庫JAより好評発売中の山本弘『プロジェクトぴあの』上下巻。その下巻の収録されているあとがきを、全文公開します。本作をできるだけ多くの方に読んで頂くため、担当編集から著者の山本さんにお願いをいたしました。ぴあのとすばるの物語が、サイハテの更に先へ届きますように。

**

あとがき

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
246

「これからの『人間たちの話』をしよう……」『横浜駅SF』柞刈湯葉の初SF短篇集、各篇冒頭イッキ読み!

※書影は販売サイトとリンクしています

2016年。横浜駅が日本を覆う……という狂気の着想から紡がれた『横浜駅SF』で、SNSを中心に話題を席巻。SF界に颯爽と登場した柞刈湯葉。同作は第1回カクヨムWeb小説コンテストSF部門で〈大賞〉を受賞し、第38回日本SF大賞の最終候補作となった。

そして2020年3月。柞刈湯葉、初のSF短篇集となる『人間たちの話』が発売された。ポストアポカリプスSF、デ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
37

【いよいよ4月13日まで】『三体』も、『三つ編み』も、『ミレニアム6』も。国内外約1,000作品が最大50%割引、 「春のハヤカワ電子書籍祭」開催中!

現在開催中のKindle限定電子書籍セール「春のハヤカワ電子書籍祭」。全1,000点超え、ミステリからSF、海外文芸からノンフィクションまで、自信を持ってお薦めする作品を集めて、早川書房が最大規模でお贈りするこのセールも、いよいよ残り日数を数えるほうが早くなってきました。
実施期間は4月13日(月)まで。Kindleストア限定、最大50%割引で読者のみなさまにお届けしています。

早川書房最大規模

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
135

1話7分で読めるSF作品集 試し読み! 草上仁『7分間SF』(ハヤカワ文庫JA)

あっと驚く結末が、じわりと心に余韻を残す、すこしふしぎなお話が盛りだくさん。いつでもどこでも楽しめるSF作品集第2弾、草上仁『7分間SF』(ハヤカワ文庫JA)。その中の一篇「カツブシ岩」の試し読みを公開! あなたはこのお話のオチ、想像できますか? 

『7分間SF』あらすじと収録作リストはこちら↓↓

■カツブシ岩

辺境の惑星クロッカスで化石調査隊一行が見つけたものとは?

「カツブシ岩を調べた

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
18