ハヤカワ国内フィクション

328

迫真の報道×警察小説『ダークナンバー』続篇、登場!

横正賞作家・長沢樹氏のヒット作、『ダークナンバー』の続篇にあたる『イン・ザ・ダスト』が刊行されました! 長沢氏のデビュー10周年にあたる作品です。

警察組織になじめない心理分析官・渡瀬敦子と、報道局で異端とされながらも記者魂をもってあがく土方玲衣が奇妙なタッグを組み、関東近郊を震撼させる連続凶悪犯罪に挑む「警察×報道小説」。

『イン・ザ・ダスト』
長沢 樹
本体1000円+税
ハヤカワ文庫JA

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です

ユーザー評価世界一のVRアドベンチャー、公式ノベライズ刊行! 『ALTDEUS:Beyond Chronos Decoding the Erudite』

昨年12月に配信開始し、Facebook・OculusQuestプラットフォームでユーザー評価世界一を達成した日本発のVRアドベンチャーゲーム『ALTDEUS: Beyond Chronos』。その公式スピンオフアンソロジーが、2月17日(水)にハヤカワ文庫JAより刊行されます。

ゲーム本編は2280年の未来を舞台としていますが、本書はその前日譚となる現代から200年間のエピソードを集めたアンソ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。

第10回アガサ・クリスティー賞関連作揃い踏み!

 第10回アガサ・クリスティー賞の受賞作及び惜しくも受賞を逃した候補作のひとつが出版されましたので、ここで改めてご紹介させてください!

【大賞】受賞作

『地べたを旅立つ 掃除機探偵の推理と冒険』
そえだ 信
早川書房 46判並製
1700円+税

 掃除じゃない、捜査だ! 受賞直後から「掃除機ミステリ」という前代未聞のパワーワードで話題を呼んだ、そえだ信氏の第10回アガサ・クリスティー賞大賞受

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。

林譲治《星系出雲の兵站─遠征─》、籘真千歳《スワロウテイル人工少女販売処》の合本版配信! 第1巻を期間限定で無料に!

2020年12月より、早川書房では電子化されている人気シリーズの数々をまとめて手に取ってもらう機会をお届けすべく、主要電子書籍書店全店で合本版を順次配信開始しています。1月は日本人作家の人気3シリーズをお届けしています。*以下、Kindleストアの商品ページにリンクしています。

まずは林譲治さんの『星系出雲の兵站─遠征─【合本版】』。今月上旬には待望の新シリーズ開幕篇となる『大日本帝国の銀河1』

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!

【試し読み】いまから「犯人は、あなたです」という催眠をかけます――矢庭優日『エゴに捧げるトリック』

1/21発売の矢庭優日『エゴに捧げるトリック』。全体の1/4にあたる80ページの試し読みを公開します。キャラ立ちのする大胆なミステリ、新鋭のデビュー作をどうぞお楽しみください。

■書誌情報

矢庭優日『エゴに捧げるトリック』
ハヤカワ文庫JA 本体価格920円+税
カバーデザイン:坂野公一(welle design)
カバーイラスト:serori
(電子版同時配信)
※書影はamazonへリンク

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!

花守ゆみり×茅野愛衣インタビュー キャストが語る『裏世界ピクニック』



SFマガジン2021年2月号に掲載された、TVアニメ版『裏世界ピクニック』紙越空魚役・花守ゆみりさん、仁科鳥子役・茅野愛衣さんのWインタビュー記事を再録いたします。

◆空魚・鳥子との出逢い

──まずはオーディション時のご感想からお聞かせください。

茅野 スタジオオーディションは二人で、交互に空魚と鳥子を演じてかけあいをする形式だったのがめずらしかったです。先に相手の鳥子を聞いてから自分の

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。

いまから「犯人は、あなたです」という催眠をかけます――矢庭優日『エゴに捧げるトリック』1/21刊行!

第10回アガサ・クリスティー賞最終候補作となった本作でデビューとなる矢庭優日さんのミステリ長篇、『エゴに捧げるトリック』を1/21に刊行します!
催眠術士の養成校で起きる殺人事件、"真実しか話せない催眠"をかけあってなお覆らない証言、そして学園を包囲する怪物EGOの脅威……。
新鋭が放つ大胆に尖ったミステリをお楽しみに!

矢庭優日『エゴに捧げるトリック』ハヤカワ文庫JA
2021年1月21日刊行

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!

1月の電子書籍は林譲治月間!──最新刊『大日本帝国の銀河1』、そして《星系出雲の兵站》《─遠征─》をそれぞれ合本化!

あけましておめでとうございます。早川書房は1月からフルスロットルでみなさまに新しい作品を次々とお届けしていきます。本年もよろしくお願いいたします。

さて、本日1月7日には2021年の劈頭を飾る作品の数々が配信されています。どの作品もすばらしいのですが、そのなかであえてイチオシをあげるならば、なんといっても林譲治さんの新シリーズ開幕篇『大日本帝国の銀河1』でしょう! *以下、Kindleストアの商

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!