ハヤカワ・ノンフィクション

8
ノート

うつのときに読んで読んで読みまくった本たち/マット・ヘイグ『#生きていく理由』より

マット・ヘイグ/那波かおり訳『#生きていく理由』

うつに苦しんでいたマット・ヘイグは、郊外のアパートに恋人とともに移り住んだ。日当たりの良いそのアパートで、マットはうつ状態からすこし「浮上」する。絶望のさなかは何の意味もなさなかった文字たちが、急にくっきりと意味を持ちはじめ、マットは「本を読んで読んで読んで読みまく」るのだった。

『権力と栄光』を読んで

 そのころ読んだ(再読した)本の一冊が

もっとみる
スキありがとうございます!
8

「うつの兆候」ってどんなもの?/ マット・ヘイグ『#生きていく理由』より

『#生きていく理由』マット・ヘイグ/那波かおり訳 好評発売中

みずからのうつ体験を率直に綴った自伝的エッセイ『#生きていく理由』が世界的ベストセラーになっているマット・ヘイグが、うつの兆しについて解説。

うつの兆候

 うつの兆候を見つけるのはとてもむずかしい。

 うつをまだ経験していない本人が、すでに現われている兆候を認めるのは、いっそうむずかしい。その一因として、多くの人が実際のうつがど

もっとみる
スキありがとうございます!
6

うつ持ち、あるいは不安神経症をかかえる人との過ごし方/マット・ヘイグ『#生きていく理由』より

『#生きていく理由』マット・ヘイグ/那波かおり訳 好評発売中

みずからのうつ体験を率直に綴った自伝的エッセイ『#生きていく理由』が世界的ベストセラーになっているマット・ヘイグが、うつや不安神経症に悩む人たちとのかかわり方についてアドバイス。

うつ持ち、あるいは不安神経症をかかえる人とどう過ごす?

1. たとえそうは見えなかったとしても、あなたはうつ持ちの人に必要とされているし、感謝されている

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
7

全英No.1 ベストセラー生み出した奇跡のハッシュタグ「#生きていく理由」とは?

「うつ」と「不安神経症」のダブルパンチに見舞われた青年マット・ヘイグ。

絶望の底に沈み、未来なんて見えなくなった。

もう死ぬしかない、と考え、断崖絶壁へと歩き出す……。

だけど、

マットは、家族、恋人、読書、ヨガ、小説の執筆、ユーモアの助けを得て、少しずつ希望の光を見出していく。

彼がその再生の過程をみずから書いたのが、全英No.1となった自伝的エッセイ『#生きていく理由』(原題:Rea

もっとみる
スキありがとうございます!
7

【発売即重版】『サピエンス全史』の次はこれ!  『知ってるつもり』の面白さを著名人&担当編集者が明かす

本文をこのnote上で抜粋公開するや大きな反響を呼んだ『知ってるつもり——無知の科学』(スティーブン・スローマン&フィリップ・ファーンバック、土方奈美訳)。発売から1週間、早くも重版が決定しました!

好評を記念して、著名人&担当編集者による本書へのコメントを一挙公開します。

ユヴァル・ノア・ハラリ(ヘブライ大学教授。『サピエンス全史』)激賞!
「著者らが正しければ、有権者や消費者により良い情報

もっとみる
スキありがとうございます!
11

複雑なこの世界に立ち向かうため、人間は「物語」を生み出した――池谷裕二さん推薦の『知ってるつもり』試し読み③

発売直後から話題沸騰の『知ってるつもり——無知の科学』(スティーブン・スローマン&フィリップ・ファーンバック、土方奈美訳)。本作には脳研究者・東京大学教授の池谷裕二さんが推薦文を寄せてくださっています。

「知的生物たるヒトはその高度な知性ゆえに無知の罠から逃れられない。気の毒すぎて「私」という生物がますます愛おしく感じられます」

『知ってるつもり』本文より、池谷さんの感じた「愛おしさ」の正体が

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
11

わざと「質を下げた」企業広告に、あなたは騙されていませんか? 『サピエンス全史』著者絶賛の『知ってるつもり』試し読み②

発売直後から話題沸騰の『知ってるつもり——無知の科学』(スティーブン・スローマン&フィリップ・ファーンバック、土方奈美訳)。世界的ベストセラー『サピエンス全史』著者のユヴァル・ノア・ハラリは、本書について次のように書いています(ニューヨーク・タイムズ書評)。

「著者らが正しければ、有権者や消費者により良い情報を与えることは無意味に等しい」

一体どういうことなのでしょう? ハラリも特筆した衝撃の

もっとみる
スキありがとうございます!
21

【10刷決定】無知な人ほど過激な意見をふりかざす? 『サピエンス全史』『ホモ・デウス』著者絶賛の『知ってるつもり』試し読み

『サピエンス全史』のユヴァル・ノア・ハラリや行動経済学の泰斗キャス・サンスティーン、日本でも『単純な脳、複雑な「私」』の池谷裕二さん(東京大学教授)や『ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学』の入山章栄さん(早稲田大学ビジネススクール准教授)がこぞって絶賛する注目のノンフィクション『知ってるつもり——無知の科学』(スティーブン・スローマン&フィリップ・ファーンバック、土方奈美訳)がいよいよ

もっとみる
スキありがとうございます!
27