電子書籍

22
ノート

この夏こそ身につけたい! さんざん挫折したあなたも続けられる!『習慣の力〔新版〕』を読んで人生を変えよう。

全米200万部突破のロングセラー『習慣の力』(チャールズ・デュヒッグ著、渡会圭子・訳)が、新たな「著者あとがき」と「解説」を付して、ハヤカワ・ノンフィクション文庫より「新版」として再刊されました。名著の刊行を機に、プロローグと目次を公開します。

(画像はアマゾンにリンクしています)

プロローグ

 彼女は研究者にとって理想の被験者だった。

 リサ・アレン──カルテによれば彼女は34歳。16歳

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
26

ビル・ゲイツ氏絶賛! 最新ノンフィクション『無人の兵団』が明かす「ターミネーター」誕生の可能性、AI搭載のロボット兵士が握る人類の未来とは?

(書影は販売サイトにリンクしています)

驀進するAI・ロボット技術を背景に、急速な進化を遂げる「自律型兵器」。果たして、「ターミネーター」に描かれるような、ロボットが人間を脅かす近未来は到来するのか? ビル・ゲイツ氏、瀬名秀明氏ら、AI問題についての造詣が深い著名人がこぞって絶賛する話題作『無人の兵団――AI、ロボット、自律型兵器と未来の戦争』(ポール・シャーレ著、伏見威蕃・訳。原題Army o

もっとみる
スキありがとうございます!
15

世界最長の物語を書いた人──栗本薫作品電子書籍セール開催中! 〈グイン・サーガ〉を含む約180点が半額!

稀代のストーリーテラー、栗本薫(中島梓)さんが亡くなって10年、その代表作〈グイン・サーガ〉が誕生して40年が経ちました。この春、早川書房では記念作品として、その実像に迫るノンフィクション2点を刊行しました。

『世界でいちばん不幸で、いちばん幸福な少女』
今岡清・著(4月刊)

『栗本薫と中島梓 世界最長の物語を書いた人』
里中高志・著(5月刊)

また、合わせて栗本作品の電子書籍半額セールが主

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
15

『津波の霊たち』『黒い迷宮』の著者リチャード・ロイド・パリー氏が「日本記者クラブ賞特別賞」を受賞

リチャード・ロイド・パリー氏(《ザ・タイムズ》アジア編集長・東京支局長。写真下記)が、公益財団法人日本記者クラブ(原田亮介理事長)の選ぶ2019年度の「日本記者クラブ賞特別賞」を受賞しました。外国人の受賞は初めてで、金本麻理子氏(ディレクター/椿プロ代表取締役)との同時受賞です。

日本記者クラブによる受賞理由は次の通りです。

【日本記者クラブ賞特別賞】
リチャード・ロイド・パリー(Richar

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
5

【終了しました】途切れぬ映像化。なぜこのミステリ作家は今も注目されつづけるのか――アガサ・クリスティー電子書籍半額セール!

アガサ・クリスティーの作品は、今なお世界各国で続々と映像化されています。
今月も14日に「予告殺人」のドラマが放送、19日からは「ねじれた家」の映画が公開されています。

『予告殺人』

『ねじれた家』

また、先日はAERA dot.の連載「鴻上尚史のほがらか人生相談」で『春にして君を離れ』が紹介され、ミステリではない同作に対しても大きな反響がありました(https://dot.asahi.co

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
14

もうひとつの『零號琴』がここに――SFマガジン連載版をそのまま電子書籍化した『零號琴〔SFマガジン連載版〕』配信中!

2018年、飛浩隆氏による16年ぶりの第2長篇『零號琴』が刊行されました。SFマガジンでの連載を大幅に加筆訂正した本作は、待望の新作として、刊行予定が発表されるやいなや大きな話題を呼びました。

『零號琴』

もちろん、刊行後も読了した読者の惜しみない賛辞は尽きることがなく、本日発売した『SFが読みたい! 2019年版』で発表された「ベストSF2018」でも圧倒的な強さで第1位に。ちなみに飛浩隆氏

もっとみる
スキありがとうございます!
11

年末年始にイッキ読み。電子書籍セール開催【ミステリ篇】 ベストセラーミステリ『ミレニアム』1〜4が半額!

『ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女』を原作とした映画の公開を1月11日に控え、同シリーズ電子書籍版の半額セールが開催中です。
期間は2018年12月28日〜2019年1月10日。映画の公開前にゆっくりと、魅力的な登場人物たちの活躍に酔いしれてください!

*タイトル名、および書影はKindleの各タイトル販売ページにリンクしています。

ミレニアム 1 ドラゴン・タトゥーの女【上・下合本版】

ミレ

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
5

年末年始にイッキ読み。電子書籍セール開催【SF篇】 大河SF『天冥の標』完結篇刊行開始! 既刊14点が半額!

2009年に刊行が開始された小川一水氏の『天冥の標』。長い長い時間と壮大な空間を舞台に描かれてきたこの大河SFがついに完結します。
電子書籍版は12月27日に完結篇『青葉よ豊かなれ』の第1巻が配信開始、全3巻が毎月連続刊行される予定です(2、3巻は紙版と同時配信)。

これを機に、主要各電子書籍書店では、既刊全14点の半額セールが開催されています。期間は2018年12月28日〜2019年1月10日

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
12

【終了】ライトノベル読者にもオススメ! 対象作約190点の小説が半額となる「国内作家セール」開催中!

現在、主要電子書籍ストアで国内作家セールが開催されています(12月25日まで)。高千穂遙〈ダーティペア・シリーズ〉や野田昌宏〈銀河乞食軍団〉、冲方丁〈マルドゥック・シリーズ〉や宮澤伊織『裏世界ピクニック』など、190点が50%OFF(半額)となっています。

魅力的なキャラクターがところせましと活躍する傑作の数々は、ライトノベルやライト文芸の読者にもオススメ! この冬、キャラクターと物語を愛するす

もっとみる
スキありがとうございます!
59

「海を知りつくした提督の描く海洋地政学」『海の地政学』解説・中西寬(京都大学大学院法学研究科教授)

『海の地政学──海軍提督が語る歴史と戦略』
ジェイムズ・スタヴリディス/北川知子 訳
ハヤカワ・ノンフィクション文庫 好評発売中

古代地中海世界の覇権をめぐる海戦から、軍拡を続ける現代中国の動向まで――北大西洋条約機構(NATO)軍の最高司令官を務めた元米海軍大将が、21世紀の海洋戦略を縦横に語る『海の地政学――海軍提督が語る歴史と戦略』が文庫化されました。新たに収録された、京都大学大学院の中西

もっとみる
スキありがとうございます!
16