ハヤカワ・ノンフィクション

12
ノート

【電子書籍セール】マイケル・サンデル『これからの「正義」の話をしよう』他、哲学本11点が期間限定で半額に!

早川書房では電子書籍の「秋の哲学書フェア」をKindle、Kobo、hontoなど主要電子書店で開催中です。
対象電子書籍が11月14日(金)まで全品半額!
東洋哲学やストア哲学、マイケル・サンデルなど、どれも選りすぐりの哲学書です。
人生に迷ったとき、生きづらさを感じたとき……人生の様々なステージで役立つ人生訓が満載。
ここで、その一部をご紹介しましょう。

遭難した男たちが生き延びるため少年を

もっとみる
スキありがとうございます!
24

AIをめぐる、GAFAの壮大なるマッチポンプ『虚妄のAI神話』試し読み

(以下、本文より抜粋)

放火魔の消防士

 現在、インターネット業界の表舞台に立っている大企業は、フランスでは、GAFAや、GAFAM、NATUというふうに総称されている。これらのいわゆる「ウェブ業界の巨人」は、シンギュラリティの宣伝に巨額の資金を投じている。

*GAFAは、グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップルのこと。マイクロソフトを加え、GAFAMと呼ばれることもある。フランスでは、

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
17

「シンギュラリティ」の背後にうごめく、GAFAの政治的野望とは?『虚妄のAI神話』解説・西垣通(東京大学名誉教授)

シンギュラリティ仮説の背後にうごめくもの
東京大学名誉教授(情報学) 西垣通

 2010年代後半に入って、AI(人工知能)ブームの過熱ぶりは凄まじい。とりわけ、その中核にあるシンギュラリティ(技術的特異点)仮説は、現代のグロテスクな神話と言ってもよいだろう。本書『虚妄のAI神話──「シンギュラリティ」を葬り去る』(原題はLe mythe de la Singularité、2017)は、シンギュ

もっとみる
スキありがとうございます!
19

NHK「100分de名著」で話題の「ストア哲学」とは? 『迷いを断つためのストア哲学』著者が解説

刊行直後から話題沸騰の、マッシモ・ピリウーチ『迷いを断つためのストア哲学』(月沢李歌子訳)。

ストア哲学は、現代人が学ぶべき人生哲学として、国内外でいま大きな注目を集めています。たとえば、4月のNHK「100分de名著」は『自省録』(毎週月曜日、全4回)。『自省録』といえば、高校世界史でもおなじみ、ローマ皇帝にしてストア哲学者のマルクス・アウレリウスによる著作です。番組中では『嫌われる勇気』の岸

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
22

新生活に疲れたら読みたい、”無敵になれる”哲学!『迷いを断つためのストア哲学』試し読み

新年度が始まり、就職、異動、進学、進級等々、これまでとは違う環境で生活を始めた方も多いことと思います。新生活には、楽しさと同じくらい、不安がつきものですよね。新しく出会った人たちに自分がどう見られているのかな、自分はこの先うまくやっていけるのかな、、、

こんなときは、古代ローマ時代のストア哲学者、エピクテトスの言葉に耳を傾けてみましょう。

「無敵なのは誰か? 理性で選びようのない物事には、一切

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
27

イチローも語った、「コントロールできない」物事に悩む無意味さ 『迷いを断つためのストア哲学』訳者あとがき

イチロー選手は昨日の引退会見のなかで「生き様で伝えたこと、伝わっていたら嬉しいと思うこと」を問われ、次のように答えました。

「人より頑張ることなんてとてもできないんですよね。あくまでも、秤(はかり)は自分のなかにある。それで自分なりに秤を使いながら、自分の限界を見ながら、ちょっと超えていくということを繰り返していく」

野球人生を通じてこの美学を貫いてきたイチロー選手。2001年、メジャーデビュ

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
59

中国に「正義」はあるのか? マイケル・サンデル待望の最新刊『サンデル教授、中国哲学に出会う』はしがき

はしがき 中国、マイケル・サンデルと出会う

by エヴァン・オスノス(全米図書賞『ネオ・チャイナ』著者) 

2012年10月のある晩、私は中国の南東岸に位置する厦門大学のキャンパスにいた。講堂の外には学生が集まっていた──建物に入れる人数をはるかに超える学生が。私はドアの内側に立ち、紅潮した若々しい顔がますます増えていく様子をガラス越しに眺めていた。警備員が群衆に向かって落ち着くよう呼びかけて

もっとみる
スキありがとうございます!
22

メーカーの利益vs.最大多数の最大幸福――自動運転車の大問題〈回答篇〉『答えのない世界に立ち向かう哲学講座』【NHK「ひるまえほっと」紹介で大反響】

問題 自動運転車版トロッコ問題

あなたは一人で自動運転車に乗っています。
すると、前方でタンクローリー車が横転してしまう。

車の左側では子どもが、右側では老人が道路を横断中です。
そのまま直進するとタンクローリー車と衝突しますが、左にハンドルを切れば子どもを轢いてしまうし、右にハンドルを切れば老人を轢いてしまいます。

このときどう進むように、自動運転車を設計すべきでしょうか。

家族が同乗し

もっとみる
スキありがとうございます!
7

【NHK「ひるまえほっと」紹介で大反響】老人を轢くか、子どもを轢くか、乗員が死ぬか――自動運転車の大問題〈出題篇〉『答えのない世界に立ち向かう哲学講座』

人気の哲学教授、岡本裕一朗氏のビジネスパーソン向け連続講義を書籍化した話題作、『答えのない世界に立ち向かう哲学講座』。

本書では、自動運転車やゲノム編集など、最新のテクノロジーがもたらすさまざまな哲学的問題について、刺激的な「思考実験」を通じて考えていきます。

その中から、本記事では次の思考実験を紹介。あなたならどう考えますか?

問題 自動運転車版トロッコ問題

あなたは一人で自動運転車に乗

もっとみる
スキありがとうございます!
7

自分の信じる「正しさ」を、どこまで説明できますか? 岡本裕一朗『答えのない世界に立ち向かう哲学講座』冒頭公開

第1講 哲学とは何か、現代の視点から見定める

人生論でも、ハウツーの知識でもなく

岡本 哲学といえば、かつて日本では著名な哲学者の学説を学んだり、人生論を説教したりするウサン臭い学問のように見られてきました。しかし、そんな哲学のイメージは、いまではすっかり古くなっています。
 哲学はもともと、自らが生きる時代においていったい何が起こっているのか、絶えず問い直すアクチュアルな学問です。そのため、

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
16