ハヤカワSF

332

スタニスワフ・レム生誕100周年記念グッズ書店販売開始します! 限定ホログラムカバー版『ソラリス』&連動Tシャツ&ブックトートバッグ!

展開予定店舗リストを公開します。展開開始時期は2021年10月中旬以降。
在庫状況については、書店様各店にご確認ください。

宮城 丸善仙台アエル店
千葉 ときわ書房本八幡スクエア店プラスゲオ
茨城 未来屋書店つくば店
東京 紀伊國屋書店新宿本店
東京 ブックファースト新宿店
東京 明屋書店中野ブロードウェイ店
東京 書泉ブックタワー
東京 書泉グランデ
東京 東京堂書店神田本店
東京 八重洲ブッ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。
+1

スタニスワフ・レム生誕100周年記念企画第3弾! SFマガジン12月号「スタニスワフ・レム生誕100周年」内容紹介

2021年はSF作家スタニスワフ・レムの生誕100周年!早川書房からは第1弾(限定版ブックトート)、第2弾(ソラリスTシャツ&限定ホログラムカバー版文庫『ソラリス』)に引き続き、第3弾企画として10月25日発売のSFマガジン2021年12月号にて「スタニスワフ・レム生誕100周年記念特集」をお届けします!本邦初訳初期短編や書簡などで「知の巨人」レムの存在をいまいちど振り返ります。そのほか今回最終回

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。
+1

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』公開記念! 〈デューン〉の世界を知ろう!

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』が10月15日に日本で公開される。フランク・ハーバートの小説『デューン 砂の惑星』の二度目の映画化だ。映画をより楽しむために参考になるかと思い、ここで〈デューン〉の世界の理解を深めるために、小説に登場するキーワードをまとめてみた。

小説版『デューン 砂の惑星〔新訳版〕』(酒井昭伸 訳)下巻巻末の用語集を参考に構成しなおし、あいうえお順に並べている。

***

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
+5

『Dune/デューン 砂の惑星』日本公開迫る! 『ブレードランナー2049』『メッセージ』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督最新作

『Dune/デューン 砂の惑星』の日本映画公開日が10月15日に決定した。フランク・ハーバートの小説『デューン 砂の惑星』の二度目の映画化となる。宇宙を支配する力をもつ秘薬メランジの唯一の生産地である砂の惑星アラキスの覇権争いを描き、〈スター・ウォーズ〉シリーズ、『風の谷のナウシカ』など数多くの名作に影響を与えたともいわれている伝説のSFである。

メガホンをとるのは『ブレードランナー 2049』

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
+5

スタニスワフ・レム生誕100周年記念グッズ第2弾発表! 限定ホログラムカバー版『ソラリス』&連動Tシャツ!

今年はSF作家スタニスワフ・レムの生誕100周年のアニバーサリー・イヤー。これを記念してHAYAKAWA FACTORYでは以下の限定版ブックトートの発売を第1弾として発表しました。

今日発表するのは第2弾企画、それも書籍とTシャツの合わせ技!

限定ホログラムカバー版『ソラリス』(記念ロゴ入り)!

こちらはハヤカワ文庫の100冊フェアの1冊として9月上旬から書店店頭に並びます。

100冊フ

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
+1

【本日8/18発売!】ヒューゴー賞受賞の超弩級SF宮廷陰謀劇『帝国という名の記憶』鳴庭真人氏解説公開

いよいよ本日(8/18)発売! SF界最大の賞・ヒューゴー賞の長篇部門を長篇デビュー作にして受賞した超弩級SF宮廷陰謀劇、アーカディ・マーティーン『帝国という名の記憶』です。ここでは本書に収録しました英米SF紹介者・鳴庭真人さん(@naruniwa)の解説を再録します。豪華絢爛! 陰謀術数! 吹きすさぶテロルの嵐! 本書のあふれるその魅力の一端を味わっていただけたら幸いです。

解説
英米SF紹介

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。

日本SFの知られざる傑作を贈る。伴名練=編《日本SFの臨界点》2021年版:全目次

○これまでのあらすじ(担当編集より)
○2021年版『日本SFの臨界点』全目次

『日本SFの臨界点 中井紀夫 山の上の交響楽』

【収録作】
「山の上の交響楽」
「山手線のあやとり娘」
「暴走バス」
「殴り合い」
「神々の将棋盤」
「絶壁」
「満員電車」
「見果てぬ風」
「例の席」
「花のなかであたしを殺して」
「死んだ恋人からの手紙」

著者あとがき 
解説 奇想と抒情の奏者──中井紀夫の軌跡

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。

歴史改変、ベーシック・インカム、人工知能、青春、百合、サイバーパンク! 『日本SFの臨界点 新城カズマ』作品紹介

伴名練=編による「今この時代に、最も読んでほしい傑作選」として3ヵ月連続刊行中の『日本SFの臨界点』。第2弾となる新城カズマさんの傑作選が発売となりました。

『日本SFの臨界点 新城カズマ 月を買った御婦人』
新城カズマ/伴名練=編
装画:10⁵⁶/装幀:BALCOLONY.
電子書籍版同時配信

[収録作]
●議論の余地はございましょうが
●ギルガメッシュ叙事詩を読み過ぎた男
●アンジークレー

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!

『Arc アーク』石川慶監督インタビュウ「ちゃんとしたSFを作りたいという思いで作ったということを、SFファンのみなさんに感じてほしい」

話題作である映画『Arc アーク』、公開から2週間が経ちました。本欄ではSFマガジン2021年8月号に掲載した、『Arc アーク』石川慶監督の独占インタビュウを再掲します。石川監督が本作に込めた思いとは、そしてSFというジャンルへの熱い気持ちとは――。

いしかわ・けい
1977年生まれ、愛知県出身。『Arc アーク』監督・脚本・編集。『愚行録』(2017)では、ベネチア国際映画祭オリゾンティ・コ

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!

『Arc アーク』主演・芳根京子インタビュウ「私自身もきっと、いつか、自分の人生の時間がもっと長くあってほしいと思う瞬間が来る」

大好評公開中の映画『Arc アーク』、もうごらんになりましたでしょうか? 本欄ではSFマガジン2021年8月号に掲載した、『Arc アーク』主演・芳根京子さんの独占インタビュウを再掲します。芳根さんがリナという、人類で初めて永遠の命を得た女性を演じるうえで感じたこととは――。

よしね・きょうこ
1997年生まれ、東京都出身。2014年、NHK連続テレビ小説「花子とアン」、16年にも「べっぴんさん

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!