ハヤカワ・ノンフィクション

7
ノート

6月1日放送「奇跡体験! アンビリバボー」にて1時間丸ごと総特集! 『スパイの血脈』より「訳者あとがき」特別公開

早川書房より好評発売中のノンフィクション『スパイの血脈』(ブライアン・デンソン/国弘喜美代訳)が、6月1日(木)放送のフジテレビ系列「奇跡体験! アンビリバボー」にて大特集されます。著者および捜査関係者への貴重なインタビュー&迫真の再現ドラマで事件の全貌に迫る、1時間丸ごとのスパイ親子特集です。http://www.fujitv.co.jp/unb/

1990年代から2000年代にかけて起こった

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。

日本的「平均思考」は、なぜ有害なのか? ダニエル・ピンク、ダン・ハースら絶賛の話題書『ハーバードの個性学入門』

(書影・リンクはAmazonにリンクしています)

『ハーバードの個性学入門 ―― 平均思考は捨てなさい』トッド・ローズ/小坂恵理訳/ハヤカワ・ノンフィクション文庫/2019年3月20日発売
◉抜粋記事
「ハーバード流「平均値を気にしない生き方」とは?」
「グーグルやマイクロソフトも「平均思考」の限界に突きあたった!?」
「東大教授・柳川範之氏、推薦! 独創的な知性が身につく『ハーバードの個性学入

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。

【大増刷!】『魂の呼び声に耳をすまして』の著者ローラ・リン・ジャクソンさんが、「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ系)に2週連続で登場! 亡き人からの「愛」の伝言に感動の涙・涙!

早川書房より大好評発売中の『魂の呼び声に耳をすまして』(ラッセル秀子訳)の著者ローラ・リン・ジャクソンさんが、8月17日(木)に続き、24日(木)放送のフジテレビ系列「奇跡体験! アンビリバボー」に出演します。今回は、スタジオで日本の芸能人と対面リーディング(霊視)! 世界屈指の能力をもつ霊能者が読み解く、あの人の未来とは?! ぜひ本と合わせてご覧ください!

【番組】「奇跡体験!アンビリバボー」

もっとみる
スキありがとうございます!
3

SF作家のヴィジョンは予言か、それとも妄言か。5月26日発売『そろそろ、人工知能の真実を話そう』を予習しよう

ジャン=ガブリエル・ガナシア『そろそろ、人工知能の真実を話そう』より、本書のキーワードである「シンギュラリティ(技術的特異点)」という概念の来歴について解説した箇所を先行掲載いたします。はたして、シンギュラリティ=AIが人類の理解を超える時点は訪れるのでしょうか? 今回の抜粋の最後では、この問いに対する著者の立場が垣間見えます。

***
第二章 技術的特異点(シンギュラリティ)

最初のシナリオ

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
4

【100万部突破の世界的ベストセラー!】人間の知らないところで、樹木たちは会話をしている? でも、どうやって? 傑作ノンフィクション『樹木たちの知られざる生活』(早川書房)から特別抜粋

(書影をクリックするとAmazonページにジャンプ)

『樹木たちの知られざる生活 森林管理官が聴いた森の声』

ペーター・ヴォールレーベン/長谷川圭訳 ハヤカワ・ノンフィクション文庫

◉書評・メディア情報
HONZ(3月13日)書評(足立真穂氏)
朝日新聞(12月15日)書評(東直子氏・歌人、作家)
週刊朝日(11月10日)書評(西條博子氏)
朝日新聞(7月30日)書評(椹木野衣氏・美術批評

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
60

親子で売国! 全米を震撼させた「ニコルソン父子事件」とは? ②〈息子・ネイサン編〉『スパイの血脈』5月9日発売

〈父・ジム編〉はこちら

「お父さんが法廷であなたに謝っていましたね。『人生で最悪だったのは、自分のせいで息子が逮捕された日だ』と」インタビュアーがネイサン・ニコルソンに問いかける。

「あのことばはすごくうれしかったです。思い出させるから……ぼくの知ってる昔の父さんを」そう答えたネイサンの表情と口調には、苦悩の色がありありとにじんでいた。

ネイサン・ニコルソン。服役中の売国奴、ジム・ニコルソン

もっとみる
スキありがとうございます!

親子で売国! 全米を震撼させた「ニコルソン父子事件」とは?  ①〈父・ジム編〉『スパイの血脈』5月9日発売

コロラド州フレモント郡、ADXフローレンス刑務所。
米国一厳重な警備で知られ、「脱獄不可能」「収監されたが最後、二度と空を見ることはできない」「人格が徐々に崩壊していく」などと恐れられる、通称“ロッキー山脈のアルカトラズ”。

外界から隔絶されたこの場所に、ひとりの男が服役している。
男の名はジム・ニコルソン。
スパイ罪で有罪判決を受けたCIA局員のなかで、最も高い職位にあった人物。
祖国を二度裏

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
1